1.住民拠点SSとは?
〜災害時でも住民に燃料供給ができるSS

「住民拠点SS」とは、自家発電設備を備え、災害などが原因の停電時にも継続し地域の住民の方々に給油できるガソリンスタンドのことです。「SS」は、サービスステーションの略称で、ガソリンスタンドを意味します。

通常、SSではガソリンをはじめとする軽油・灯油などの燃料油を、地下タンクに保管しています。広い敷地の地下に円筒形の大きなタンクが埋められており、電力を使いポンプで各燃料油をくみ上げて給油します。しかし、災害などで停電になると、ポンプが停止し電力を利用した給油ができなくなります。この場合、手動のポンプで給油することになり、給油時間が普段よりかかってしまい、給油待ちの渋滞の発生が懸念されます。2011年3月の東日本大震災や2016年4月の熊本地震などの際、渋滞が発生しました。

そこで、災害などで停電になっても給油ができるように、自家発電設備を持つ住民拠点SSの整備が進められてきました。

そんな中、2018年9月の北海道胆振東部地震が起き、停電の中でも、自家発電設備を持つ住民拠点SSは営業を維持できました。しかし、そのSSに多くの住民が集中するといった事態を招き、品切れ状態が発生しました。

地震が多い日本では、全国どこでも地震が発生する可能性があり、被災した場合には同じような問題が発生するおそれがあります。また、大規模な停電が長期化した場合などでも、SSの燃料の供給力を十分に確保する必要があります。
そこで、地域のSSが、自家発電設備や大型タンクなどを備えることにより、災害時でも、住民にガソリンや灯油などの供給を継続できる「住民拠点SS」の全国的な配備が進められています。
  1. 住民拠点SSとは?
  2. 住民拠点SSはどこにあるの?

戻る
トップへ