本文へ移動

SNS

ここから本文です

暮らしのお役立ち情報

国の政策・施策・取組の中から、私たちの暮らしに
身近な情報や役に立つ情報をまとめました。

お役立ち記事

お役立ち記事の転載・二次利用についてはこちら

なぜ、骨髄移植などが必要なの? あなたのドナー登録を待っている人がいます 命をつなぐ骨髄バンク
ドナーの数は足りないの?
ドナー登録するには? 候補者に選ばれたら、すぐに採取されるの? 採取はどうやって行われるの?
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

平成25年9月30日

骨髄(こつずい)バンクは、白血病をはじめとする血液疾患などのため「骨髄移植」などが必要な患者さんと、それを提供するドナーをつなぐ公的事業です。しかし移植には、数万通りもあるという白血球の型(HLA型)が互いに適合することが必要であり、その確率は兄弟姉妹の間でも4分の1、血の繋がっていない他人になると数百~数万分の1と非常に低くなります。移植を希望するすべての患者さんがチャンスを得るためには、一人でも多くの方のドナー登録への協力が必要になるのです。ここでは、移植の必要性やその実情、ドナー登録の方法や、実際に採取される流れなどを分かりやすくご紹介します。

なぜ、骨髄移植などが必要なの?~白血病などを抱える患者さんの、正常な造血機能を回復させる有効な治療法

私たちの体内を循環する血液には、全身に酸素や栄養素を運んだり、老廃物を体から排出したり、出血を止めたり、ウイルスなどの感染を防御したりするなど、生きていくために必要な機能があります。

この血液を造っているのが、骨の内部にある「骨髄(こつずい)」というスポンジ状の組織で、その中には赤血球や白血球、血小板といった血液細胞のもとになる「造血幹細胞(ぞうけつかんさいぼう)」が多く含まれています(下図参照)。

骨髄は骨の中の血球の製造工場

しかし、何らかの理由によってこの造血幹細胞に異常が起こり正常な血液が造れなくなる病気が、白血病や再生不良性貧血などの血液疾患です。この具体的な症状としては、免疫が機能せず感染症にかかりやすくなったり、出血しやすくなったりします。

こうした血液疾患の治療法には「放射線照射」や「抗がん剤投与」のほか、病気に冒された造血幹細胞を健康なものに置き換えて正常な造血機能を回復させる「骨髄移植」などの「造血幹細胞移植(ぞうけつかんさいぼういしょく)」があります。この「造血幹細胞移植」には「骨髄移植」以外にも、全身に流れる血液:末梢血(まっしょうけつ)から採取した造血幹細胞を移植する「末梢血幹細胞移植(まっしょうけつかんさいぼういしょく)」や、「臍帯血(さいたいけつ)」(お母さんと赤ちゃんを結ぶへその緒と、胎盤の中に含まれる血液)に含まれている造血幹細胞を移植する「臍帯血移植」があります(下図参照)。

造血幹細胞移植の種類

(1)骨髄移植


腸骨(腰の骨)から注射器で骨髄液を吸引(採取)

(2)末梢血幹細胞移植


(注射によって末梢血中の造血幹細胞を増やし)血液成分を分離する機器で造血幹細胞を採取

(3)臍帯血移植


出産後、切り離した胎盤側の臍帯から残っている血液を採取し、-196℃の液体窒素の中で保存(移植時に解凍)

(採取した造血幹細胞)

数時間の点滴によって、患者さんの静脈から注入

移植が対象になる主な病気

  • 白血病:血液をつくる細胞の異常でがん化した血液細胞だけが増え、正常な血液がつくられなくなる
  • 再生不良性貧血:血液をつくる細胞の機能が低下し、血液成分が極端に少なくなる
  • 骨髄異形成症候群(MDS)、悪性リンパ腫、先天性免疫不全症、代謝異常など。

詳しくはこちら

ページの先頭に戻る

ドナーの数は足りないの?~ドナーが見つかる確率は数百~数万分の1(非血縁者間の場合)

赤血球にA・B・O・ABという4種類の血液型があるのと同様、白血球にもHLA型(※1)といわれる型があり、その組み合わせは数万通りも存在します。

造血幹細胞移植を行うには、提供する方と患者さんのHLA型が適合している必要があります。しかし、その確率は兄弟姉妹間でも4分の1、血がつながっていない非血縁者(他人)間になると数百~数万分の1と極めて低いため、近親者にHLA型の適合者がいない場合に、患者さんが独力でドナーを探すことは至難の業です。

そこで、より多くの患者さんにHLA型の適合するドナーが見つかるようにするため、行われているのが骨髄バンク事業です。これは、国(=厚生労働省)主導のもと公益財団法人 日本骨髄バンク(※2)が主体となって、日本赤十字社や地方自治体の協力により行われているものです。同法人では、骨髄・末梢血幹細胞を提供する意思がある人たちにドナー候補者として骨髄バンクに登録していただき、患者さんとの間で公平に移植のあっせん(コーディネート)などを行っています。

なお、臍帯血については、骨髄バンクのようなドナー登録制度はなく、全国8ヵ所にある「さい帯血バンク」で協力依頼をしている産科病院において、出産予定の妊婦さんのうち、臍帯血の提供に同意をされた方から採取をしています。

※1)HLA・・・ヒト白血球抗原(Human Leukocyte Antigen)の略
※2)平成25年10月1日に「公益財団法人 骨髄移植推進財団」から名称変更

日本では毎年新たに約1万人以上の方が白血病などの血液疾患を発症していると言われており、そのうち骨髄バンクを介する移植を必要とする患者さんは毎年2千人程度います。

現在、骨髄バンクのドナー登録者数は約43万5千人(平成25年8月末現在)と年々増加傾向にあり、これまで1万5千件以上の骨髄移植・末梢血幹細胞移植が行われました。しかし、ドナー候補者の健康状態などによっては骨髄液などの提供ができない場合もあるため、HLA型が適合するドナー候補者が見つかったとしても移植を受けられない患者さんがいるというのが実情です。患者さんが移植のチャンスを得るためには、さらにより多くの方々に、骨髄バンクと移植について、理解と協力が必要なのです。

資料:(公財)日本骨髄バンク

資料:(公財)日本骨髄バンク

ページの先頭に戻る

ドナー登録するには?~わずか、2ミリリットルの採血で完了。窓口での所要時間は15分程度。

骨髄バンクのドナー登録には以下の要件があります。

ドナー登録できる方

  • (骨髄・末梢血幹細胞の)提供の内容を十分に理解している人
  • 18歳~54歳で健康な人(ただし、実際に提供できるのは20歳~55歳)
  • 体重が男性45kg以上/女性40kg以上の人

ドナー登録できない方

  • 病気療養中または服薬中の方(特に気管支ぜんそく、肝臓病、腎臓病、糖尿病など、慢性疾患の方)
  • 悪性腫瘍(がん)、膠原病(慢性関節リウマチなど)、自己免疫疾患、先天性心疾患、心筋梗塞、狭心症、脳卒中などの病歴がある方
  • 悪性高熱症の場合は、本人またはご家族に病歴がある方
  • 最高血圧が151以上または89以下の方、最低血圧が101以上の方
  • 輸血を受けたことがある方、貧血の方、血液の病気の方
  • ウイルス性肝炎、エイズ、梅毒、マラリアなどの感染症の病気の方
  • 食事や薬で呼吸困難やひどい発疹などの既往がある方
  • 過度の肥満の方(体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)が30以上の方)

また、ドナー登録は次のような流れで行われます。なお、窓口において登録に要する時間(STEP3~5)は15分程度です。

ドナー登録の流れ

【STEP1】骨髄・末梢血幹細胞の提供に関する内容を十分に理解

基礎知識やドナー登録の条件、採取・提供の流れ、ドナー体験談などが分かりやすくまとめられている骨髄バンクのパンフレット「チャンス」(※)に書かれている内容を理解します。

※献血ルーム・保健所などの登録窓口に配布されているほか、こちらでも閲覧可能

【STEP2】「骨髄バンクドナー登録申込書」に必要事項を記入・署名

申込書は前述のパンフレット「チャンス」にあるほか、(公財)日本骨髄バンクのホームページ(※)や、献血ルームなどの登録窓口にも用意されています。

※申込書印刷にあたっては、事前に「チャンス」の内容理解や同意事項の確認などが必要。

【STEP3】登録窓口などに「登録申込書」を持参、ドナー登録手続きの実施

写真提供:日本骨髄バンク

全国各地の献血ルームや保健所・保健福祉センターなどに常設の登録窓口があるほか、日本赤十字社や地方自治体・官公庁・企業などの協力を得て各地で開催されるドナー登録会において、ドナー登録手続きが可能です。また、献血バスでも登録できる場合があります。

最寄りのドナー登録窓口は、(公財)日本骨髄バンクのホームページから検索可能です。

【STEP4】HLA検査用の血液を腕から採取。

写真提供:日本骨髄バンク

腕の静脈から約2ミリリットルを採血し、HLA型を調べます。

ただし、感染症や健康状態を確認するような検査は行われないほか、患者さんへの骨髄・末梢血幹細胞提供の公平性を保つなどの理由により、判明したHLA型を知ることはできません。なお、検査費用は無料です。

【STEP5】ドナー登録後に「ドナーカード」を受領。後日、「ドナー登録確認書」が送付(登録完了)

ドナー登録が完了すると「ドナーカード」が渡され、その後、日本赤十字社の中央骨髄データセンターから「ドナー登録確認書」が送付されます。

ドナー登録に関する疑問については電話やメールでも受け付けていますので、気軽にお問い合わせください。

ページの先頭に戻る

ドナー候補者に選ばれたら、すぐに採取されるの?~ドナーとなる方の提供意思や健康状態などを事前に確認

ドナー登録者のHLA型は、移植を希望する患者さんのHLA型と照合されます。HLA型が適合した場合、日本骨髄バンクからドナー候補者に選ばれたとの連絡が入ります。

ただし、ドナー候補者に選ばれても、すぐに骨髄や末梢血幹細胞の採取が行われるわけではありません。ドナーとなる方の健康と安全確保のために、ドナー候補者本人の健康状態や、本人及びその家族の提供意思が確認されます。

ドナー候補者に選ばれてから採取前までの流れは以下のとおりです。

【1】ドナー候補者に選ばれたことの通知

写真提供:日本骨髄バンク

  • (公財)日本骨髄バンクから、提供意思を確認する書類が送付
  • 本人の提供意思と家族の意向、日程や健康状態などについて、同封されたアンケートに記入・返信

【2】確認検査

写真提供:日本骨髄バンク

  • ドナー候補者との連絡調整を行うコーディネーターから移植についての詳しい説明と、医師による問診
  • 提供意思に変わりがなければ、健康状態などを調べるための採血

【3】最終同意

写真提供:日本骨髄バンク

  • ドナーに選ばれると、医師やコーディネーター、立会人の同席のもと、ドナー候補者とその家族の最終的な提供意思を確認(最終同意書へのサイン)
    ※最終同意が確認されると、患者さんも、移植に向けて必要な処置を受け始める(詳しくは後述)。患者さんの命にかかわるため、提供意思撤回は不可
  • 採取が決定すれば「ドナー手帳」を受領

【4】健康診断

写真提供:日本骨髄バンク

  • (骨髄・末梢血幹細胞提供の約1か月前)
    採取する病院で健康診断を実施し、安全な採取に備える

ページの先頭に戻る

採取はどうやって行われるの?~ドナーの安全を最優先に、入院して骨髄・末梢血幹細胞を採取

骨髄・末梢血幹細胞移植を行う日が決まったら、患者さんとドナーの方は移植に向けた準備を進めていきます。

なお、ドナーの方の準備は骨髄採取の場合と末梢血幹細胞採取の場合でそれぞれ異なります。ドナーの方からの採取方法は患者さんの希望により決められます。ただし、確認検査時にドナー候補者に対して承諾できない方法の有無を確認し、その意向は患者さんにも知らされるため、ドナーの方が希望しない採取方法になることはありません

骨髄の提供 末梢血幹細胞の提供

(1)自己血採血

骨髄採取後の貧血軽減のため、事前にドナー自身の自己血を採血・保存(採取の1~3週間前)

(1)注射

  • 白血球を増やす薬(G-CSF)を皮下注射
  • 連日の注射によって、全身の血液に造血幹細胞が増え、血液中に流れ出す。
    (3~4日の通院または入院)

(2)入院

健康チェックと説明を受ける(採取の1~2日前)

(2)入院

健康チェックと説明を受ける
(入院での注射の場合は4泊5日~5泊7日。通院での注射の場合は2日~4日)

(3)全身麻酔によって骨髄採取

  • 手術室で仰向けになり、気管内挿管による全身麻酔
  • うつ伏せの状態で骨盤を形成する大きな骨(腸骨)から専用の針で骨髄液を採取(※)
    (所要時間は1~3時間程度)
※採取量は、通常400~1200ミリリットル(患者さんの体重に応じて決定)

(3)造血幹細胞を採取

血液成分分離装置を使い、注射によって血液中に増えて流れ出した造血幹細胞のみを採取(通常の「成分献血)と同様)
(注射を打ち始めて4~5日目。所要時間は3~4時間程度)。
ただし採取した細胞数が必要数に満たない場合は、翌日2回目の採取を実施

(4)採取後の経過

  • 採取後、通常2~3日で退院
  • 退院後もコーディネーターが健康状態をフォローアップ
    (採取後は、痛みや発熱などの症状が出ることもあるが、通常は速やかに回復)

(4)退院

  • 採取後、通常1~2日間で退院
  • 退院後もコーディネーターが健康状態をフォローアップ
    (注射や採取によって、骨痛・手足のしびれなどの症状が出ることもあるが、通常は速やかに回復)

骨髄や末梢血幹細胞の採取に伴い、ドナーには痛みや副作用などのリスクがあるため、採取前後や退院後もドナーの安全には細心の注意が払われます。
国内での骨髄バンクを介した骨髄・末梢血幹細胞移植においてはドナーの死亡例はありません。一方で様々な健康被害が生じた事例はあるものの、いずれも治療によって回復し通常の生活に戻っています。
(公財)日本骨髄バンクでは全国の採取施設に厳重な注意を呼びかけ、このような事例の再発防止に努めています。(万一、健康被害が起こった場合、最高1億円の補償制度を用意)

合わせて、ホームページ上でも骨髄採取などの安全性について情報公開に努めています。

参考【1】:患者さんの移植の流れ

※イラストはすべて骨髄バンクのパンフレット「チャンス」より

(1)前処置 (移植の約1~2週間前)

病気になった造血機能をいったん破壊するため、抗がん剤の投与や放射線の全身照射を受けます。これによって、患者さんは血液が造れなくなり、感染に対する抵抗力がなくなるため、無菌室(極めて清浄に保たれた病室)で過ごします。激しい吐き気や全身の脱毛などの激しい副作用に耐えながら、命がけの治療に取り組みます。

 

(2)移植

ドナーから提供された造血幹細胞は、通常の輸血と同じように、点滴で数時間かけて静脈から注入されます。

 

(3)造血機能回復、社会復帰へ

無菌室で感染症などに注意しながら安静に過ごします。やがて移植された造血幹細胞が働きはじめて正常な血液を造れるようになると(通常2~3週間)、一般病棟へ移ります。そこで良好な経過をたどれば、退院・社会復帰が可能になります。

 

参考【2】:骨髄提供者へのアンケート結果

骨髄提供を経験された方に、率直な感想などを伺ったアンケート結果です。ドナー登録を検討するうえで、ぜひ参考にしてください。

骨髄バンクのリーフレット「チャンス」より

このような骨髄・末梢血幹細胞移植や臍帯血移植によってしか、治療できない患者さんがいます。皆様のご理解ご協力をお願いします。

患者さんに最適な移植を実現するために「移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する法律」が成立

骨髄・末梢血幹細胞移植や臍帯血移植を円滑に推進するため、「移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する法律」が平成24年9月に成立しました。この法律に沿って、骨髄バンク・さい帯血バンクの両バンクの業務が適切に行われ、患者さんが骨髄移植・末梢血幹細胞移植・臍帯血移植の3種類の移植方法から、疾病の種類や病状に応じて最適な治療法を選択できるような体制の整備が行われる予定です。現在、平成26年3月までの施行に向けて、厚生労働省において必要な検討が進められています。

法律の概要についてはこちら[PDF]

ページの先頭に戻る

<取材協力:厚生労働省  文責:政府広報オンライン>

この記事もオススメ
関連リンク

みなさまのご意見をお聞かせください。

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
(50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
(50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
(50文字以内)

カテゴリで探す

府省別で探す

このような方へ

もしものとき

アクセスランキング

お役立ち度ランキング

人気検索キーワード