本文へ移動

ここから本文です

メディア別の政府広報

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

音声広報CD「明日への声」

vol.44(平成27年7月発行)

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

トラックナンバー11

(タイトル)この夏、福島を体験する旅に出かけませんか

(本文)

夏休みに旅行をお考えの方は、福島県へ出かけてみませんか。
福島県は、米、野菜、くだものといった自然の恵みが豊かな土地です。また、会津エリアに代表される歴史や文化の情緒あふれた町並みも魅力です。しかし、平成23年の東日本大震災以来、風評被害の影響を受けて観光客の数が激減しました。徐々に回復傾向にありますが、まだまだ震災前までには回復していません。そこで国や福島県では、福島の魅力を知って、感じて、楽しんで頂くため、いろいろな「福島の旅」を提案しています。その中から3つの旅をご紹介します。

1つ目は、「“おいしい福島”を体験する旅」です。
福島県は、米をはじめトマトやアスパラガスなどの野菜、桃や梨といったくだもの、そして福島牛、会津地鶏など、おいしい食べ物がたくさんあります。また、福島県の日本酒の味わいには定評があり、全国新酒鑑評会では3年連続で金賞受賞数日本一に輝いています。ちょうど夏の時期は新酒が出揃う頃ですので、酒処・福島の「日本一」の味を楽しんでみてはいかがでしょう。
なお、福島県は、食品の安全性の確保に、特に力を入れて取り組んでいます。県内で生産・加工された食品は、放射性物質検査を経て、安全であることが証明された上で市場に出ています。例えば、お米については、平成26年産の玄米およそ1,100万袋をすべて検査したところ、基準値を超えるものは一切ありませんでした。

2つ目は、「福島県の歴史と文化に触れる旅」です。
会津エリアには、鶴ヶ城や会津藩校日新館など、歴史のロマンを感じさせる場所がいくつもあります。平成27年9月21日から23日まで行われる「会津まつり」では、会津磐梯山踊りや提灯行列、会津藩公行列などが行われ、歴史情緒あふれるひとときを体感することができます。

3つ目は、「ふくしまの復興の姿に触れ、学ぶ旅」です。
福島県が震災で受けた痛みを知り、復興に向けた人々の歩みを知る旅です。実際に被災地を訪ね、地元の方の体験談を聞くツアー、震災の教訓を生かした「防災」「減災」の知識を学ぶツアーや、食の安全・安心に取組む農家での収穫体験など、様々なツアーが用意されています。きっと復興に立ち向かう人々の強い思いが伝わるはずです。

また、福島県では福島への旅行費用の一部を助成する「福が満開、福のしま」旅行券を平成27年8月31日から発売します。福島に旅行される際は是非、ご活用下さい。

ほかにも、福島の魅力を発見する旅はたくさんあります。未来へ向けて動き出している福島をぜひ、この機会に体験してみてください。

福島県への旅行に関するお問合せは
福島県 観光交流課
電話 024-521-7398

その他風評被害払拭に関する政府の取組みについてのお問合せは
復興庁 原子力災害復興班
電話 代表番号 03-5545-7230 へどうぞ。

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

バックナンバー

音声広報CD「明日への声」のバックナンバーページへリンクしています。各列が発行月、各行が発行年を表します。列は空欄の場合もあります。
平成30年 1月   3月     6月            
平成29年 1月   3月       7月 8月 9月   11月  
平成28年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
平成27年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
平成26年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
表の終了


ページ
トップ