本文へ移動

ここから本文です

メディア別の政府広報

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

音声広報CD「明日への声」

vol60(平成30年3月発行)

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

トラックナンバー11

(タイトル)
楽器でめぐる世界の音楽

(イントロダクション)

 世界各地には、その土地や地域で大切に育まれてきた音楽があります。その独特な音色や旋律は、代々そこで伝承される楽器などによって伝えられてきました。このコーナーでは、世界各地で受け継がれている楽器を取り上げて、その音色や特徴を、演奏曲と共にご紹介します。世界各地の町や村に降り立った気分で、楽しみながらお聞きください。

(本文)

 今回ご紹介する楽器は、オカリナです。

 オカリナは粘土や木などで出来た笛で、イタリア語で「小さなガチョウ」という意味を持ちます。正確な名前の由来はわかりませんが、一説に寄ると、吹き口がガチョウのくちばしの穴に似ている、あるいは楽器の形がガチョウの頭に似ているとも言われています。
 オカリナの指穴は6個から18個と幅があり、形状もさつまいものような形から、丸いもの、四角いものまでさまざま作られています。リコーダーと同じように、吹き口の下の方に息が抜ける穴が空いていて、吹き込む息の強さによって音程を変化させることが出来ます。息を強めると音程が高く、弱めると低くなり、強弱によって音域を調整します。オカリナは、つぼ状の容器内の空気を共鳴させて音を出していますが、その容器の管が閉じた状態になっているため、独特で魅力のある音色を奏でます。

 それでは、実際にオカリナの音を聞いてみましょう。まるで深い森の中で鳥たちが歌っているような、高音と低音を交互に繰り広げた演奏です。

♪(音楽1 低音と高音を奏でる曲 1:42 )

 オカリナの起源は諸説ありますが、粘土でできた笛は、6000年前の古代中国や弥生時代の日本、メソポタミヤ文明、南米でも発見されています。昔は神様をまつる儀式で使われていました。1860年頃に北イタリアのブドリオという町の菓子職人、ジュゼッペ・ドナティの手によって改良され、西洋の音階を演奏できるようになり、現在のオカリナの形になりました。20世紀に入り、日本人の明田川(あけたがわ)孝(たかし)という彫刻家兼音楽研究家の手によって音域を広げ、音質を改良することで、世界中で愛される楽器へと広まっていったと言われています。

 朗らかで温かい音色が人気のオカリナですが、演奏法や組み合わせる楽器によって、さまざまな表現ができるのも魅力のひとつです。
 それでは、オカリナのメロディに弦楽器の伴奏をつけて、悠久の時を超え、大地にこだまする哀愁を帯びた曲をお聴きください。

♪(音楽2 ストリングスと共に哀愁のある音色 全尺1:45)

 2003年の5月には、北イタリアのブドリオにおいて、「オカリナ生誕150年記念オカリナフェスティバル」が行われました。そのあと現在に至るまで、毎年オカリナの愛好家たちが世界中から集い、オカリナの演奏や音色を楽しんでいます。

 それではもう1曲、オカリナらしい素朴な音色をお聴きください。どこか愛嬌があるような、ほのぼのとした曲です。

♪(音楽3 口ずさむような素朴な曲 1:01)

(エンディング)

 オカリナの特徴は、何といっても誰もが簡単に演奏できることです。手に持ちやすく、音も出しやすいので愛好家が多いのでしょう。日本にもオカリナの専門店がありますので、一度手にとって、演奏してみてはいかがでしょうか。

 それでは、現代風にアレンジされたオカリナの演奏をお聞きください。また違ったオカリナの魅力も感じられます。

♪(音楽4 現代風にアレンジしたオカリナの演奏 ab142-04  1:55)

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

バックナンバー

音声広報CD「明日への声」のバックナンバーページへリンクしています。各列が発行月、各行が発行年を表します。列は空欄の場合もあります。
平成30年 1月   3月     6月 7月   9月      
平成29年 1月   3月       7月 8月 9月   11月  
平成28年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
平成27年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
平成26年 1月   3月     6月 7月   9月   11月  
表の終了


ページ
トップ