1.チケットの高額転売はなぜダメなの?
〜消費者や興行主が不利益を被ります

行きたかったコンサートや舞台、スポーツイベントのチケットが発売早々に売り切れてしまったので、そのチケットをオークションサイトやチケット転売サイトで探してみたら、定価の何倍もの価格で出品されていた――。皆さんは、そんな経験をしたことはありませんか。

人気のチケットを手に入れられない理由のひとつに、いわゆる「転売ヤー(転売屋)」と呼ばれる業者や個人の存在があります。彼らは、希少価値の高いチケットを転売目的で大量に購入し、オークションサイトなどを利用して高額で販売します。彼らがチケットをどんなに高額で大量に売ったとしても、興行主や出演者などにとって何の利益もありません。
また、本当にチケットを必要としている消費者にとって、定価を超えた高額な代金を払うことは、大きな負担となります。定価の価格でチケットを購入していたら、何度もコンサートやイベントなどへ行ったり、会場で販売されているタオルやTシャツなどのグッズを買ったりできたかもしれません。

これまでチケットの転売は、「ダフ屋行為」として各都道府県の迷惑防止条例で取り締られてきました。ダフ屋行為とは、転売する目的でチケットを購入したり、会場周辺でチケットを転売したりすることです。近年は、インターネットにおいて誰もが容易にチケットを転売できるようになりましたが、インターネット上での売買は、迷惑防止条例で取り締まることのできる「公共の場所又は公共の乗り物」での売買に該当しません。そのため、そういった「ダフ屋行為」に加え、インターネット上でのチケットの不当な高額転売等を禁止するため、「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」(通称「チケット不正転売禁止法」)が、2019年6月14日からスタートします。
  1. チケットの高額転売はなぜダメなの?
  2. チケット不正転売禁止法で何が変わる?
  3. 消費者が気を付けることは?

戻る
トップへ