本文へ移動

ここから本文です

メディア別の政府広報

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

音声広報CD「明日への声」

vol.37(平成26年(2014年)6月発行)

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

トラックナンバー2 【3分】

(タイトル)識別性が向上した5千円札が発行されました

(本文)

視覚に障害のある方々がお札の券種の識別をしやすくなるように改良された、新しい5千円札が平成26年5月12日から発行されました。これは、視覚に障害のある方々から寄せられていた、「お札の手触りを工夫してほしい」「識別マークは古いお札だとわかりにくい」などのご意見に応えて、改良が行われたものです。

改良された5千円札と、これまでの5千円札の違いは、5千円札表面(おもてめん)左下にあるホログラムに貼られている透明シールの大きさをおよそ1.7倍に拡大し、形を楕円形から角を丸くした長方形に変更した点です。これによって、透明シールが楕円形の一万円札と触った時の違いが感じやすくなりました。

 また、お札の種類を音声で教えてくれるアイフォン用アプリケーションについては、平成25年12月3日からアップル社より配信を開始しており、無料でダウンロードできるようになっています。「言(い)う吉(きち)くん」という愛称のこのアプリケーションは、アプリケーションを起動しアイフォンのカメラにお札をかざすと、「1万円」「5千円」「2千円」「千円」と音声でお札の金額を読み上げます。ただし、このアプリケーションはお札が本物かどうかを判別するものではありません。また、対象は現在発行しているお札のみとなりますので、ご注意ください。

 財務省としては、国立印刷局、日本銀行とともに将来のお札が、視覚に障害のある方々にとってより使いやすいものになるよう、今後も検討を進めてまいります。

お札の種類の識別性を向上させる取組に関するお問合せは
財務省理財局国庫課通貨企画調整室通貨企画係 電話 代表番号 03-3581-4111 内線 2562 へどうぞ。

 

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

バックナンバー

音声広報CD「明日への声」のバックナンバーページへリンクしています。各列が発行月、各行が発行年を表します。列は空欄の場合もあります。
2019年 1月   3月     6月 7月          
2018年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2017年 1月   3月       7月 8月 9月   11月  
2016年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2015年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2014年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
表の終了


ページ
トップ