メディア別の政府広報

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

音声広報CD「明日への声」

vol.46(平成27年(2015年)11月発行)

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

トラックナンバー2

(タイトル)感動を通して障害への理解を深めよう。心の輪を広げる「障害者週間」

(本文)
毎年12月3日から9日までは「障害者週間」です。期間中は、障害や障害のある方への理解と関心を深められるさまざまなイベントが全国各地で開かれます。

その中から、平成27年の障害者週間に内閣府が主催する催しをご紹介します。
初日の12月3日には、「障害者フォーラム2015」が開催されます。会場は、東京都千代田区、総理大臣官邸向かい側にある中央合同庁舎第8号館です。この障害者フォーラムは2部構成になっており、第1部では、全国の小中学校などから公募で選ばれたポスターと、体験作文の最優秀作品を表彰する式典があります。この表彰式で行われる、受賞者本人による作文の朗読は、毎回大きな感動を呼んでいます。内閣府のホームページから、朗読の音声を聞くことができます。「内閣府 障害者フォーラム」で検索してみてください。

 第2部ではシンポジウムが開催されます。今回のテーマは、平成28年4月から施行される「いよいよ施行!障害者差別解消法」です。日本盲人会連合会長で内閣府の障害者政策委員でもある竹下義樹(よしき)さんをはじめ4名のパネリストが参加し、この法律への期待や課題、また、障害者に対する差別を解決するために求められることについてディスカッションが行われます。

 12月5日と6日は、東京都中野区のコングレスクエア中野で、障害者週間「連続セミナー」が開催されます。大活字文化普及会など8つの団体が、障害者の社会参加や人格と個性を尊重し支えあう社会の実現に向け、さまざまなセミナーを行います。ほかにも、12月4日から10日は、東京メトロ銀座駅の日比谷線コンコースで、障害者週間のポスター優秀作品が展示されます。
「障害者フォーラム2015」と障害者週間「連続セミナー」への参加は、事前の申込みが必要です。詳しくは、平成27年度「心の輪を広げる障害者理解促進事業」事務局、電話03-3958-5292までお尋ねください。

また、各地で開催されるイベントの詳細は、内閣府のホームページで「平成27年度障害者週間行事一覧」と検索し、各団体などへお問合せください。

なお、内閣府のホームページでは、12月下旬にシンポジウムの様子が動画で公開される予定です。遠方の方やご都合の合わない方は、こちらでその様子を聞いてみてはいかがでしょうか。

改めてこの機会に、障害の有無にかかわらず、誰もが尊重し支えあえる社会について、シンポジウムに参加するなどして考えてみませんか。

「障害者週間」に関するお問合せは
内閣府政策統括官(共生社会政策担当)障害者施策担当
電話 03-6257-1457へどうぞ。

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

バックナンバー

音声広報CD「明日への声」のバックナンバーページへリンクしています。それぞれ発行年、発行月を表します。空欄の場合もあります。

2020年 1月                      
2019年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2018年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
表の終了