学費で、修学をあきらめないように。 学費で、修学をあきらめないように。

大学生・
専門学校生の
みなさんへ

高等教育の修学支援新制度

従来の支援制度との違いや、
活用するために知っておいてほしいことをご紹介します。

<動画でみる 5つのポイント>

返還不要のふたつの支援

大学や専門学校等で安心して学んでいただくために、この制度では、奨学金にくわえて、入学金・授業料の減免をセットでサポート。しかも奨学金は給付型なので、返還の必要がありません。

給付型奨学金+入学金・授業料の減免
支援額の例
case1 私立大学
自宅以外から通う場合
私立大学に自宅以外から通う場合
case2 私立専門学校
自宅から通う場合
私立大学に自宅以外から通う場合
※住民税非課税世帯の学生の場合
※入学金の減免は入学後速やかに申込みが必要(受付期間は学校ごとに異なります)
さらに詳しく
支援額について

入学金・授業料の減免額と給付型奨学金の支給額は、在学する学校の種類などによって異なります。

<昼間制の場合>
<昼間制の場合>

上記金額は、住民税非課税世帯の方が対象です。住民税非課税世帯に準ずる世帯の方も支援を受けられますが、世帯収入に応じて上記金額の2/3または1/3の支援となります。詳細はこちらをご覧ください。

また、夜間制や通信課程の場合も支援額は異なります。詳細は以下をご覧ください。

(授業料等減免額(上限)・給付型奨学金の支給額)_(PDF:165KB)

貸与型奨学金との併用について

新制度の支援を受けた場合でも、日本学生支援機構の貸与型奨学金をあわせて利用することができます。この場合、無利子奨学金(第一種奨学金)の貸与月額には上限があります。詳細は以下をご覧ください。有利子奨学金(第二種奨学金)は、利用月額に制限はありません。

(授業料等減免・給付型奨学金(新制度)の支援を受けた場合の無利子奨学金の額の調整)
_(PDF:206KB)

閉じる

在学中に申し込める

この制度は在学中でも申し込めるのが大きな特長。そもそもこの制度を知らなかったり、ご自身をとり巻く環境や状況が変わり、学校に通い続けるのが難しくなりそうなときなど、活用をご検討ください。前年度に申し込めなかった方や、認定を受けられなかった方も申し込めます。

貸与型奨学金>返還 給付型奨学金 > 返還不要

学ぶ意欲を重視

学校の成績が要件になる支援制度もありますが、この制度では成績よりもやる気を重視。学修の意欲や目的、将来の人生設計などを確認させていただきます。ただし、支援開始後に授業の出席率や成績が悪かったりすると、支援の打ち切りなどもあるのでご注意ください。

成績<学ぶ意欲
さらに詳しく
学ぶ意欲の確認について

学ぶ意欲については、以下のような流れで確認させていただきます。

  1. 1. 在学中の学校に相談

    世帯収入やいま通っている学校が対象かどうか調べて自分が対象かもと思ったら、いまの学校に相談します。

  2. 2. 成績や単位により、学修計画書を提出

    高校またはいまの学校での成績が基準に満たないとき、修得単位数が基準以上であれば、学修計画書を提出。各学校が、将来の目標や学びの意志を確認します。

  3. 3. 学校からの推薦対象に

    学ぶ意欲を確認できたら、学校からの推薦対象になり、日本学生支援機構へ申し込めます。

学校でしっかり学ぶために活用いただく制度なので、支援開始後の成績や授業の出席率によっては、支援の打ち切りなどもあるのでご注意ください。

閉じる

まずは世帯収入を確認

学ぶ意欲ともう一つの要件が、世帯収入です。ご家庭の収入に応じて、自分が支援対象なのかどうか、どの程度の支援額を受けられるのかが決まります。日本学生支援機構のホームページでシミュレーションすることができるのでご活用ください。

進学資金シミュレーター
世帯収入に応じた3段階の基準で支援額が決まります
さらに詳しく
支援対象となる世帯年収について

この制度の支援対象となるのは、住民税非課税世帯およびそれに準ずる世帯の学生の方。大まかな年収の目安としては、以下のとおりとなります。

<対象となる年収の目安と支援額>
<対象となる年収の目安と支援額>

基準を満たす世帯年収は、家族構成やその年齢等によっても異なります。ご自身のご家庭が対象となるか、どれくらいの支援が受けられるのか、日本学生支援機構の「進学資金シミュレーター」で調べることができます。ぜひご活用ください。

シミュレーターの使い方
  1. 進学資金シミュレーターにアクセス
  2. 「シミュレーションする」をクリック(タップ)し、アンケートに回答
  3. 「奨学金選択シミュレーション」を選び、「給付奨学金シミュレーション(生徒・学生の方向け)」を選択
  4. 質問に回答し終えたら「計算する」をクリック(タップ)
  5. 対象となる場合、収入の目安と奨学金の給付金額が表示されます
進学資金シミュレーター

シミュレーション結果は、給付型奨学金についてのみ表示されますが、給付型奨学金の対象者は入学金・授業料の減免対象となります。給付型奨学金の結果が満額支援の場合、減免額も満額支援となります。

閉じる

さまざまな学校が対象

98%の大学、短期大学をはじめ、高等専門学校は100%、専門学校は73%の学校がこの制度の対象となります(令和3年1月時点)。ご自身の学校が対象かどうか、以下のリンクからご確認いただけます。

対象となる学校の一覧
さまざまな学校

< 申込方法 & スケジュール >

給付型奨学金と入学金・授業料の減免は、別々に手続きを行います。給付型奨学金は、4月または9月に在学中の大学等を通じて日本学生支援機構(JASSO)に申し込みます。このときあわせて、在学中の大学等に入学金・授業料減免を申し込みますが、受付期間は学校によって異なるので、学生課や奨学金窓口などに確認してください。

前半期の申込み

  • STEP1

    4月以降

    給付型奨学金の申込み

    • 本人
    • 大学等
    • JASSO

    入学金・授業料減免の申込み

    • 本人
    • 大学等
  • STEP2

    7月以降

    採用決定の通知

    • JASSO
    • 大学等
    • 本人

後半期の申込み

  • STEP1

    9月以降

    給付型奨学金の申込み

    • 本人
    • 大学等
    • JASSO

    授業料減免の申込み

    • 本人
    • 大学等
  • STEP2

    11月以降

    採用決定の通知

    • JASSO
    • 大学等
    • 本人
さらに詳しく

手続きのスケジュールについて(前半期の場合)

調べる
3月〜4月

自分が支援の対象となるか、在学している学校が対象であるか、調べてみましょう。

日本学生支援機構 奨学金ホームページ

支援の対象となる大学等の一覧

申し込む
4月以降

自分が「対象かも」と思ったら、まずは在学中の学校の窓口に行きましょう。

〈給付型奨学金〉
在学中の学校で関係書類をもらって、インターネットでJASSOに申し込みます。

学生本人と保護者のマイナンバーの提出が必要です。早めに準備しておきましょう。

〈入学金・授業料の減免〉
在学中の学校で関係書類をもらって、学校に申込みをします。

受け取る
7月以降

選考結果の通知がJASSOから在学中の学校を通じて学生本人に通知されます。
(在学採用の採用決定通知)

支援の
開始
令和3年7月〜

給付型奨学金は7月頃から、毎月、本人の口座に振り込まれます(4月分から支給されます)。
入学金・授業料の減免は、大学等によって異なるので、大学等の窓口に聞いてみましょう(前期の分から支援されます)。

閉じる

Q & A

制度に関するよくある質問についてお答えします。

  • 高校3年生のときに支援を申し込みましたが、認定を受けられませんでした。この場合、支援を受けることはできないのでしょうか。

    高校3年生のときに要件を満たさなかった方でも、その後の世帯収入の減少により、支援の対象となる可能性があります。支援の対象になりそうであれば、申請してみてください。

  • 日本学生支援機構の貸与型奨学金を借りています。給付型奨学金と貸与型奨学金を併用することはできますか?

    できます。ただし、給付型奨学金と無利子の貸与型奨学金を一緒に受ける場合は、貸与額が制限されます。この場合でも、多くの方が、給付型奨学金と入学金・授業料の減免とを併せて受けることにより、全体としてはそれまでよりも大きな支援を受けられます。

  • 新型コロナウイルス感染症による影響で、授業料の支払いや生活費に困っています。支援を受けられますか?

    要件を満たせば、支援を受けることが可能です。家計が急変した場合には、随時申込みを受け付け、急変後の所得の見込みにより要件を満たすことが確認できれば、速やかに支援を開始します。3か月毎に、急変事由が生じた後の所得を確認し、都度、支援区分を見直すことになります。

  • 自分は「高等教育の修学支援新制度」の支援対象にならないようですが、生活費や学費のことで困っています。

    日本学生支援機構の貸与型奨学金や、学校によっては独自の授業料などの減免や奨学金制度があるので、大学等の学生課や奨学金窓口などに相談してみてください。

    貸与型奨学金の情報はこちらで確認できます。