本文へ移動

ここから本文です

メディア別の政府広報

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

音声広報CD「明日への声」

vol.53(平成29年(2017年)1月発行)

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

トラックナンバー7

(タイトル)
北方四島のこと、もっと知ってみませんか

(本文)
突然ですが、クイズです。「日本で一番大きな島は何という島でしょう」。
答えは「択捉島(えとろふとう)」です。択捉島は、北海道の北東に連なる北方四島の一つです。ちなみに2位は北方四島の「国後島(くなしりとう)」です。この2つの島は、沖縄本島より大きい島です。択捉島、国後島、色丹島(しこたんとう)、歯舞群島(はぼまいぐんとう)の北方四島は、我が国固有の領土でありながら、よく知らないという方が多いと思います。どのような島々なのか、簡単にご紹介しましょう。
まず、日本で最も大きな島である択捉島の面積は、沖縄本島のおよそ2.6倍で、北方四島の最北端にあり、サケやマスなどの水産資源が豊富です。「えとろふ」とはアイヌ語で「岬のあるところ」という意味です。
次に国後島は、北方四島の最高峰で、標高1772メートルの爺爺岳(ちゃちゃだけ)がある火山島で、十数か所の温泉が湧きだしています。名前の由来はアイヌ語で「草の島」です。
色丹島は、島全体が緑に覆われた丘陵が連なる高山植物の宝庫で、名前の由来はアイヌ語の「大きな集落のある地」です。
歯舞群島のうち、北海道に最も近い貝殻島(かいがらじま)は、根室半島の納沙布岬(のさっぷみさき)から3.7キロメートルの距離にあります。歯舞群島の各島は笹が生い茂る緩やかな丘陵地で、「はぼまい」の由来はアイヌ語の「流氷のある島」です。
北方四島は北海道から非常に近い位置にあり、豊かな自然に恵まれて、ヒグマやキツネ、イタチのほか、アザラシやトド、クジラ、イルカ、ラッコなどの動物や、シマフクロウ、エトピリカなどの珍しい鳥が生息しています。また、四島の周囲の海は水産資源に恵まれた漁場でもあります。

北方四島は、江戸時代から日本人が開拓してきた、いまだかつて、一度も外国の領土になったことのない、我が国固有の領土です。
しかし、現在、日本人は一人も住んでいません。日本がポツダム宣言を受諾した直後の昭和20年8月、ソ連軍によって突如攻め入られたのです。当時、北方四島には1万7千人以上の日本人が住んでいましたが、そのおよそ半数が自らの力で脱出し、それ以外の島民は強制退去させられたのです。以来、ソ連が崩壊しロシアとなった現在も法的根拠のないままに占拠は続いています。
政府は北方領土返還に向けてロシアと粘り強く外交交渉を続けていますが、そうした外交交渉を後押しするためには、幅広い国民世論を結集していくことが必要です。そこで、北方領土問題に関する国民の理解と関心を深め、北方領土返還要求運動の全国的な盛り上がりを図るため、毎年2月と8月を「北方領土返還運動全国強調月間」として、そして2月7日を「北方領土の日」として、全国各地で様々な広報活動が展開されています。
平成29年は、2月7日に東京都内で「北方領土返還要求全国大会」が開催されるほか、2月の強調月間では、全国各地で北方領土に関する講演会やパネル展など様々なイベントが開催される予定です。

自分には縁のない話と思っていた北方領土問題も、それぞれの島の自然や歴史などを知るとより身近に感じられるのではないでしょうか。北方領土問題を解決するためには、国民一人ひとりが北方四島に関心を持つことが何よりも大切です。皆さんもこの機会にイベントに参加してもっと北方四島のことを知り、1日も早く返還されるように行動を起こしてみませんか。

・北方領土問題や全国各地で行われる北方領土関連イベントに関するお問合せは
内閣府 北方対策本部
電話 代表番号 03-5253-2111 へどうぞ。

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

バックナンバー

音声広報CD「明日への声」のバックナンバーページへリンクしています。各列が発行月、各行が発行年を表します。列は空欄の場合もあります。
2019年 1月   3月     6月 7月   9月      
2018年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2017年 1月   3月       7月 8月 9月   11月  
2016年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2015年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2014年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
表の終了


ページ
トップ