メディア別の政府広報

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

音声広報CD「明日への声」

vol.38(平成26年(2014年)7月発行)

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

トラックナンバー10 【6分】

(タイトル)新しい東北に出会う旅をしてみませんか。

(本文)

観光庁では、平成23年の東日本大震災以来、東北の観光復興支援として、様々な取組を行ってきました。例えば、東北地域全体を1つの博覧会会場と見立て、平成24年3月からおよそ1年間行った「東北観光博」もそのひとつです。この博覧会は、「こころをむすび、出会いをつくる」をテーマに、地域と観光客がふれあい、交流できるよう取り組みました。名所や風景を見て楽しむだけでなく、地元と交流するプログラムを用意することで、地元の隠れた魅力、そして人の温かみに触れ、リピーターとなった観光客もいます。

さらに、東北地域の中でも特に太平洋沿岸エリアにおける交流の活発化を目指し、沿岸エリアの最新情報を発信するホームページ「東北物語」を平成25年8月1日に開設しました。このホームページでは、地域住民や民間企業、NPO法人、ボランティア団体などが主体となって現地の情報を広く全国に発信しています。観光情報が詰まった「おすすめツアー」や「おすすめモデルコース」といったコンテンツ、復興を目指して頑張る商店街の情報を集めた「復興商店街に行こう!」のコーナーなど、魅力あるメニューが満載です。まずはこのホームページをちょっと覗いて、東北旅行を計画してみてはいかがでしょうか。

さて、これからの時期、東北では様々なお祭りやイベントが皆様をお待ちしています。色とりどりの衣装を身にまとい、威勢のいい掛け声とともに踊り歩くお祭りや、多数の太鼓を打ち鳴らすお祭りなど、人々の熱気や興奮が感じられる、にぎやかで楽しいお祭りがたくさんあります。他にも、ジャズなどの演奏が街中で繰り広げられるイベントや、さんまや牡蠣など、旬の味覚を味わえるイベントなども催されます。

また、乗ること自体が目的となる列車の旅はいかがでしょうか。列車の中で地元の食材を使った料理を味わえるレストラン列車や、漫画のキャラクターで車内が彩られたお子様に人気の列車など、乗るだけでワクワクするような列車が東北ではたくさん走っています。42年ぶりに復活した蒸気機関車も、もくもくと力強く蒸気を上げながら、警笛を響かせ走っています。四季折々の自然の中を力強く走る列車の姿に、観光客はもちろん地元の人々も元気づけられています。

その他、東北の旅館やホテルでは、東日本大震災の直後から二次避難所として被災された地域の方々を受け入れるなど、積極的に地元に貢献してきた施設や、復興の中心となって被災地を盛り上げる活動を行っている施設もあります。このような施設の中には、「語り部付きバスツアー」を実施したり、音楽ライブなど町おこしイベントの会場となるなど、独自の取組を行っているところもあります。宿泊するだけでなく、こうしたイベントなどに参加し、被災地の「今」と震災当時の記憶に触れてみてはいかがでしょうか。

心癒される自然と、豊かな海の恵みを味わい、そこに暮らす人々の優しさに触れる旅。
東北で、「観て・買って・食べて・遊んで」楽しい思い出を作りながら、観光という側面から東北を応援しましょう。

ホームページ「東北物語」に関するお問合せは
観光庁 観光地域振興課
電話 03-5253-8111 へどうぞ。

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

バックナンバー

音声広報CD「明日への声」のバックナンバーページへリンクしています。それぞれ発行年、発行月を表します。空欄の場合もあります。

2020年 1月                      
2019年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2018年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
表の終了