本文へ移動

SNS

ここから本文です

特集「社会保障と税の一体改革」

ここから本文です

Q3 消費税率の引上げ分は、全額、本当に社会保障に使われるのでしょうか?

平成27年5月7日 最終更新

消費税率引上げによる増収分は、全て社会保障の充実・安定化の財源となります。

消費税率引上げによる増収分は、全て社会保障の充実・安定化の財源となります。消費税率が10%まで引き上げられた際には、消費税率5%引上げ分のうち、約1%分(2.8兆円程度)は子ども・子育て支援、医療・介護、年金の各分野の充実に、残りの約4%分(11.2 兆円程度)は社会保障の安定化のための財源となります。  

これにより、子や孫といった後世代への負担のつけ回しを減らすことにつながります。

 

「社会保障と税の一体改革」トップページ

みなさまのご意見をお聞かせください。

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
(50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
(50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
(50文字以内)