本文へ移動

ここから本文です

メディア別の政府広報

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

音声広報CD「明日への声」

vol.56(平成29年(2017年)8月発行)

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

トラックナンバー2

(タイトル)
「国民文化祭・なら2017」と「全国障害者芸術・文化祭なら大会」が一体開催。
障害のある人もない人も、共に文化に親しもう

(本文)
 国内最大級の文化の祭典、「国民文化祭」と「全国障害者芸術・文化祭」が、今回初めて一体開催されることになりました。開催期間は、9月1日から11月30日までの3カ月間、奈良県内の全39市町村で開催されます。

 「国民文化祭」とは、民俗芸能や音楽、演劇や美術などの文化活動を行っている人々が、成果を発表し、交流することで文化活動への参加の機運を高め、新しい芸術文化の創造を促進し、地方文化の発展に寄与することを目的として、昭和61年から毎年開催されています。
 「全国障害者芸術・文化祭」は、障害のある人の芸術及び文化活動への参加を通して生きがいや自信を創出すると同時に、障害に対する理解と認識を深めるため、平成13年から毎年開催されているものです。

 今回のテーマは、歴史と文化の豊かな蓄積を誇る日本文化のはじまりの地・奈良での開催にちなみ、「日本文化の源流を探る」、「文化の今を楽しむ」、「文化芸術立国の礎を築く」です。また、「全国障害者芸術・文化祭」も一体開催されることから「障害のある人とない人の絆を強く」もテーマとなっています。

 期間中は、東大寺大仏殿前で行われる開会式を皮切りに、さまざまなイベントが開催されます。シンポジウムや国際交流事業、障害者交流事業、そして地域に伝わる伝統芸能イベントを含む数々のフェスティバルが行われますが、その中からいくつかをご紹介しましょう。

 まずは、奈良らしく神社やお寺を会場としたイベントです。
 橿原(かしはら)市にある橿原神宮境内では、10月8日に「橿原神宮吹奏楽大合奏大会」が行われます。全国から公募した中高生を中心とした楽団による吹奏楽の大合奏が催されます。
 また東大寺では、「ビッグ幡(ばん)プロジェクト」が開催されます。ビッグ幡の幡とは、東大寺の法要などに使われる旗のことで、全国の障害のある人から公募した絵画がデザインされた幡が境内にずらりと掲げられます。期間は、9月1日から3日、及び11月23日から30日です。

 「体感する奈良!“心(しん)”感覚展」と題した展覧会も興味深いものがあります。心に感覚と書いて「しんかんかく」と読ませるこのイベントは、「見るだけの鑑賞」では味わえない、触覚はもちろん、聴覚、嗅覚など全身の感覚で奈良の魅力を味わうもので、障害のある人もない人も楽しめるものです。9月24日から10月2日は大淀町(おおよどちょう)で、10月6日から15日は奈良市で開催されます。

 囲碁に興味のある方は、11月17日から19日に奈良市において開催する「世界ハンディキャップIGO選手権」に参加してみませんか。19日には、立体的な専用碁盤を用いた「ハンディキャップ親善囲碁大会」も行われます。参加のお申し込みは9月1日から開始されますので、ぜひご応募ください。

 躍動的なステージなら11月3日に行われる車いすダンスパフォーマンスがおすすめです。公募によって選ばれた、約40名が参加し、障害のある人とない人がともに大演舞を繰り広げます。

 さて、皆さんの気になるイベントはありましたか。
 詳細は公式ホームページで紹介しています。また、祭典に関する「案内チラシ」はすべてに音声コードが添付される予定で、奈良県内の市町村役場や文化施設に設置されます。遠方の方は、事務局に連絡をすると郵送してもらうことも可能です。

 現地では、障害者交流事業で配布する資料は点字版も用意され、障害の種別に応じたサポートを行うなど、誰もが楽しめるようさまざまな配慮がなされます。
 ぜひ、古都・奈良で発信される新しい文化の交流を、直に感じてみてはいかがでしょうか。

第32回国民文化祭および第17回全国障害者芸術・文化祭に関するお問い合わせは、
実行委員会事務局
電話 070-2287-3419 へどうぞ。

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

バックナンバー

音声広報CD「明日への声」のバックナンバーページへリンクしています。各列が発行月、各行が発行年を表します。列は空欄の場合もあります。
2019年 1月   3月     6月 7月          
2018年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2017年 1月   3月       7月 8月 9月   11月  
2016年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2015年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
2014年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
表の終了


ページ
トップ