本文へ移動

ここから本文です

暮らしに役立つ情報

国の政策・施策・取組の中から、私たちの暮らしに身近な情報や役に立つ情報をまとめました。

記事の二次利用についてはこちら

平成28年8月29日
印刷

「カワイイ!」だけで大丈夫? 子ども服は、安全性を考えて選びましょう

子どもの衣服に関係して、思いがけない子どもの事故が起きています。着ていた服のひもやリボン、フードなどがドアや家具、遊具にひっかかって、転倒したり宙吊りになったり……。外国では死亡例も報告されています。子どもが着る服を選ぶ際は、デザイン性や快適性のほかに、安全性もよく考えて選びましょう。安全に“絶対”はありませんが、より安全な服を選ぶためのポイントを紹介します。

INDEX

1.着ている服で子どもが事故に?!

~衣類に付いたひもやフードが原因で子どもがけがをする事故が起きています

皆さんの身近では、着ている衣服によって子どもが事故に遭ったり、危ない目に遭ったりする経験はありませんか。
東京都が平成18年(2006年)に行った調査(下図)によると、着ている衣服が原因で子どもがけがをした・危ない目に遭った・ヒヤリとした経験がある親は全体の77%に上ります。さらに、実際に衣服が原因で子どもがけがをした経験がある人は6人に1人、子どもにけがはなかったが危険な目に遭った経験のある人は、5人に3人の割合となっています。

子ども服による事故でよくあるのが、ひもやベルト、フードなどが遊具や家具、ドアノブなどにひっかかったりはさまれたりすることで、転倒してけがをしたり、宙吊りになって窒息したりする事故です。

衣服が関係した事故の例

首回りのひも
  • 滑り台のわくにひっかかった
  • ブランコの鎖に引っかかって、降りるときに転倒した

ウエストや腰回りのひも
  • 上着のひもが自転車の車輪に巻き込まれた
  • 長いひもを自分で踏んだ
  • スクールバスのドアに挟まれた

ズボンのすそのひも
  • 電車のドアに挟まれた
  • エスカレーターに挟まり転倒した

フード
  • 家のドアノブに引っかかり、首が絞まった
  • 引っ張り合って転倒した

日本ではこれまでのところ、死亡事故は報告されていませんが、欧米では死亡例の報告があり、日本でも十分な注意が必要です。

INDEXへ

2.安全性の高い子ども服を選ぶには?

~「この服は安全か」の意識を持つことです

大人が子ども服を選ぶ際には、色や形などファッション面でのデザインや着心地、脱ぎ着のしやすさなどのほかに、安全性についても十分に考えて選びましょう。子どもがその服を着てどのような行動をするか――走ったり、跳びはねたり、勢いよくしゃがんだり、あるいは児童公園の遊具によじ登ったり駆け下りたりするかどうかなどを考え、その際に周囲の凹凸につまずいたり衣服がひっかかったりしないかどうか、想像してみましょう。
例えば、下図のような点について点検して、なるべく引っかかるリスクの低い服を選びましょう。

手持ちの子ども服はどうすれば?

既に持っていたり、誰かから贈られたりした子ども服、またはリサイクルショップで売られている古着などに、上図のような不安な点があった場合は、次のような工夫を考えてみましょう。

  • ひもを抜くか切って短くする。
  • ひもを適度な長さで衣服に縫いつけ、周囲の突起物などにひっかかりにくいようにする。
  • ポンポンを切り取る。
  • 子どもの体格に合った服を着せる。(サイズが大き過ぎると、周囲の突起物にひっかかったり、裾を踏んでしまったり、子どもが動きにくくなったりします)

時と場合に応じた服を着せる

  • 児童公園で遊ぶ際など、子どもが激しく動くことが予想される場合は、あらかじめ、ひもやフードなどひっかかる可能性のある服を避ける。
  • 子どもだけで遊ぶ場合など、大人の見守りがない場合は、あらかじめ、ひもやフードなどひっかかる可能性のある服を避ける。

INDEXへ

3.子ども服の安全基準はあるの?

~子ども服のひもの安全基準を定めたJISが制定されました

子ども服のひもに起因する事故を防ぐため、平成27年(2015年)12月、子ども服のひもの安全基準に関する「JIS L4129(よいふく)」が制定されました。JISとは日本工業規格のことで、メーカーにとってはお手本となる教本のようなものです。
JISに強制力はありませんが、関連事業者に対する子ども服に関する一定の指針としての役割が期待されます。

このJIS L4129では、子ども服のひもについて、年齢層別・身体部位別にひもの有無や長さなどについて示しており、概要は次のようになっています。

JIS L4129で定められた安全基準の例
(13歳未満が着用する子ども服が対象)

頭や首回りから垂れ下がるひもはつけられません

背中から出るひもはつけられません

丈の長い上着やズボンのすそなど、股より下にすそがある場合、垂れ下がったひもをつけることはできません

このほか、年齢やひもの場所に応じて長さの基準などが決められています。

こんな場合は対象外です:

なお、次のような衣服は、ほとんどの場合、子どもの世話をする者の監督下で限定された期間着用されるため、JIS L4129の対象外とされます。

・民間儀式、宗教儀式または祝祭で着用する祝賀衣料
七五三の衣装など。

・専門のスポーツ衣料
競泳用の水着など。

※いずれも普段着として一般に着用されたり、監督者がいない状態での着用が想定されるものは対象となる。

子ども服のひもに関する国内統一の安全基準が定められたことにより、今後は今まで以上に安全性が考慮された子ども服が広がっていくことが期待されています。

ただし、子ども服メーカーは非常に数が多く、日本全国全てのメーカーにこのJIS規格の情報が行き渡ってはいないかもしれません。また、JIS規格は任意の規格で強制力はないため、JIS規格制定後も、規格外の商品が生産、販売される場合もあります。販売店や製造元に確認することもできますので、皆さん一人ひとりが「この服は安全か」という意識を常に持って子ども服を選ぶようにしてください。

INDEXへ

<取材協力:経済産業省 文責:政府広報オンライン>

みなさまのご意見をお聞かせください。

本文へ移動

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? (50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか? (50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? (50文字以内)


ページトップ
へ戻る