本文へ移動

ここから本文です

月間・週間

政府機関が実施する月間・週間などの行事を月ごとに紹介しています。

令和元年(2019年)6月の行事概要

月間・今月から

薬物乱用防止広報強化期間

6月1日~7月31日

警察庁をはじめとする関係省庁では、「第五次薬物乱用防止5か年戦略」に基づき、連携して薬物乱用防止に向けた広報・啓発に取り組んでいます。今年も6・7月を強化期間に設定して、広く国民に薬物乱用の現状や薬物犯罪に関する情報提供などを行い、薬物乱用を許さない規範意識を醸成または向上させるとともに、乱用者の早期発見など、薬物捜査に対する国民の皆さんの協力確保を図ります。

関連ホームページ警察庁「薬物銃器対策」

不法就労外国人対策キャンペーン月間

6月1日~30日

出入国在留管理庁は、不法就労外国人問題に対処するため、政府全体としての「外国人労働者問題啓発月間」に時期を合わせて、今年も6月を「不法就労外国人対策キャンペーン月間」と定め、外国人を雇用する事業主などを対象に不法就労の防止について理解と協力を求めるためのキャンペーンを行います。

関連ホームページ出入国在留管理庁「不法就労外国人対策キャンペーン月間」

リウマチ月間

6月1日~30日

リウマチ性疾患は慢性かつ難治性の疾患であり、その患者数は増加の一途をたどっています。そのなかでも特に関節リウマチは患者数も多く、近年では患者の高齢化が指摘されています。加齢に伴い、または、老齢になるにつれて、変形性関節症や骨粗鬆症に進展するなど大きな問題になりつつあります。月間中は、リウマチの正しい知識やリウマチ性疾患の征圧を推進するための普及啓発が行われます。

関連ホームページ(公財)日本リウマチ財団 「リウマチ情報センター」

農薬危害防止運動

6月1日~8月31日

農薬を安全で適正に使用し、その保管管理を徹底することは、農業生産の安定だけでなく、国民の健康や生活環境の保全の観点からも重要です。6月から8月は「農薬危害防止運動」の実施期間です。農薬を使う機会が多いこの時期を中心に、農薬による事故防止や農作物の安全確保、生活環境の保全を推進する運動を全国的に展開します。

関連ホームページ農林水産省「農薬コーナー」

食育月間

6月1日~30日

毎年6月は「食育月間」です。国、地方公共団体、関係団体などが協力して、食育推進運動を重点的かつ効果的に実施し、食育の一層の浸透を図ることとしています。6月29日・30日には、山梨県甲府市のアイメッセ山梨などにおいて、「第14回食育推進全国大会inやまなし」が開催されます。また、全国各地でも食育をテーマとした行事などが開催されますので、皆さんもぜひご参加ください。

関連ホームページ農林水産省「食育推進」 / 山梨県「第14回食育推進全国大会inやまなし公式ページ」

夏の省エネキャンペーン

6月1日~9月30日

夏は冷房の使用などによってエネルギー消費量が多い季節。6月から9月は、「夏の省エネキャンペーン」の期間です。省エネルギーに関する取組を一層推進するため、さまざまな広報活動を通じてエネルギーの大切さ、効率的な使い方、省エネライフスタイルを紹介します。

関連ホームページ資源エネルギー庁「省エネポータルサイト」

まちづくり月間

6月1日~30日

住民一人一人が生きることに喜びと生きがいを味わえる生活空間を形成していくためには、住民の積極的な参画のもとに創意と工夫を活かしたまちづくりを推進することが必要です。このため、昭和58年度から毎年6月を「まちづくり月間」と定め、さまざまな広報活動や行事の開催などを通じて、まちづくりに関する啓発活動を幅広く実施しています。

関連ホームページ国土交通省「毎年6月は「まちづくり月間」です!」

土砂災害防止月間

6月1日~30日

毎年各地で土石流、地すべり、がけ崩れなどの土砂災害が頻発し、人命、財産に大きな被害が発生しています。平成30年は、昭和57年の集計開始以降最多となる3,459件の土砂災害が全国各地で発生し、被災地には未だ深い傷跡が残されています。国土交通省では、毎年6月を「土砂災害防止月間」と定め、月間中には、土砂災害の防止と被害の軽減を目的に、土砂災害に関する防災知識の普及や警戒避難体制の整備を促進するため、住民参加を主とする諸行事・活動などを全国で実施します。

関連ホームページ国土交通省「砂防」

「不正改造車を排除する運動」強化月間

6月1日~30日

不正改造車については、安全を脅かし道路交通の秩序を乱すとともに、排出ガスによる大気汚染、騒音等の環境悪化要因となっていることから、社会的にもその排除が強く求められております。国土交通省では、各地方運輸局で「不正改造車を排除する運動」の強化月間(6月・7月・10月)を定め、関係省庁・自動車関係団体と連携して、不正改造車を排除するための啓発活動の全国実施、『不正改造車・迷惑黒煙情報提供窓口』を設置しての情報収集、街頭検査・指導などを集中的に実施します。

関連ホームページ国土交通省「安全な車社会のために 国土交通省での取組み 不正改造車を排除する運動」

環境月間

6月1日~30日

地球温暖化をはじめとする環境問題の解決には、まず、私たち一人ひとりが自らの生活・行動を見直すことが大切です。環境保全について国民や事業者などの皆さんの理解と積極的な取り組みを進めるため、環境省は6月を「環境月間」と定めています。月間中は、「エコライフ・フェア」をはじめ、国、地方公共団体、企業、民間団体、国民の参加と協力のもと、環境保全活動の普及、啓発に関するさまざまな行事が実施されます。

関連ホームページ環境省「環境の日」 / 環境省「エコライフ・フェア」公式ウェブサイト

週間・記念日

電波の日

6月1日

昭和25年に電波法と放送法が施行され、それまで政府専掌であった電波の利用が広く国民に開放されました。これを記念して設けられたのが「電波の日」です。国民の電波利用に関する知識の普及・向上と電波利用のますますの発展を図り、毎年、この「電波の日」に合わせて記念式典(今年は6月3日)が開催され、電波監理や電波利用の発展において功労のあった個人・団体を表彰します。

人権擁護委員の日

6月1日

人権擁護委員は、あなたの街の相談パートナーとして、積極的な活動を行っています。6月1日を「人権擁護委員の日」として、全国各地の公共施設やデパートなどに特設相談所を開設して、地域の皆さんからの相談に応じます。女性・子ども・高齢者などをめぐる人権の問題やインターネット上の人権侵害など、身近なことで困っていることはありませんか。人権擁護委員は、皆さんの問題解決のお手伝いをします。

関連ホームページ法務省「人権擁護委員」

水道週間

6月1日~7日

水道は、水道は、私たちの生活に不可欠な水を安定的に供給する施設であり、生活基盤として欠かすことができません。厚生労働省・関係団体では、より質の高い安全で良質な水を安定的に供給するため、さまざまな取り組みを行っています。6月1日から7日の「水道週間」では、全国の水道事業体などで水道について広く国民の理解を深め、協力を得るための催しが行われます。

関連ホームページ(公社)日本水道協会

HIV検査普及週間

6月1日~7日

HIV感染者・エイズ患者新規報告数のうち診断時に既にエイズを発症している割合は約3割のまま推移しており、早期発見のためにはHIV検査を受けることが大切です。そこで厚生労働省では、6月1日から7日を「HIV検査普及週間」として位置づけ、国や都道府県などが、利便性の高い場所や時間帯に配慮した検査を実施するなど、受検の機会を拡大するとともに、検査・相談体制に係る情報提供を含む普及啓発を行い、HIV検査の浸透・普及を図っています。自分のため、大切な人のため、ぜひこの機会にHIV検査を受けましょう。

関連ホームページ(公財)エイズ予防財団「API-Net エイズ予防情報ネット」

がけ崩れ防災週間

6月1日~7日

地中にしみ込んだ水分が土の抵抗力を弱め、雨や地震などの影響によって急激に斜面が崩れ落ちる「がけ崩れ」。がけ崩れは、突然発生するため、人家の近くで起こると逃げ遅れる人も多く、死者の割合も高くなっています。国土交通省では、この週間を中心に、がけ崩れによる災害防止に関する意識啓発や情報提供を強化するとともに、気象や自然の異変への備えを促すなど防災力の向上に取り組みます。

関連ホームページ国土交通省「砂防」

気象記念日

6月1日

気象記念日は、明治8年6月1日に気象庁の前身となる東京気象台で業務を開始したことを記念して、昭和17年に制定されました。また、6月1日は、日本で初めて天気予報が始まった日(明治17年6月1日)でもあります。

関連ホームページ気象庁

危険物安全週間

6月2日~8日

ガソリン、灯油、軽油などの燃料や、塗料、プラスチック、化学繊維などの原料となる危険物は、私たちの生活の中で身近な存在となっています。しかし、取扱いを誤ると大きな事故を招く危険性を有していることも認識した上で、安全に取り扱うことが重要です。消防庁では、毎年6月の第2週を危険物安全週間として、危険物の保安に対する意識の高揚および啓発を全国的に推進しています。

関連ホームページ(一財)全国危険物安全協会「危険物安全週間」

測量の日

6月3日

国土交通省は、「測量法」の公布日である6月3日を「測量の日」と定めました。本年は、近代測量150年の節目の年であり、これまでの測量の重要性を振り返るとともに、AIやビッグデータなどの革新的技術が現実のものとなる今、これからの国民生活へ測量が果たす役割を広く周知することが求められています。こうしたことから、測量の意義及び重要性に対する国民の理解と関心を一層高めるとともに、地理空間情報のさらなる利活用の促進を図るため、6月2日に地図と測量の科学館において「測量の日」特別企画を開催します。

関連ホームページ国土交通省「国土地理院地図と測量の科学館」

環境の日

6月5日

昭和47年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」での我が国の提案を受け、国連は「世界環境デー」(6月5日)を定めました。我が国では、「環境基本法」において、事業者及び国民の間に広く環境保全についての関心と理解を深め、積極的に環境保全活動を行う意欲を高めるため、6月5日を「環境の日」と定めており、この日を中心に国、地方公共団体などにおいてこの趣旨にふさわしい各種の催しなどを実施することとしています。

関連ホームページ環境省「環境の日」

火薬類危害予防週間

6月10日~16日

火薬類危害予防週間は、火薬類による災害・事故を防止し、公共の安全を確保することを目的として毎年度実施するもので、各地の実情に即した行事を実施し、火薬類の危害予防意識の高揚を図ります。

関連ホームページ経済産業省「産業保安-火薬類の安全」

食育の日

6月19日

毎月19日は「食育の日」です。家族や地域で楽しく食卓を囲むなど、皆さんも、食育の日をきっかけにご自身やご家族の食生活を見直してみませんか。

関連ホームページ農林水産省「食育推進」

「ダメ。ゼッタイ。」普及運動

6月20日~7月19日

今日、薬物乱用問題は全世界的な広がりを見せ、人間の生命はもとより、社会や国の安全や安定を脅かすなど、深刻な社会問題の一つとなっています。国内でも青少年の間で薬物に対する警戒心が薄れ、薬物乱用が広がっているなど深刻な状況が続いています。期間中は、薬物乱用の危険性・有害性などについて周知されるよう、広報・啓発活動を全国的に展開します。

関連ホームページ厚生労働省「薬物乱用防止に関する情報」

らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日

6月22日

平成21年度から、ハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給に関する法律の施行日である6月22日が「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」と定められました。この日には、ハンセン病の患者であった方々の名誉の回復を図るため、厚生労働省主催による追悼、慰霊および名誉回復の行事が行われます。なお、今年度においては、22日が土曜日となるため21日に行われます。

関連ホームページ厚生労働省「ハンセン病に関する情報ページ」

男女共同参画週間

6月23日~29日

6月23日から29日は「男女共同参画週間」です。今年度は「男女共同参「学」」「知る 学ぶ 考える 私の人生 私がつくる」というキャッチフレーズのもと、国、地方公共団体などが、男女共同参画社会づくりに対する国民の理解と関心を高めるためさまざまな行事を行います。

関連ホームページ内閣府男女共同参画局「男女共同参画週間について」

長期継続中

不正大麻・けし撲滅運動

5月1日~6月30日

「大麻」および麻薬の原料となる「けし」は、大麻取締法、あへん法などにより、その所持、栽培などが禁止されています。毎年、5月1日から6月30日までの期間、厚生労働省および都道府県では、「不正大麻・けし撲滅運動」を全国的に展開しています。期間中は、関係機関の協力を得て、不正栽培および自生している大麻やけしの発見、除去および「大麻」「けし」に関する正しい知識の普及を図ります。

関連ホームページ厚生労働省「薬物乱用防止に関する情報」

「COOL BIZ」(クールビズ)

5月1日~

環境省では、地球温暖化対策のためのあらゆる「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」(クールチョイス)の取組のひとつである、冷房時の室温を28℃で快適に過ごすライフスタイル「COOL BIZ」(クールビズ)を推進しています。今年度も、5月1日から9月30日までをクールビズ推奨期間として、さまざまな企業・団体・自治体などと連携しながら、クールビズの実践を呼びかけていきます。

関連ホームページ環境省「クールビズ」

情報通信月間

5月15日~6月15日

情報通信月間は、情報通信の普及・振興を図ることを目的に昭和60年に設けられ、今回で35回目を迎えます。2019年度は「ICTで 人と地域の未来につながる やさしい社会へ」をテーマに全国各地でセミナーやシンポジウムなどのさまざまな行事が開催されます。それらの行事を通して、情報通信の発展が人々の利便性を高め、経済発展に寄与することなどについて、国民の理解を深めていきます。

関連ホームページ情報通信月間推進協議会事務局ホームページ

海洋環境保全推進月間

5月30日~6月30日

海上保安庁では、私たちの共通の財産である海を美しく保つため、「未来に残そう青い海」をスローガンに掲げ、海事・漁業関係者、マリンレジャーなどを行う人を対象とした海洋環境保全講習会や訪船指導、一般市民を対象とした海洋環境保全教室の開催などを全国で実施しています。また、全国の小中学生を対象とした「未来に残そう青い海・海上保安庁図画コンクール」の募集も行っています。

関連ホームページ海上保安庁「海洋環境保全対策」

全国ごみ不法投棄監視ウィーク

5月30日~6月5日

不法投棄等対策では、監視活動などにより不法投棄等を発生させない環境づくりを強化することが重要です。その取り組みを国民運動として盛り上げるため、「ごみ減量・リサイクル推進週間」として設定されている5月30日(ごみゼロの日)から6月5日(環境の日)を「全国ごみ不法投棄監視ウィーク」とし、市民、事業者、廃棄物関係団体、行政が一体となって、監視活動や啓発活動を一斉に実施します。

関連ホームページ環境省「全国ごみ不法投棄監視ウィーク」

禁煙週間

5月31日~6月6日

たばこの煙には約5300種類の化学物質が含まれ、そのうち約70種類は発がん物質です。また、受動喫煙の危険性やニコチンの依存性など、たばこの煙が健康に与える影響が大きな問題となっています。厚生労働省では、毎年、「世界禁煙デー」の5月31日から6月6日を「禁煙週間」と定めており今年は「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」をテーマとして世界禁煙デー記念イベントを開催するほか、禁煙および受動喫煙防止の普及啓発を積極的に行います。これを機会に、たばこの煙が健康に及ぼす影響について考え、禁煙に取り組んでみませんか。

関連ホームページ厚生労働省「たばこと健康に関する情報ページ」

アクセスランキング

動画のアクセスランキング


ページ
トップ