本文へ移動

SNS

ここから本文です

特集「社会保障と税の一体改革」

ここから本文です

全世代型の社会保障制度へ(3) 年金

平成27年5月7日 最終更新

セーフティネット機能を強化して、誰もが安心して暮らせる社会へ

今回の改革により、消費税の使い道として、年金制度の充実に0.6兆円程度(主に国が実施)の財源が確保されます。それにより、社会経済情勢に対応したセーフティネット機能を強化し、長期的な持続可能性を強固にします。

年金制度を充実させます

  • 遺族基礎年金の支給対象を父子家庭へ拡大しました(平成26年4月から実施)
  • 低所得の老齢・障害・遺族基礎年金の受給者に給付金を支給(平成29年4月から実施)
  • 受給資格期間を25年から10年に短縮し、より多くの人を年金受給に結びつける(平成29年4月から実施)

参考:「社会保障と税の一体改革」におけるその他の主な施策

(1)基礎年金の国庫負担の割合2分の1を恒久化し、安定的な年金制度になりました(平成26年4月から実施)
(2)短時間労働者への厚生年金・健康保険の適用拡大(平成28年10月から実施)

・厚生年金への加入で、基礎年金に加えて厚生年金の受給対象に
・健康保険への加入で傷病手当金、出産手当金も受給対象に
・国民年金・国民健康保険にくらべて本人の保険料負担が軽減

「社会保障と税の一体改革」トップページ

みなさまのご意見をお聞かせください。

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
(50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
(50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
(50文字以内)