本文へ移動

ここから本文です

メディア別の政府広報

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

音声広報CD「明日への声」

vol.50(平成28年(2016年)7月発行)

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

トラックナンバー3

(タイトル)
9月5日から11日は全国一斉「高齢者・障害者の人権あんしん相談」強化週間です

(本文)
皆さんは毎日の生活の中で、差別や虐待などを受けて悩んだり、困ったりしたことはありませんか。
全国の法務局・地方法務局またはその支局には人権相談所が設けられています。様々な人権問題について、電話や面談、インターネットなどによる相談に応じています。

特に高齢者や障害者をめぐる様々な人権問題の解決を図るため、法務局では、平成28年9月5日から11日までの1週間を、全国一斉「高齢者・障害者の人権あんしん相談」強化週間として、電話相談の取組を強化します。
この間は、平日の電話相談の受付時間を延長し、午前8時30分から午後7時までとし、通常は受け付けていない土曜日・日曜日についても、午前10時から午後5時まで電話相談を受け付けます。
また、通常の電話相談は、平日の午前8時30分から午後5時15分まで受け付けています。
これまでにも様々な電話相談が寄せられ、解決したケースがたくさんありますので、その一例をご紹介します。視覚に障害がある方が、利用者の安全を確保できないことを理由にスポーツクラブへの入会を拒否されたという相談がありました。調査の結果、介添人を付けるなどすれば事故の発生を防げるにもかかわらず、入会希望者の個別事情を考慮せず、一律に入会を拒否する差別的取扱いを行ったことが認められました。そこで、施設の支配人に対して、当該行為の不当性を強く認識し、障害者の社会参加を促進するために特段の配慮をするよう諭すとともに、運営法人に対しても従業員への関係法令の周知徹底などを要請しました。

相談には、法務局職員や法務大臣から委嘱された人権擁護委員が一人ひとりの相談をよく聴いて対応します。相談は無料で、秘密は必ず守ります。
差別や虐待、嫌がらせなどで悩んだら、お気軽にお近くの法務局へ相談してください。

 人権問題についての電話相談は、「みんなの人権110番」0570-003-110へどうぞ。

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

バックナンバー

音声広報CD「明日への声」のバックナンバーページへリンクしています。各列が発行月、各行が発行年を表します。列は空欄の場合もあります。
2019年 1月   3月     6月 7月   9月      
2018年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2017年 1月   3月       7月 8月 9月   11月  
2016年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2015年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2014年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
表の終了


ページ
トップ