政府広報
菅本裕子
「ゆうこす」の愛称で
親しまれる人気のYouTuber
相談窓口 STOPネット犯罪 ひとりだけで苦しまないで相談窓口 STOPネット犯罪 ひとりだけで苦しまないで

#盛れる #モテる 自撮りテク
「自撮り篇」

ほっとけない女子のツイートテク
「出会い篇」

タイプ別犯罪被害事例

今、SNSがキッカケで犯罪に
巻き込まれるケースが増えています。

ワナ1

裸の画像を送信させられた…

裸の画像を送信させられた…

SNSで知り合った“自称モデル”の男から、「モデルにならない?」などと言葉巧みに誘われて、裸の画像を送信してしまった女子中学生がいます。また、知らない人にただでLINEスタンプをもらったら、「裸の写真を送れ!」と脅された女の子も。一度でも画像を送信してしまうと、後になって取り返すことはまず不可能です。うまいことを言って相手をワナにはめ、裸や下着姿の画像を送信させる魔の手がSNSに広がっています。

ワナ2

“いい人”に会ってみたら、
素顔は“悪いヤツ”だった…

“いい人”に会ってみたら、素顔は“悪いヤツ”だった…

SNSでは、友だちや親にも言えない悩みやグチをいつでも聞いてくれる“いい人”。やがて相手から「なぐさめてあげるから、会わない?」と誘われたので会ってみると、むりやり車に押しこまれて連れ回されることに…。“いい人”のふりをして、相手の心の弱みにつけこむ悪いヤツが後を絶ちません。誘拐や殺人など、大事件になってしまったこともあります。ネットで知り合った人を安易に信用しないよう気をつけましょう。

ワナ3

軽い気持ちで
やりとりしていたら、
取り返しのつかないことに…

軽い気持ちでやりとりしていたら、取り返しのつかないことに…

「お金をあげる」と言うので軽い気持ちでSNSで知り合った人と会ったら、「オレのバックにはヤクザがいる」と脅されて、むりやり体をうばわれた女の子。さらにその様子を動画に撮られて、ネットに流されてしまい…。またSNSで知り合った“女子中学生”とお互いの裸の写真を交換したら、実は女子になりすましていた男に「警察や学校にばらすぞ」と脅されて、性被害に遭った男子中学生もいます。被害に遭っているのは、女子だけではありません。甘い誘惑には裏があると気づいてください。

ワナ4

彼氏に裸の画像を送ったら、
いつの間にか拡散されていた…

彼氏に裸の画像を送ったら、いつの間にか拡散されていた…

ある女子高校生が彼氏にたのまれて、自分の裸の画像を送信。すると彼氏がその画像をネットで流したために、学校中、さらに別の学校にまで画像が拡散してしまいました。彼氏や友だちなどの親しい関係でも、ありえないようなトラブルが起きています。自分の裸や下着姿の画像を送ることはやめましょう。
人からもらった裸の動画や画像を転送するだけでも犯罪になります。

SNSをきっかけに
被害に遭う子供が増加中

SNSをきっかけに被害に遭う子供が近年増加しています。平成29年には、過去最多の1,813人が、SNSを通じて児童ポルノや児童買春の被害に遭いました。被害者の内訳は、高校生が51.9%と半数以上を占めています。また自分の裸や下着姿の画像を送らされる自画撮り被害も増加傾向にあります。平成29年、自画撮り被害に遭った子供は515人でした。被害者の内訳は中学生が50.3%と半数以上にのぼります。

被害にあった子供 被害児童数が多いサイト 被害にあった子供の内訳 自画撮り被害にあった子供の内訳

出典:「STOP!ネット犯罪」警察庁 リーフレット
「ネットには危険もいっぱい~他人事だと思ってない?~」2018年版 警察庁/文部科学省 リーフレット

もっと知っておきたい
関連ニュース

青少年の非行・被害防止対策公開シンポジウム(平成30年度)が開催されます。


自画撮り被害が増加!SNS上の出会いに要注意!!
自画撮り被害が増加!
SNS上の出会いに要注意!!

年々摘発件数が増えている児童ポルノ事件の中で最も多いのが、SNSを利用した「自画撮り」被害。
実際の事件を基に再現ドラマでご紹介します。

タイアップ動画


「SNSのキケンに気づいて!」

相談窓口

「誰に相談していいかわからない…」
「親や友だちになんて相談できない…」
たったひとりで苦しまないで、
今すぐご相談を。

さまざまなお困りごとに関する
ご相談を受け付けている警察の総合窓口。
迷ったらまずはここにお電話を。

警察相談専用電話

#9110(全国共通短縮ダイヤル)

[土日・祝日及び執務時間外]24時間受付体制の一部の県警を除き、当直または音声案内で対応

その他、ご相談内容別のお問い合わせ先はこちら。


サイバー犯罪被害

スマホの画面に恐怖を感じたら…。問い合わせフォームからのご相談もできる、
ネット関連の「犯罪相談窓口一覧」です。

都道府県警察本部の
サイバー犯罪相談窓口等一覧

http://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm


性犯罪・性暴力被害

被害に遭われてしまった方のための相談窓口。
あなたの家から近い都道府県警察の相談員につなげます。

性犯罪被害相談電話全国共通番号

#8103(全国共通短縮ダイヤル)

性犯罪・性暴力被害者のための
ワンストップ支援センター 一覧

http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/avjk/pdf/one_stop.pdf
※各センターによって支援内容は異なります


法的トラブル

もしも法的なトラブルの恐れがあるなら、
解決につながる各種法制度や相談窓口を法テラスがご紹介。

日本司法支援センター(法テラス)

(IP電話からは)03-6745-5600

[平日]9:00〜21:00 [土曜日]9:00〜17:00


性的画像を含む
ネット上のトラブル

ネット上の違法・有害情報に関する窓口。
放っておけない画像をつけたらぜひお知らせください。

違法・有害情報相談センター

http://www.ihaho.jp

インターネット・
ホットラインセンター(略称IHC)

http://www.internethotline.jp/

子どもの人権110番
(法務局・地方法務局)

インターネット上の嫌がらせなどの子どもの悩みごとに関する相談窓口です。

シェアする

facebookLINE