暮らしのお役立ち情報

ここから本文です

お役立ち情報

アメリカに渡航する方へ。「エスタ」の事前申請をお忘れなく!

最終更新平成25年11月26日

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

アメリカに渡航する予定の皆さん、平成21年1月から、アメリカ合衆国への入国制度が変更されているのをご存じですか。日本人が観光やビジネスなど90日以内の短期滞在を目的としてアメリカに訪れる場合、事前に電子渡航認証システム「ESTA(エスタ)」の認証を受けることが必要です。認証を受けていないとアメリカに入国することができませんので、忘れずにESTAの事前申請を行ってください。

ビザなし訪米にはエスタへの申請が必要

アメリカ合衆国は、テロ防止などの観点から、平成21年1月12日より、我が国をはじめ、短期滞在のビザ(査証)を免除しているすべての国々を対象に、電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:ESTA)――通称「エスタ」の認証を義務化しました。

これは、ビザが免除されている人の情報を出発前にインターネットで収集し、各渡航者についてビザなしで訪米する条件を満たしているか、保安上のリスクをもたらさないかなどをチェックするものです。

我が国のように、アメリカが短期滞在のビザを免除している国々の国民は、観光やビジネスなど90日以内の短期の滞在が目的の場合、ビザなしでアメリカを訪問できます。そのような場合でも、事前にエスタで申請を行い、認証を受けることが義務づけられています。単にアメリカで飛行機などを乗り継ぎする場合も同様です。アメリカ政府によれば、事前にエスタの認証を受けていないと、アメリカへの入国や飛行機への搭乗を拒否されてしまいますので、ご注意ください。

なお、既に、留学ビザや就労ビザなど、アメリカのビザを持っている人は、エスタに申請する必要はありません。

ページの先頭に戻る

エスタへの申請はインターネットから

エスタへの申請は、自分でエスタのホームページにアクセスし、手続きを行う必要があります。

アメリカ政府は、平成22年9月8日以降、ESTA申請時に、一人当たり14米ドルを課しています。支払いはクレジットカードまたはデビットカードを通して行います。支払い可能なクレジットカードは、MasterCard、VISA、American Express及びDiscover(JCBを含む)とのことです。

日本語のページもありますが、すべての回答を英語(ローマ字)で入力してください。名前・生年月日・性別、パスポート番号、飛行機の便名やアメリカ滞在中の住所などを入力し、いくつかの質問に「はい」か「いいえ」で答えます。

エスタのホームページを開くと英語の画面が出てきますが、日本語を選ぶこともできます。

”日本語”と書いてあるところをクリックしてください。

エスタへ申請すると、すぐに、ホームページ上に「認証」「保留」「拒否」のいずれかの回答が出ます。すぐに回答がない場合でも、72時間以内にホームページ上に回答が出るので、数時間後に再び確認してください。

Q&A

Q1 認証が拒否された場合は?

アメリカ大使館かアメリカ総領事館でビザの申請を行う必要があります(在日米国大使館領事部及び領事館一覧)。

Q2 自分で申請するのが難しい場合は?

インターネットを使えない、クレジットカードを持っていないなど、自分で申請するのが難しい場合は、代わりの人に申請してもらうこともできます。
多くの旅行会社でも申請を代わりに行っています(別途手数料がかかる場合もあります)。

Q3 申請から認証を受けるまでの所要時間は?

代理申請してもらう場合、申請から認証を受けるまでの所要期間は1週間から10日ほどのようです。詳しくは、利用される旅行会社に、直接お問い合わせください。

そのほか、エスタの申請方法に関するQ&Aは下記をご覧ください。

なお、無許可の第三者がエスタをまねたホームページを立ち上げ、情報提供料や申請手数料を取っているとアメリカ政府が注意を呼びかけています。また同政府によれば、最近、申請手数料に関する警告や、手数料を請求する内容のメールが無作為に送信されているようですが、このようなメールは同政府とは一切関係ないとのことですので、ご注意ください。

 

ページの先頭に戻る

認証は2年間有効、申請は余裕をもってお早めに

一度エスタでの認証を受けると2年間有効です。ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって認証は無効になります。

アメリカ政府は、飛行機などに乗る72時間前までの申請を勧めています。申請自体は、具体的な渡航スケジュールが決まっていなくてもできますので、アメリカを訪れる予定がある人は、それよりも余裕をもって申請しておくことをお勧めします。

ページの先頭に戻る

最終更新平成25年11月26日

「お役立ち情報」では、国の行政施策の中から暮らしにかかわりの深いテーマ、暮らしに役立つ情報をピックアップし、分かりやすくまとめて提供しています。

関連リンク