本文へ移動

ここから本文です

メディア別の政府広報

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

音声広報CD「明日への声」

vol.57(平成29年9月発行)

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

トラックナンバー6

(タイトル)
小倉百人一首を楽しむ

(イントロダクション)
このコーナーでは、かるたとして古くから親しまれ、学校の教材としても使われることが多い「小倉百人一首」について、毎回2首ご紹介しています。
「小倉百人一首」は、鎌倉時代の歌人、藤原定家によってまとめられた歌集で、飛鳥時代後期から鎌倉時代初期、7世紀から13世紀までの100人の有名な歌人の歌が一首ずつ選ばれています。そこには、美しい日本の四季、人の喜びや悲しみ、恋する気持ちなどが歌われています。

(本文)
今回は、人の世のはかなさを詠んだ歌を紹介します。

まずは、小野小町です。日本を代表する美女として伝説の人です。

はなのいろは うつりにけりな いたづらに
わがみよにふる ながめせしまに

花の色は うつりにけりな いたづらに
わが身世にふる ながめせしまに

この歌は、「桜の花はすっかり色あせてしまった。むなしく、もの思いにふけっていた長雨の間に、私の美貌も桜の花と同じように衰えてしまった」という意味です。「いたづらに」とは、「むなしい」という意味です。
小野小町は六歌仙の一人で、多くの優れた歌を残していますが、その生涯ははっきりとしていません。この歌は、頼るべき後ろ盾のない女性が、わが身の行く末をぼんやりと案じているうちに、中年に差し掛かってしまったということでしょう。人生を季節になぞらえ、若く輝く季節を春として、その終わりを実感した嘆きが感じられます。
わかりやすい歌ですが、技巧的にも優れているとして評価の高い歌です。「わが身世にふる」の「ふる」は、雨が「降る」と「時を経る」の掛詞です。また、「ながめせしまに」は「長雨」と、もの思いにふけりながら見つめるという意味の「眺め」を掛けています。
それでは、もう一度聞いてみましょう。

はなのいろは うつりにけりな いたづらに
わがみよにふる ながめせしまに

続いては、鎌倉右大臣の歌です。鎌倉右大臣は源頼朝の息子で、鎌倉幕府3代目の将軍・源実朝のことです。

よのなかは つねにもがもな なぎさこぐ
あまのおぶねの つなでかなしも

世の中は 常にもがもな 渚こぐ
あまの小舟の 綱手かなしも

 この歌は、「世の中よ、どうか変わらずにいてほしい。海辺を漕ぐ漁師の小舟が、引き網で引かれている様子は、しみじみと心動かされるいい眺めだ」という意味です。「かなし」には、「悲しい」とともに、「愛しい」という意味も含まれます。
鎌倉右大臣は、8歳で父・頼朝を亡くし、後を継いだ兄・頼家とその子・一幡が暗殺されると12歳で征夷大将軍に即位します。当時は権力争いが激しく、自身が病弱であったこともあり、鎌倉右大臣の心は憂鬱に支配されがちでした。そんなとき、輝く海辺、漁師の掛け声などの生命力あふれる風景に出会い、素朴な庶民生活を愛しく思ったのでしょう。その反面、それが永遠ではないと知っている悲しみも、歌ににじみでています。

それでは、もう一度聞いてみましょう。

よのなかは つねにもがもな なぎさこぐ
あまのおぶねの つなでかなしも

(エンディング)
いかがでしたか? 私たちは幸福を感じたとき、不可能であることを知っていながら、「この時間、この瞬間がずっと続いてほしい」と願わずにはいられません。それは1000年前の人たちも同じでした。秋の訪れを感じる今日この頃、人の世の無常と、だからこそ愛しい人生の輝きに思いを馳せてみませんか。

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

バックナンバー

音声広報CD「明日への声」のバックナンバーページへリンクしています。各列が発行月、各行が発行年を表します。列は空欄の場合もあります。
平成29年 1月   3月       7月 8月 9月   11月  
平成28年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
平成27年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
平成26年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
表の終了


ページ
トップ