本文へ移動

SNS

ここから本文です

特集「消費者の安心・安全の確保」

ここから本文です

ライターの火遊びによる火災防止

子どものライターによる事故を防ぎましょう!

最終更新:平成25年5月9日

ライターを使って子どもが火遊びをし、火災などが発生する事故が後を絶たず、中には子ども自身が死傷するケースも少なくなかったため、ライターの火遊びによる火災を防ぐために規制が導入され、平成23年9月27日から、いわゆる「使い捨てライター」については、子どもが簡単に着火できないチャイルドレジスタンス機能が施されたPSC対応ライター以外の販売が禁止されています。
安全のため、子どもが簡単に使えないPSC対応ライターを使いましょう。また、PSC対応ライターであっても、ライターの火遊びによる火災を防ぐには、周囲の大人の注意が必要です。子どもの安全を守り、火災を発生させないために、ライターの取り扱いに注意しましょう。

Outline

ライターの火遊びで、子ども自身が死傷する危険も

規制導入以前、子どもの火遊びによる火災が後を絶ちませんでした。平成11年から平成20年の10年間の火災報告データをもとにした計算(※)によれば、火遊びによる火災件数は1日当たり5.6件にも上っていました。火遊びによる火災の発火源は、ライターが半分以上を占めており、その多くが、いわゆる「使い捨てライター」でした。

規制導入以前の使い捨てライターの多くは、子どもでも簡単に着火することができ、以下のような事故が報告されていました。特に5歳以下の子どもがライターで火遊びをした場合には、子どもが逃げ遅れて死傷する割合が高くなっていました。

  • テーブルの上に置き忘れたライターを子どもがいたずらして、カーテンに着火して火災になった
  • 車内にあったライターで子どもが火遊びをし、座席に火がついて、やけどを負った
  • 土手に落ちていたライターで子どもが遊んでいて、周囲の枯れ草に燃え移り、火災になった

※消費者庁と総務省消防庁が平成22年2月に実施した連携調査による[PDF]

 

インデックスに戻る

 

子どもの火遊びによる危険を防ぐため、ライターの販売が規制されています

このような子どもの火遊びによる危険を防ぐため、現在はいわゆる使い捨てライターや多目的ライター(点火棒)の販売を規制しており、子どもが簡単に操作できない幼児対策(チャイルドレジスタンス)機能を施すなどの技術基準に適合し、PSCマーク(※)の表示があるライターでなければ、販売できません。

チャイルドレジスタンス機能がついたライターとは、子どもの力では押せないよう着火スイッチが重くなっていたり、ストッパーなどの安全装置が組み込まれたりしているライターです。

PSCマーク

※PSCマーク:
PSCは、Product Safety of Consumer Productsを略したものです。PSCマークは、消費生活用製品安全法で定められたもので、消費者の生命・身体に対して特に危害を及ぼすおそれが多い製品について、国の定めた技術上の基準に適合した旨を示すものです。PSCマークの規制対象品目となっている製品は、PSCマークがないと販売できません。

 

インデックスに戻る

 

家庭でのライターの取り扱いにご注意ください

 

安全のため、子どもが簡単に使えないPSC対応ライターを使いましょう。また、PSC対応ライターであっても、子どもがライターを使って火遊びなどをしないよう、周囲の大人が注意することが重要です。

家庭や学校、地域などで、皆さん一人一人が次のようなことに注意しましょう。

  • ライターは、子どもの手の届かないところに置く
    家の中や車の中にライターを放置しないこと。ライターは子どもの手の届かない場所に、きちんと保管しましょう。
  • 子どもにライターを触らせない
    ふだんから子どもにライターを触らせないようにしましょう。子どもがライターで火遊びしているのを見かけたら、すぐに注意してやめさせましょう。理解できる年齢になったら、火遊びの危険性を教えることも重要です。
  • 不要なライターはきちんと捨てる
    利用しなくなったライターがある場合は処分しましょう。ライターを捨てる際には、そのまま捨てると危険です。きちんとガスを抜いてから、自治体のルールに従って正しく廃棄しましょう。

使い捨てライターのガスの抜き方

(1)周囲に火の気のないことを確認する

(2)操作レバーを押し下げる。着火した場合はすぐに吹き消す

(3)輪ゴムや粘着力の強いテープで、押し下げたままのレバーを固定する

(4)「シュー」という音が聞こえれば、ガスが噴出している(聞こえない場合は炎調整レバーをプラス方向にいっぱいに動かす)

(5)この状態のまま付近に火の気のない、風通しのよい屋外に半日から1日置く

(6)念のために着火操作をして、火が着かなければ、ガス抜きは完了

(参考:一般社団法人日本喫煙具協会

 

インデックスに戻る

 

「消費者の安心・安全の確保」トップページ

みなさまのご意見をお聞かせください。

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
(50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
(50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
(50文字以内)