就職氷河期世代への、支援ポータルサイト ゆきどけ荘

住人さんのストーリー

佐藤ご夫妻

シゲオさん(73歳)、
ヨシエさん(70歳)

ひきこもりの息子と同居中

佐藤ご夫妻

不登校からそのままひきこもりになってしまった、息子の佐藤ヒトシさん(44歳)。
外に出るのは、たまにコンビニに行く時ぐらい。同居しているご両親のシゲオさんとヨシエさんは、誰に相談することもできず、時間だけが過ぎてしまった。
自分たちも70代になり、これからのことを考えて不安をつのらせている。

こないだ、久しぶりにヒトシさんに会いましたよ。

大家さん
佐藤ご夫妻

コンビニに行く途中だったんですかね。あまり外に出ないですから。

今もあまり出てこないんですね。

大家さん
佐藤ご夫妻

ええ…。今は私たちの年金でなんとか暮らしていけているからいいけれど、
これからのことを考えると不安で…。

佐藤ご夫妻

私たちが何を言っても聞かないので、どうしたらいいのか…。

家族だからコミュニケーションを取りづらい面もあると思います。
今は、そういったご家族の支援も含めたひきこもり支援があるんですよ。

大家さん
佐藤ご夫妻

そうなんですね。でも、ヒトシは44歳ですが、支援を受けられるんですか?

大丈夫です。今は、中高年のひきこもりの方も多いんですよ。
佐藤さんたちだけの問題ではなく、同じ悩みを抱えたご家族がたくさんいらっしゃいますよ。

大家さん
佐藤ご夫妻

でも、ずっとひきこもって、一度も仕事をしたことがないんですよ。
家族でも話すのが難しいのに…。

地域のひきこもりサポート事業では、そのための窓口があるんですよ。
いきなり働くのではなく、自宅以外の『居場所』をつくることが、社会参加の第一歩なんです。
まずは、プロに相談してみてはいかがですか?

大家さん
佐藤ご夫妻

ずっとこのままではいけないですから。
まずは私たち2人で行ってみます。大家さんに相談してよかった。

きっと佐藤さんたちなら大丈夫ですよ。

大家さん

佐藤さん一家の再出発

実際に相談に行くまでは、私たち家族だけではどうしていけばいいのか分かりませんでした。しかし、ひきこもり地域支援センターで、医療、法律、心理、福祉、就労支援などの専門家によるチームにプロのサポートを受けて、本人も、私たちも、前向きになれました。これからのライフプランも一緒に考えてくださいます。同じ悩みを持つ親御さんは、自分たちだけで悩んでいないで、ぜひ相談してみてください。

佐藤ご夫妻
top