本文へ移動

ここから本文です

特集

平成29年1月1日から「育児・介護休業法」が変わります。

平成29年
1月1日施行

働きやすく、休みやすく、育児・介護休業法がかわります。

小さなお子さんや介護が必要なご家族を抱えながら仕事を続けられるよう、育児・介護休業法が改正されます。職場で、そして家庭で、あなたを必要としている人たちのために、制度を活用して効率の良い時間の使い方を実現してください。

  • 介護休業の分割取得ができる。

    原則1回(通算93日まで)から3回まで分けて取れるようになります。

  • 残業の免除が請求できる。

    対象家族1人につき
    介護終了まで利用できる新制度です。

  • パートや契約社員の方々が働きやすい環境に。

    育児休業や介護休業が
    取りやすくなります。

  • 子の看護休暇・介護休暇が半日単位で取れる。

    1日単位・半日単位の選択ができます。

  • 妊娠・出産、育児休業等に関するハラスメントの防止が義務化。

    上司・同僚による妊娠・出産、育児休業・介護休業などに対する嫌がらせを防ぎます。

PDF改正のポイントはこちらから
ご覧いただけます(PDF)

育児・介護休業法について
さらに詳しくはこちら

新聞・雑誌広告でもご紹介しています

新聞広告

雑誌広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

みなさまのご意見をお聞かせください。

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
(50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
(50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
(50文字以内)


ページトップ
へ戻る