賃金センサス 平成30年賃金構造基本統計調査 第2巻

掲載内容は公開時点での情報です。

号数 令和元年版
府省庁 厚生労働省
主管部局等 政策統括官(統計・情報政策、政策評価担当)付 賃金福祉統計室
発行回数 年刊
判型 A4
頁数 530
発行年月日 令和元年7月
発行所 (株)労働法令
定価 15,120円(税込)
送料 実費
掲載サイト 株式会社労働法令|賃金センサス令和元年版 第2巻 〔平成30年賃金構造基本統計調査〕 職階・職種・標準労働者・雇用形態別賃金等
その他

【内容】
● 我が国の賃金構造の実態を労働者の属性ごとに詳細に解明するため、厚生労働省が毎年調査している「賃金構造基本統計調査(平成30年6月調査)」の最新版。
● 平成30年の調査は、事業規模5人以上の民営事業所及び10人以上の公営事業所で約7万8,000事業所、労働者165万人を対象に実施。
● 全国常用労働者の賃金・賞与の実態を産業別・規模別に男女・学歴・年齢・勤続年数別に詳細に解明。
● 人事処遇と重要なかかわりをもつ役職・職種別の賃金・賞与、新規学卒者の初任給、標準労働者のモデル賃金、女性短時間労働者の賃金・賞与、都道府県別の賃金水準も男女年齢別・各職種別に明示。
● 調査の内容、調査結果の概要等には英文訳を附した。
【第2巻】
第2巻は、役職・職種・標準労働者・雇用形態別賃金等を収録。
(従来の「第3巻」に相当する内容となっております。)
役職別賃金は部長、課長、係長の3役職者の賃金と賞与を調査。重要性を増している職種別賃金をさらに充実。標準労働者賃金は、企業規模、学歴別などに各歳別に調査。実態把握に有効な実在者賃金も調査。本年版には、従来の「第5巻」に収録していた雇用形態別(正社員と非正社員)の賃金と賞与も収録した。
〔本調査活用の特徴〕
● 賃金、賞与・一時金の水準の検討と決定に役立つ基礎資料。
● 交通事故などの逸失利益算定のための根拠資料。
● 外注積算、労務費単価の見積に不可欠の依拠資料。

関連サイト

  • 世論調査別ウインドウで開きます
  • 首相官邸別ウインドウで開きます

外部のウェブサイトに移動しますが、よろしいですか。
よろしければ以下をクリックしてください。

ご注意
  • リンク先のウェブサイトは、内閣府政府広報室のサイトではありません。
  • この告知で掲載しているウェブサイトのURLについては、2023年11月21日時点のものです。
  • ウェブサイトのURLについては廃止や変更されることがあります。最新のURLについては、ご自身でご確認ください。
Top