本文へ移動

SNS

ここから本文です

特集「雇用対策」

ここから本文です

働く女性&事業主の皆さんへ
「働く『なでしこ』大作戦」で女性の活躍を応援

「働く『なでしこ』大作戦」で、女性の活躍を応援します!

平成24年9月28日掲載

「働く『なでしこ』大作戦」とは

女性がもっと活躍しやすい社会にするために、「働く『なでしこ』大作戦」を実施しています

働く女性が多くなった今日、雇用の場でも様々な分野で、女性の活躍が目立つようになりました。その一方で、働く意欲がありながら、結婚や出産、子育てのために、仕事をやめざるを得ない女性が多く、女性の能力を十分生かせていないのも事実です。その背景には、「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきである」といった性別による固定的な役割意識が、社会、特に男性の中に、いまだ根強く残っていることがあります。

女性が家庭と仕事を両立しながら、活躍できるようにしていくためには、そうした意識を変えていく必要があります。また、企業風土を変えるためには、意志決定の場への女性の参画を進めることが重要です。

そこで、このような状況を踏まえ、政府は、平成24年6月、「女性の活躍による経済活性化を推進する関係閣僚会議」において、「『女性の活躍促進による経済の活性化』行動計画~働く『なでしこ』大作戦~」[PDF](以下、「働く『なでしこ』大作戦」という。)を策定しました。

女性の活躍は、企業や社会全体を活性化する大きな力となるものです。今後、少子高齢化が進み、労働人口が減少していく社会の中で、雇用の場における女性の活躍はますます期待されています。「働く『なでしこ』大作戦」では、男性の意識改革と実質的な機会均等を実現するための積極的改善措置(ポジティブ・アクション)を車の両輪として推進することにより、女性が活躍しやすい社会を築いていくため、「思い切ったポジティブ・アクション」を導入・推進していきます。

職場では、男女とも同じ取り扱いをしているつもりでも、固定的な役割分担意識や過去の経緯から、「営業職に女性がほとんどいない」「女性の管理職が少ない」など、男性労働者と女性労働者との間に差が生じている場合があります。「ポジティブ・アクション」とは、このような差を解消するために、個々の企業が進める自主的かつ積極的な取組のことです。

具体的には、女性の採用を増やしたり、これまで女性が少なかった職種や職務に女性を積極的に配置したり、女性管理職を増やしたりするといった取組です。また、仕事と家庭を両立させ、長く勤められるようにすることや、男女平等な職場環境・風土をつくることも、ポジティブ・アクションの取組といえます。

ポジティブ・アクション情報ポータルサイトを通じて、企業経営者や働く女性に情報提供しています

ポジティブ・アクション情報ポータルサイト

厚生労働省の「ポジティブ・アクション情報ポータルサイト」は、企業の経営者・人事担当者、また、求職・就職活動をする女性に対し、ポジティブ・アクションに関する様々な情報を提供しているウェブサイトです。

個別企業の取組内容を閲覧・検索できる「ポジティブ・アクション応援サイト」や、女性の活躍推進状況を診断できる「女性の活躍推進状況診断」、さらに女性活躍推進についてメッセージを宣言できる「女性の活躍推進宣言コーナー」など、就職活動をする女性にも、企業の人事担当者にも役立つ情報が満載です。

厚生労働省では、今後、この「ポジティブ・アクション情報ポータルサイト」を活用し、企業における女性の活躍の状況や活躍向上のための取組に関する情報開示を進めていきます。平成24年8月27日現在、725社のポジティブ・アクションに関する情報が登録されています。厚生労働省では、今後全国20,000社以上の企業に働きかけ、登録情報を増やしていく予定です。

企業の皆さんも、女性の皆さんも、ぜひ、「ポジティブ・アクション情報ポータルサイト」をご活用ください。

企業の経営者・人事担当の皆さんを支援

1.「ポジティブ・アクション」の取組に対して様々な支援を行っています

グローバル化が進む中、企業にとって女性の戦力化は必須となっており、ポジティブ・アクションに取組、女性の活躍を積極的に進めているところもあります。そのような企業では、女性社員のアイデアで付加価値のある新たな製品やサービスが誕生したり、マーケティングが成功したり、女性の活躍が企業経営にもプラスの効果をもたらしている事例がいくつもみられます。

ポジティブアクションの効果

ポジティブアクションの効果

(資料:厚生労働省)

企業が、それぞれの状況に応じてポジティブ・アクションに取り組むことができるよう、国は企業に対して様々な相談、支援を行っています。

ポジティブ・アクションに対する主な国の支援事業

  • 「均等・両立推進企業表彰」を公募し、ポジティブ・アクションを推進する企業を表彰。
  • 使用者団体や労働組合などと連携して、男女間格差の「見える化」をするための支援ツールの作成・普及
  • ポジティブ・アクション情報ポータルサイトにおいて、各企業のポジティブ・アクションの取組など各種情報を幅広く提供するとともに、企業が自社の女性の活躍推進の状況を自己診断できるシステムの運営。

「働く『なでしこ』大作戦」では、さらに、女性の活躍など人材の多様性を生かす経営やそのためのワーク・ライフ・バランスの推進などに取り組む企業を表彰する制度を創設し、積極的に取り組む企業のすそ野を広げ、企業の女性活躍のための取組を加速化させていきます。

2.「ポジティブ・アクション情報ポータルサイト」で、企業の取組に役立つ情報を提供しています

ポジティブ・アクション情報ポータルサイトの「ポジティブ・アクション応援サイト」や「女性の活躍推進宣言コーナー」では、様々な企業におけるポジティブ・アクションの取組の事例を紹介しています。自社の取組の参考にしてください。

また、女性の活躍推進に取り組む自社の情報を開示し、就職希望者などにアピールすることもできます。自社の取組や経営者の意気込みをアピールする際にも積極的に活用してください。

自社において賃金や雇用管理の在り方に男女間の格差はないかなど、現状を数値で把握できるための「見える化ツール」や、自社の女性の活躍促進の取組がどの程度進んでいるのかなどをウェブ上で診断できる「女性の活躍推進状況診断」など、ポジティブ・アクションを進めるために役に立つツールも用意されています。

女子学生・働く女性の皆さんに対する支援

1.「ポジティブ・アクション情報ポータルサイト」などを通じ女性の就職に役立つ情報を提供しています

「ポジティブ・アクション情報ポータルサイト」では、これから就職を目指す女子学生や、転職や再就職を目指す女性に対しても、女性の採用や登用、社員が働きやすい環境整備に積極的な企業の情報などを提供しています。女性の活躍が進んでいる企業で働く女性からの体験談やメッセージ、女子学生のための情報など、女性が働くうえでのヒントとなる情報も得られますので、活躍の機会を求める女性の皆さんは、ぜひご活用ください。

※女性が働くうえでのヒントなど、女子学生のための情報は、下記のウェブサイトをご覧ください。
厚生労働省「女子学生の皆さんへ ~就職活動をする際には、まずポジティブ・アクション応援サイト」

2.育児休業、短時間勤務制度など、子育てと仕事を両立できる環境整備をしています

女性の活躍を応援する制度としては、これまでも育児・介護休業法による育児休業や短時間勤務制度などが設けられています。

「働く『なでしこ』大作戦」では、育児・介護休業法の周知・徹底を図るほか、さらに取りやすく復職しやすい育児休業・短時間勤務制度に向け、環境整備などさらなる取組を行うこととしています。

働く女性が子育てと仕事を両立するためには、パートナーである男性が育児休業などを積極的に活用し、子育てや家事に参加することも重要です。

女性はもちろん、男性も、子育てと仕事の両立を図るために、ぜひ、育児・介護休業法の制度を活用してください。

※育児・介護休業法の制度に関する詳しい情報は、下記のウェブサイトをご覧ください。
厚生労働省「育児・介護休業法・次世代育成支援対策推進法について」

 

3.全国各地のマザーズハローワークで、子育てしながら再就職を目指す女性を支援しています

子育てなどでいったん退職した女性は、仕事のブランクがあったり、子育てで求職活動が思うようにできなかったりするなど、様々な事情により再就職が難しいのが現状です。そこで、「働く『なでしこ』大作戦」では、子育てなどでブランクのある女性の再就職を強力に支援していきます。

その拠点となるのが、全国各地に設置されている「マザーズハローワーク」や「マザーズコーナー」です。子育てなどでいったん仕事をやめてしまった女性の中には、「退職してからブランクがあるので不安」「子育てしながら働ける仕事があるだろうか」「仕事の間、子どもの預け先を見つけられるだろうか」など様々な不安があります。マザーズハローワークやマザーズコーナーは、専任の相談員が一人一人の再就職に対する不安や希望を聞きながら、必要に応じて担当者制により本人に合った仕事に就けるよう、総合的かつ一貫した支援を行っています。具体的には、就職に関する相談はもちろんのこと、子育てと仕事が両立しやすい仕事の紹介、就職に役立つセミナーの企画・運営、保育所や育児サポートサービスの情報の提供を行っています。

また、マザーズハローワーク、マザーズコーナーでは、ベビーカー同伴でも来所できる広いスペースを確保したり、キッズコーナーを設置するなど、子ども連れでも来所しやすい環境を整備しています。子育てなどで仕事にブランクのある方で再就職を目指している方は、お気軽にお近くのマザーズハローワーク、マザーズコーナーにご相談ください。

※全国のマザーズハローワークの所在地については、下記のウェブサイトをご覧ください。
厚生労働省「マザーズハローワーク・マザーズコーナー」

4.主婦層向けのインターンシップ事業を創設

また、「働く『なでしこ』大作戦」では、再就職を希望する女性のスキルを生かしたいという企業とのマッチングを推進するため、地域の中小企業との連携により、主婦層向けインターンシップ事業を創設し、主婦層が働きやすい魅力ある中小企業に職場復帰できるよう支援していきます。

※主婦層向けインターンシップ事業については、今後下記のウェブサイトで情報提供していきます。
中小企業庁「雇用・人材支援」

 

この記事もオススメ

「雇用対策」トップページ

みなさまのご意見をお聞かせください。

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
(50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
(50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
(50文字以内)