本文へ移動

ここから本文です

メディア別の政府広報

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

音声広報CD「明日への声」

vol73(令和2年(2020年)6月発行)

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

トラックナンバー2

(タイトル:女性)
マイナンバーカードが保険証として使えるようになります!

(イントロダクション:女性)

皆さんは、マイナンバーカードをお持ちですか?マイナンバーカードは、マイナンバーが記載された顔写真付きのカードです。住民票などの証明書をコンビニで取得できたり、公的な本人確認書類として利用できるほか、オンラインの確定申告では、マイナンバーカードを利用することで、e-Taxの利用者識別番号と暗証番号の入力が不要になるなど、便利な機能がたくさんあります。
このマイナンバーカードが2021年3月から、保険証として使うことができるようになります。このコーナーでは、マイナンバーカードを保険証として使う際の疑問についてお答えしていきます。

(本文:Q.女性/A.男性)

Q.いつからマイナンバーカードを保険証として使えるようになりますか?

A.健康保険証としては、2021年3月からカードリーダーが設置されている
医療機関・薬局で利用可能となります。

Q.私が普段通っているかかりつけ医でも、マイナンバーカードでの対応が可能になるのでしょうか?

A.2021年3月の利用開始予定時は、全国の医療機関や薬局の6割程度、スタートから2年後の2023年3月末には、おおむね全ての医療機関や薬局での導入を目指しています。健康保険証として使える医療機関や薬局には、ポスターやステッカーを掲示する予定です。

Q.マイナンバーカードを保険証として利用するためには、何か手続きが必要となるのでしょうか?

A.はい。利用の際には事前登録が必要となります。2020年度はじめから、政府が運営するオンラインサービスであるマイナポータルから登録申し込みができるように
なります。準備が出来次第、マイナポータルに掲載します。

Q.マイナンバーカードを保険証として使うとどんなことが便利になりますか?

A.マイナンバーカードを保険証として利用出来るようにしておくと、就職や転職、
引っ越しなどで、加入している健康保険組合が替わり、保険証の切り替えが必要な場合でも、ちゃんと届出をしていれば、新しい保険証の発行を待たずに受診をすることができます。また、マイナンバーカードをカードリーダーにかざすだけなので受付の手続きがよりスムーズに行えます。

Q.その他には、どのようなメリットがありますか?

A.まだまだありますよ。システムを導入している医療機関・薬局では、高額療養費の限度額適用認定証などの書類の持参が不要になります。その他にも、本人が同意すれば、薬剤情報や特定健診情報を、医師等の有資格者が確認できるようになり、
より多くの情報をもとに診療や服薬管理をしてくれるようになります。この情報は、ご自身でもマイナポータルから確認できますよ。

Q.医療費に関しても確認はできますか?

A.はい。マイナポータルを活用して、ご自身の医療費情報も確認できるようになります。確定申告でも、マイナポータルを通じて医療費情報を取得し、医療機関等の領収書がなくても手続ができるようになります。

Q.マイナンバーカードは個人情報を管理する大事なものなので、持ち歩くのは少し心配です。

A.カードが健康保険証として使えるようになっても、受診歴や薬剤情報など、プライバシー性の高い情報がカードのICチップに入ることはありません。万が一、
紛失などした場合は、マイナンバー総合フリーダイヤルで、24時間365日体制で
カードの一時利用停止を受け付けています。

Q.保険証を利用する時と同じように、医療機関・薬局の受付でマイナンバーカードを預けるのですか?

A.マイナンバーカードを預ける必要はありません。
顔認証付きカードリーダーの場合は本人がカードリーダーに置く、汎用カードリーダーの場合は、本人がカードリーダーにかざすとともに窓口職員が目視でマイナンバーカードの写真と本人が一致しているかを確認します。

Q.マイナンバーを自分以外の人に見られても大丈夫なのでしょうか?

A.医療機関や薬局の窓口では、マイナンバーカードICチップ内の情報を利用するので、12桁のマイナンバーを取り扱うことはありません。もし誰かにカードの裏面に記載されているマイナンバーを見られたとしても、ご本人以外の方がマイナンバーを使って何か手続することはできない仕組みになっていますので、安心して
ご利用下さい。

(エンディング:女性)

安全で便利な機能がたくさんあるので、積極的に活用していきたいですね。
厚生労働省のホームページでも、マイナンバーカードの保険証利用について詳しく
ご案内しています。「マイナンバーカード 保険証」で検索してみてください。
マイナンバーカードに関するお問い合わせは、マイナンバー総合フリーダイヤル
0120-95-0178へどうぞ。マイナンバーカードはこれから、ますます便利になります。ぜひお早めのお申し込みと、お知り合いへのご案内をよろしくお願いします。

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

ページトップ
に戻る