ここから本文です

歩こうアメリカ、語ろうニッポン

歩こうアメリカ、語ろうニッポンとは

"Walk in U.S., Talk on Japan"(「歩こうアメリカ、語ろうニッポン」)プログラムは、日本の魅力や元気な今の日本の姿を民間交流によってアメリカ全土に広める目的で、2014年にスタートしました。公募による選考を通過した方々からチームを編成し、米国各地で自治体関係者、企業関係者や学生等、さまざまな米国の方々に対して、日本の強み・魅力や元気な今の日本の姿を語っています。

これまで、最年少は18歳学生から最高齢82歳の女性まで、多様なバックグラウンドを持つ延べ49人が、有識者のリーダーと共に、計27州29都市を、各チーム1週間程度かけて「歩き、語り」ました。各地では、日本の強み・魅力や元気な今の日本についてのスピーチに続き、参加した米国の方々からの質疑や討論が活発に繰り広げられ、現地のメディアでも取り上げられています。