本文へ移動

ここから本文です

メディア別の政府広報

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

音声広報CD「明日への声」

vol.51(平成28年(2016年)9月発行)

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

トラックナンバー8

(タイトル)
薬を安全に使うために、かかりつけの薬剤師・薬局を選びましょう

(本文)
薬は病気やけがを治す助けとなるものですが、正しく使わないと、副作用を引き起こすリスクもあります。副作用とは、薬を使用して起こる発疹、かゆみ、発熱などの症状を引き起こす、望ましくない薬の作用のことです。薬を安全に、安心して使うためのポイントを紹介します。

まず大切なのは、薬を飲むタイミングや飲む量をきちんと守ることです。決められたとおりに飲まないと効果がなかったり、胃を痛めたりする場合もあります。もし飲み忘れてしまっても、絶対に2回分をまとめて飲んではいけません。薬によっては飲み方が厳しく決まっているものもありますので、医師や薬剤師の説明を十分に受けてください。
複数の薬を飲んでいる場合、薬の飲み過ぎや飲み合わせなどにより、薬の効果が十分に得られないことがあります。また、食品やサプリメントの中にも、薬と一緒に摂取しないほうがよいものがあるので注意が必要です。特に高齢の方は内臓の働きが弱くなっているため、薬が効きすぎたり、思わぬ副作用が現われたりすることがありますので、服用中の薬などがある場合は、必ず医師や薬剤師に伝えましょう。
服用中の薬や、服用後の体調変化などを伝えるのに役立つのが「お薬手帳」です。薬剤師がそれを見て、薬の重複や、飲み合わせに問題がないかなどをチェックし、使い方や注意点を説明してくれます。市販の薬を購入した場合にも、薬の情報を自分で記入しておきましょう。
厚生労働省では10月17日から23日を「薬と健康の週間」と定め、かかりつけの薬剤師・薬局を決めておくことを推奨しています。身近に相談しやすい薬剤師がいれば、いつでも気軽に相談できます。安全に、安心して薬を服用するために、ぜひ、かかりつけの薬剤師・薬局をお選びください。

・薬と健康の週間に関するお問合せは
厚生労働省 医薬・生活衛生局 総務課
電話 代表番号 03-5253-1111 へどうぞ。

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

バックナンバー

音声広報CD「明日への声」のバックナンバーページへリンクしています。各列が発行月、各行が発行年を表します。列は空欄の場合もあります。
2019年 1月   3月     6月 7月          
2018年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2017年 1月   3月       7月 8月 9月   11月  
2016年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2015年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2014年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
表の終了


ページ
トップ