本文へ移動

ここから本文です

メディア別の政府広報

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

音声広報CD「明日への声」

vol.40(平成26年(2014年)11月発行)

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

トラックナンバー7 【3分】

(タイトル)毎日の暮らしに役立つ生活用具の給付を行っています

(本文)

各市町村では、障害者総合支援法に基づく地域生活支援事業の一環として、障害のある方や難病をお持ちの方に日常生活用具給付等事業を行っています。
これは、障害のある方などが、日々の暮らしをより円滑に行えるように、生活用具の給付を受けたり、貸してもらえたりする制度です。

 給付等の対象となる用具の主な要件としては、次の3点があげられます。
1つ目は、障害のある方が安全かつ容易に使用できるもので、実用性が認められるもの。
2つ目に、障害のある方の生活上の困難を改善し、自立と社会参加を促進するもの。
3つ目は、障害のある方のために専門的な知識や技術によって作られたもので、一般には普及していないもの
などです。

 視覚に障害のある方に給付される日常生活用具の例としては、活字を読み上げる装置や視覚障害者用図書などの日常生活に役立つ支援用具があげられます。最近では、情報収集や通信に便利なコンピュータを利用される方も多いと思いますが、読み上げた音声を活字に変換したり、画面を拡大したりするアプリケーションソフトや周辺機器も日常生活用具の給付対象になると考えられます。

対象になる品目や負担額、申請方法は、お住まいの市町村の担当窓口にお問合せください。もし、「こんな用具は該当するのだろうか」とお考えのものがあれば、積極的に相談してみてください。
注意していただきたいのは、事前に申請が必要であるという点です。用具を購入後に申請しても認められませんので、くれぐれも購入前にご相談ください。

制度に関するお問合せは、
厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課自立支援振興室 代表番号 03-5253-1111(内線3073)へどうぞ。

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

バックナンバー

音声広報CD「明日への声」のバックナンバーページへリンクしています。各列が発行月、各行が発行年を表します。列は空欄の場合もあります。
2019年 1月   3月     6月 7月          
2018年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2017年 1月   3月       7月 8月 9月   11月  
2016年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2015年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2014年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
表の終了


ページ
トップ