メディア別の政府広報

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

音声広報CD「明日への声」

vol.40(平成26年(2014年)11月発行)

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

トラックナンバー5 【3分】

(タイトル)「障害者週間」を通じて、互いの理解を深めよう!

(本文)

毎年12月3日から9日までは、「障害者週間」です。障害の有無にかかわらず、みんながお互いの人格と個性を尊重し、支え合う「共生社会」を目指して障害者に対する関心と理解を深めるとともに、障害のある方が、社会、経済、文化その他のあらゆる分野の活動に参加することを促進するために定められました。

 この「障害者週間」に合わせて、国・地方公共団体及び民間の関係団体においてイベントなどが開催されています。詳しくは、内閣府のホームページで「平成26年度障害者週間行事一覧」と検索していただき、各団体などへお問い合わせください。
内閣府では、「障害者週間」中の12月3日に「障害者フォーラム2014」を東京都千代田区永田町の中央合同庁舎第8号館で開催します。第1部では、「心の輪を広げる体験作文」及び「障害者週間のポスター」の最優秀賞受賞者への内閣総理大臣表彰を行います。
第2部は、「障害者権利条約を批准して」をテーマに「障害者週間」記念シンポジウムを開催します。基調講演として障害者政策委員会委員長で静岡県立大学教授の石川准さんに「障害者権利条約」批准の意義と課題などについて話をしていただき、続いて、兵庫県弁護士会の青木志帆さん、一般社団法人川崎市自閉症協会代表理事の明石洋子さん及び元パラリンピック水泳選手で株式会社アクセスインターナショナル代表の山崎泰広さんを迎えてパネルディスカッションを予定しています。
また、12月5日と6日には障害者週間「連続セミナー」が、東京都千代田区の有楽町朝日ホールにて開催されます。これは障害者週間行事の一環として、各団体が障害者週間の趣旨にふさわしいセミナーを行うものです。是非、ご参加ください。このほか、セミナーが開催される有楽町朝日ホールでは「障害者週間のポスター原画展」も12月4日から10日まで開催します。子どもたちが描いたすばらしい作品と「心の輪を広げる体験作文」の最優秀作品を展示します。

なお、「障害者フォーラム2014」と障害者週間「連続セミナー」への参加は、事前申込みが必要です。詳しくは、平成26年度「心の輪を広げる障害者理解促進事業」事務局
電 話 042-510-1314
まで、お尋ねください。

障害者週間に関するお問合せは
内閣府政策統括官(共生社会政策担当)障害者施策担当
電話 03-6257-1457 へどうぞ。

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

バックナンバー

音声広報CD「明日への声」のバックナンバーページへリンクしています。それぞれ発行年、発行月を表します。空欄の場合もあります。

2020年 1月                      
2019年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2018年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
表の終了