政府広報
BACK TO 廃校プロジェクト BACK TO 廃校プロジェクト

子供がいなくなった学校に、大人たちが帰ってきた。 子供がいなくなった学校に、大人たちが帰ってきた。

CLICK

廃校サミット2018

少子化などによる就学人口の減少で、本来の使命を終える学校が増えてきています。
その数全国で約6800校。
しかしその一方で、多くの廃校は第二の歴史を刻み始めています。
起業の場、地域の新しい中心として、廃校はまさに「始まりの場」。
児童や生徒がいなくなった場所には今大人たちが集い、事業や文化を育てようとしています。
創

日経地方創生フォーラム

「廃校利用と地域経済の活性化、地方創生」をテーマに、廃校施設再利用における最新動向、活用事例等をまじえて地方創生を議論します。
第1部
基調講演
「つなぐ建築」建築家 隈 研吾氏
事例発表1
「森と、海と、明日へ。教育を通じた地域づくり」
MORIUMIUS 理事 油井 元太郎氏
事例発表2
「廃校を舞台に“幸せを醸す酒造り”」
真野鶴5代目蔵元 尾畑酒造 専務取締役 尾畑 留美子氏
事例発表3
「学び合いの場が育てる地域創生」
遠野みらい創りカレッジ 代表理事/富士ゼロックス 復興推進室 室長 樋口 邦史氏
パネル
ディスカッション
「廃校利用で実現する地方創生」
コトバ クリエーティブディレクター/関西大学 社会学部 教授 山本 高史氏
油井 元太郎氏、尾畑 留美子氏、樋口 邦史氏
コーディネーター 小谷 あゆみ氏(フリーアナウンサー/エッセイスト)
第2部
BRUTUS
トークショー
「人が集まる場所としての廃校活用(仮)」
ブルータス編集長 西田 善太氏
BAGN Inc.代表取締役/音楽家/ディレクター 坂口 修一郎氏 ほか
  • 隈 研吾氏

    隈 研吾氏
    Photo (c) J.C. Carbonne

  • 油井 元太郎氏

    油井 元太郎氏

  • 尾畑 留美子氏

    尾畑 留美子氏

  • 樋口 邦史氏

    樋口 邦史氏

  • 山本 高史氏

    山本 高史氏

  • 小谷 あゆみ氏

    小谷 あゆみ氏

  • 西田 善太氏

    西田 善太氏

  • 坂口 修一郎氏

    坂口 修一郎氏

日 時:2018年8月9日(木)15:00~20:00(開場 14:30)
会 場:六本木アカデミーヒルズタワーホール
(東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー49階)
主 催:日本経済新聞社
共 催:内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局
内閣府地方創生推進事務局
  • 六本木アカデミーヒルズタワーホテル
  • 参加者募集
    入場無料 / 定員350名
    締め切り日
    8月2日(木)17:00
別ウィンドウが開きます
見

特別見学会
廃校利活用施設を見学してみませんか?

都内7施設の協力のもと、
廃校再利用への理解促進を目的とした特別見学会を開催します。
見学施設(予定)
  • ○ アーツ千代田 3331(千代田区)
  • ○ 芸能花伝舎(新宿区)
  • ○ IID 世田谷ものづくり学校(世田谷区)
  • ○ 台東デザイナーズビレッジ(台東区)
  • ○ みらい館大明(豊島区)
  • ○ 吉本興業(新宿区)
  • ○ 四谷ひろば(地域ひろば・東京おもちゃ美術館・CCAAアートプラザ)(新宿区)
(五十音順)
日 時:2018年8月9日(木)10:30~/13:00~
会 場:都内、上記見学施設7カ所
主 催:廃校サミット2018実行員会
  • 参加者募集
    見学無料
    各施設10~20名程度(抽選)
    締め切り日:7月30日(月)
学

廃校活用マッチングイベント 
学び舎でビジネスしてみませんか?

廃校活用について「まなび」、
実際に廃校施設と活用ニーズを「つなぐ」ことを目的としたマッチングイベントを開催します。
応募締め切り
多数のお申し込みを頂き
誠にありがとうございます。
定員となりましたので、
受付を終了させて頂きました。
■ 冒頭講演/文部科学省

【第1部 まなぶ】

全国の廃校活用事例に関する企業側/自治体側双方の講演
事例発表1
味噌工場(静岡県伊豆市)
事例発表2
ITオフィス(島根県浜田市)
事例発表3
カフェ・ホステル(徳島県三好市)
地方分権改革による空き公共施設等の有効活用事例(内閣府)

【第2部 つなぐ】

全国の、廃校を「使ってほしい」自治体と、廃校を「使いたい」企業等との
マッチングイベント
内閣府による廃校利活用に関する地方分権改革の相談会も開催
文部科学省
日 時:2018年8月8日(水)13:00~17:00
会 場:文部科学省 講堂
主 催:文部科学省
  • 参加者募集
    入場無料 / 定員300名
    締め切り日:7月30日(月)
別ウィンドウが開きます