就職氷河期世代への、支援ポータルサイト ゆきどけ荘

先輩たちのあしあと

File.A

Aさんのあしあと

40歳 女性

人間関係の不安から転職を決意。新たな職場で描く将来のキャリア。人間関係の不安から転職を決意。新たな職場で描く将来のキャリア。

職場の人間関係に不安を感じて、ハローワークに来所されました。

Aさんは、高校卒業後、大手スーパーに勤務し、退職後は一般企業で経理事務の仕事をされていました。体調不良が原因でこの企業を退職しましたが、体調が回復したのを機に「医療事務講座」を受講し、その知識を生かして医療事務の仕事に就かれました。
しかし、職場の人間関係に悩み、「このままではまた体調を崩すのではないか」との不安から、ハローワークに相談に来られました。

話し合うことで自信がつき、二人三脚で転職活動をスタート。

最初にAさんから現状の仕事についてお話をお聞きした時、まずはAさんの不安な気持ちを解消することが大切だと感じました。内向的な性格から不安を払拭できずにいたため、「周囲の方に自分から質問をして、積極的にコミュニケーションを取ってみてはどうか」とアドバイスしました。それによって、自分に自信を持ってほしいとの思いがあったからです。
同時にAさんは、より自分に合った仕事があるかも知れないと考え、ハローワークの就職氷河期世代専門窓口のサポートを受けながら、転職活動を始めました。面接の対策や応募後のフォローなどに積極的に取り組み、その結果、これまでの事務経験が評価され、一般事務の正社員として採用が決まりました。

目指す将来像が明確になったことが、転職の成功要因でした。

はじめは積極的になれなかったAさんですが、一緒に求人票を見ながらお話をするうちに、徐々に転職活動に前向きに取り組めるようになりました。
また、労働市場に対する理解が深まるにつれて、「希望する仕事に就いた後に、自分がどうなりたいか」といった将来の姿をイメージできるようになったそうです。目指す将来像が明確になったことが、転職の成功につながったのだと思います。

※年齢、職種などは、ご本人が特定されないように支障のない範囲で変更しています。

top