本文へ移動

ここから本文です

暮らしに役立つ情報

国の政策・施策・取組の中から、私たちの暮らしに身近な情報や役に立つ情報をまとめました。

記事の二次利用についてはこちら

  • はてなブックマークに追加
記事を印刷する

平成29年3月10日

震災の記録・教訓を次世代に伝える
国立国会図書館
東日本大震災アーカイブ「ひなぎく」

東日本大震災の記録や教訓を次世代に伝えるために、「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(愛称:ひなぎく)」が平成25年3月から公開されています。この「ひなぎく」は国立国会図書館だけでなく他の公的機関や、報道機関、教育機関、NPO・ボランティア団体、そのほか一般企業といった様々な民間団体が連携し、それらが保有する震災に関する音声・動画、写真、文書などの記録を一元的に検索できるポータルサイトです。平成29年2月現在で、44のデータベースから約347万件のコンテンツが検索可能であり、被災地の復興支援や今後の防災・減災対策、学術研究や防災教育などへの活用が期待されています。ぜひ、皆さんも自身の防災・減災対策として「ひなぎく」をご利用ください。

1.「ひなぎく」って何?

震災の記録・教訓を次世代に伝えるため、一元的に検索できるポータルサイト

未曾有の被害をもたらした東日本大震災。このような大地震は、またいつ発生してもおかしくはありません。そこで、この震災のあらゆる記録・経験を未来に伝え、今後の防災・減災対策や復興・復旧へのまちづくりに生かしていくことが大切です。
政府では「復興構想7原則」[PDF]「東日本大震災からの復興の基本方針」[PDF]において、「大震災の記録を永遠に残し、広く学術関係者により科学的に分析し、その教訓を次世代に伝承し、国内外に発信する」として、地震・津波災害、原子力災害の記録・教訓の収集・保存・公開体制の整備を図り、国内外を問わず誰もが一元的に活用できる仕組みの構築を掲げています。

こうした方針を踏まえ国立国会図書館でも下記の基本理念の下、国や自治体などの公的機関やNPO・ボランティア関連の民間団体、報道機関といった国内外にわたる様々な団体と協力して、東日本大震災に関する資料を一元的に検索・閲覧できるポータルサイト「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(愛称:ひなぎく)」を平成25年3月から公開しています。

平成28年3月11日に閣議決定された「「復興・創生期間」における東日本大震災からの復興の基本方針」[PDF]では、「3.復興の姿と震災の記憶・教訓」において、ひなぎくとの連携等を通じて復興全般にわたる取組の集約・総括を進めるとされているように、ひなぎくは、震災の教訓を次の世代へ伝えていく上で重要な役割を担っています。

「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ」基本理念

  1. 国内外に分散する東日本大震災の記録などを、国全体として収集・保存・提供すること
  2. 関係する官民の機関が、それぞれの強みを生かし、分担・連携・協力し、全体として震災アーカイブとして機能すること
  3. 東日本大震災の記録等を国内外に発信するとともに後世に永続的に伝え、被災地の復興事業、今後の防災・減災対策、学術研究、教育などへの活用に資すること

画像:ひなぎくトップページ/国立国会図書館パンフレットより

ちなみにこの「ひなぎく」とは、「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(Hybrid Infrastructure for National Archive of the Great East Japan Earthquake and Innovative Knowledge Utilization)」の頭文字をとったもので、花言葉である「未来」「希望」「あなたと同じ気持ちです」に、復興支援という事業の趣旨が込められています。

2.どのような記録が収集されているの?

音声・動画・写真・ウェブ情報などのあらゆる記録が対象

紙媒体・デジタル媒体を問わず、東日本大震災に関連する「音声・動画」「記録文書」「写真」「研究情報、ファクトデータ」「刊行物・出版物」「ウェブ情報」といった様々なコンテンツを対象としています。その中でも特に国立国会図書館が、関係機関と連携・協力しながら優先的に収集しているのは次のような記録です。

収集・保存の対象となる主な「記録」

国立国会図書館(写真提供:国立国会図書館)

国内出版物については納本制度(下記コラム参照)によって国立国会図書館に納入されるほか、個人やボランティア団体、NPO、企業などが保有する震災に関する動画や音声、写真、記録文書などについては、被災地の図書館などと連携して協力を呼びかけながら収集に努めています。
なお、収集されたこれらの記録は、長期間の保存・提供を行っています。

コラム

「納本制度」とは?

図書などの出版物をその国の責任ある公的機関に納入することを発行者などに義務付ける制度のことです。国立国会図書館法によって、日本国内で発行されたすべての出版物(図書、雑誌、新聞、CD-ROM、ビデオ、DVD、楽譜、地図、マイクロ資料など)は、国立国会図書館に納入しなくてはなりません。なお、納本された出版物の「書誌データ」は、国立国会図書館ホームページにある下記リンクから検索できます。

同制度について詳しくはこちら

3.検索できるコンテンツはどのくらいあるの?

44のデータベースから、約347万件の記録が検索可能(平成29年2月現在)

「ひなぎく」では国立国会図書館が保有する記録だけでなく、以下のような様々な連携・協力先のデータベースと合わせて、東日本大震災の記録として包括的に検索することができます。

<主な連携・協力先およびデータベース名称>

(1)地方公共団体

(2)図書館・研究機関

(3)報道機関

(4)企業・各種団体など

上記をはじめ、合計44のデータベースが「ひなぎく」の検索対象となっています。

詳しくはこちら

また、検索可能なコンテンツは次の5種類に分類されています。国立国会図書館が保有する写真や動画は「ひなぎく」上で閲覧できるほか、連携先が保有するものについても連携先のシステム上で原則閲覧可能です。

<「ひなぎく」資料種別>

(1)文書資料
東日本大震災や過去の災害に関連する図書、雑誌、雑誌記事、文書など
例)公的機関が作成した東日本大震災に関する報告書、過去の災害の文献、国立国会図書館をはじめとする各地の図書館等が収集した地震・津波・防災・復旧復興・原子力災害・電力等の文献の書誌データなど

(2)Webサイト
公的機関のほか、東日本大震災に関する情報を発信している民間団体のウェブサイト
例)震災発生以降の被災地自治体や国の関係機関、東京電力をはじめとする企業、東日本大震災支援全国ネットワークといった支援団体など

(3)写真
被災地の様子を映した報道記者・カメラマンの写真、市民からの提供写真、写真・動画共有サイトに投稿された震災前の美しい風景・懐かしい景色など
例)地震発生直後の被災地の航空写真、被災後に行われた伝統芸能や各種イベントの写真など

(4)動画・音声
被災した人の証言動画・音声、テレビ局が提供する震災時の様子、動画共有サイトに投稿された震災前の風景など
例)震災直後のニュース、三陸鉄道の沿線風景、東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)の会議、東京電力が公開した福島第一原子力発電所の様子など

(5)その他
上記以外の資料。(ただし、連携データベースのメタデータの仕様上、収録資料の全てまたは一部が「その他」に分類される場合もあります。)

4.どのように活用されるの?

今後の防災・減災対策や被災地の復興支援、学術研究や防災教育など

「ひなぎく」はパソコンやスマートフォンから誰でも無料で利用可能(※)です。検索画面上でキーワードを入力すれば、連携先のデータベースを一括で検索することができます(下記(2)(3)参照)。また、動画や写真などの資料種別でも検索できます。
※連携しているデータベースには有料のものもあります。

<利用方法>

(1)国立国会図書館のトップページから「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ」にアクセス

(2)調べたいキーワードを入力

(3)検索結果の表示

(4)報告書、写真、動画などが閲覧可能(一部は目録情報のみ)
これらのコンテンツを一括検索できることによって、今後の防災・減災対策や被災地の復興支援、学術研究や防災教育といった様々な目的のための活用が期待されています。

<主な活用例>

自治体 震災の被害状況などを参考に、新たな防災計画を作成
NPO 被災地支援活動の記録を参考に、将来の震災時における活動内容を検討
報道機関 福島第一原子力発電所事故に関するテレビの特集番組を制作するために、事故の報告書や過去の原発行政に関する資料を使用
教育機関 写真・報告書等を用いて、防災教育教材を作成
地震学・防災科学研究者 津波映像や過去の古文書を利用して、今後起こり得る津波被害をシミュレーション
IT技術者 他のAPI(※1)とマッシュアップ(※2)し、防災に役立つWebサービスやアプリの開発・提供

※1)アプリケーション・プログラミング・インターフェース(Application Programming Interface)の略。オペレーティングシステム(OS)やアプリケーションソフトが、他のアプリケーションソフトに対し、機能の一部を利用できるよう提供するインターフェース。
※2)インターネットを通じて提供される複数のウェブサービスやコンテンツを組み合わせて、あたかも単一のウェブサービスのように提供すること。

また、いざというときの避難経路や備蓄品、安否確認の方法など、皆さん自身の防災・減災対策をもう一度見直すきっかけとしても、「ひなぎく」で検索できる様々なコンテンツをぜひ参考にしてみてください。

5.私たちができることは?

保有する東日本大震災の記録があれば、記録収集・保存活動にご協力を

国立国会図書館および協力・連携機関では、引き続き東日本大震災に関連する記録を収集しています。
国立国会図書館では、震災の記録を収集する多くのプロジェクトと共同で、被災や復興に関わる写真や動画の投稿の呼び掛けを行っています。投稿された写真・動画は、各サイトに掲載されるだけでなく、「ひなぎく」からも検索できるようになります。詳しくは次のページをご参照ください。
「写真・動画の投稿、ウェブサイトの発見にご協力ください」
自治体や報道機関・研究機関などが所有する記録だけではなく、被災した方々や被災地支援に携わった方々が個人的に保有している写真や動画、チラシやフリーペーパー、文集などの紙媒体も保存すべき大切な記録です。さらに、震災以降のものだけでなく、発災前の様子を収めた写真や映像なども大変価値のある情報になります。
東日本大震災に関する記憶を風化させないために、記録の収集・保存活動にご協力ください。

なお、国立国会図書館や岩手・宮城・福島・山形・茨城・千葉各県の県立図書館などでは、特に下記のような震災記録の提供をお願いしていますので、記録をお持ちの方はぜひご連絡ください。

<震災記録とは>

<記録の収集・保存に関する問い合わせ先>

<取材協力:国立国会図書館 文責:政府広報オンライン>

政府広報

政府広報オンライン

みなさまのご意見をお聞かせください。

本文へ移動

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? (50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか? (50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? (50文字以内)


ページトップ
へ戻る