Home > Highlighting JAPAN > Highlighting Japan April 2020 > 総理動向

Highlighting JAPAN

グロッシー国際原子力機関事務局長による安倍総理大臣表敬

2020年2月25日、安倍晋三内閣総理大臣は、訪日中のラファエル・マリアーノ・グロッシー国際原子力機関(IAEA)事務局長の表敬を受けました。

安倍総理大臣から、グロッシー事務局長の就任後初めての訪日を歓迎し、「天野事務局長の在任時と同様に、グロッシー事務局長が率いるIAEAの取組も最大限支援していく」と述べました。これに対し、グロッシー事務局長から、「IAEAと日本は緊密な関係にあり、この関係を現在、そして将来にわたって続けて行きたい。また、天野事務局長を尊敬しており、新事務局長としてこうした姿勢を示すために早期に訪日した」と述べました。

安倍総理大臣から、2月26日に予定されている東京電力福島第一原発視察に言及しつつ、同原発の廃炉に係るIAEAの協力に謝意を述べたのに対し、グロッシー事務局長からは、「復興と廃炉を同時に進める日本の取組を尊重し、IAEAとして引き続き協力していく」と述べました。

また、安倍総理大臣から、「北朝鮮・イランの核問題をめぐる情勢に関し、IAEAの役割を重視しており、日本としても引き続きIAEAと緊密に協力していきたい」と述べました。これに対し、グロッシー事務局長からは、IAEAの対応につき説明がありました。