本文へ移動

ここから本文です

メディア別の政府広報

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

音声広報CD「明日への声」

vol77(令和3年(2021年)1月発行)

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

トラックナンバー2

(タイトル:女性)
新型コロナウイルス感染症に便乗した違法な貸付けにご注意を!

(イントロダクション)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で仕事を失ったり、収入が激減するなどの影響が出ていることに便乗した違法な貸付けが広がりを見せています。
特に、SNSやインターネットの掲示板などを通じて、見知らぬ人同士が金銭の貸し借りをする「個人間融資」や、給与の債権を売れば金銭を受け取れるなどと宣伝する「給与ファクタリング」という手法によるトラブルが増えています。
違法な貸付けの被害に遭うことのないよう、その手口や法令違反の内容、具体的被害事例を確認しておきましょう。

(本文:Q.女性/A.男性)

Q.SNSやインターネットの掲示板などを通じた「個人間融資」は、どのように勧誘されるのでしょうか?

A.SNSで、検索にヒットしやすくするためのハッシュタグと呼ばれる#記号を付けて「#個人間融資」や「#お金貸します」といった内容の書込みで勧誘しています。また、インターネットの掲示板で「お金貸します」といったタイトルで書込みを行い、勧誘しているものもあります。

Q.個人がお金を貸す場合でも違法な貸付けにあたるのですか?

A.個人がお金を貸す場合であっても、貸金業法の規定に抵触する場合があります。まず、繰り返し金銭の貸付けを行うことは、貸金業法上の「貸金業」に該当し、貸金業登録が必要となります。また、不特定多数が閲覧できるSNS等で「お金貸します」などと書き込んで契約の締結を勧めることは、貸金業法で規制されている「貸金業を営む目的をもって、貸付けの契約の締結について勧誘をすること」に該当するおそれがあります。
これらの貸金業の無登録営業及び無登録業者による勧誘は、いずれも刑事罰の対象となります。個人であっても、貸金業の無登録営業は「ヤミ金融」となります。

Q.借りる側はもちろんですが、貸す側も注意が必要ですね。個人間融資では、どのようなトラブルが発生しているのですか?

A.個人間融資では、個人であることをうたったヤミ金融業者により違法な高金利での貸付けが行われるほか、個人情報が悪用されるなどして、犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険性があります。実際に、免許証や勤め先など、個人情報がSNSで拡散される…といった被害も起きています。

Q.もうひとつの「給与ファクタリング」はどのような手口なのですか?

A.個人が勤務先から受け取る給与を買い取ることをうたって、手数料を引いたお金を渡し、給与の支払日などに、手数料を含めた金額を個人から回収するというものです。このような給与ファクタリングを営むには貸金業登録が必要です。
貸金業登録を受けずに給与ファクタリングを営む者は違法なヤミ金融業者です。

Q.「給与ファクタリング」の仕組みは、給与の前借りをするような、気軽な感じにも受け取れますが、利用してしまうとどうなりますか。

A.給与ファクタリングでは、ヤミ金融業者により、年率に換算すると数百%にもなる手数料を支払わされたり、大声での恫喝や勤務先への連絡といった悪質な取立ての被害を受けたりするおそれがあります。また、高額な手数料を支払わされることにより、本来受け取る給与よりも少ない金額しか受け取れなくなるため、経済的生活がかえって悪化し、生活が破綻するおそれもあります。ヤミ金融業者を絶対に利用しないで下さい。

Q.万が一、怪しいところでお金を借りてしまった、トラブルに巻き込まれてしまった……という場合は、どうしたらよいですか?

A.少しでも不審に思ったら、全国統一の警察相談専用電話「#9110」や、金融庁金融サービス利用者相談室(0570-016811(IP電話からは03-5251-6811))、または、消費生活センター(188)に情報提供・相談をお願いいたします。お困りの際は、迷わずに相談窓口にご連絡下さい。

Q.生活費や金銭面での相談をしたい場合は、どこに相談すれば良いですか?

A.生活資金にお困りの方には、公的貸付制度がありますので、市区町村の社会福祉協議会にご相談ください。

(エンディング:女性)

個人間融資や給与ファクタリングでの貸付金額は、数万円など小口のものが多いと考えられますが、繰り返し利用してしまうなどにより、業者に支払う金額が雪だるま式にあっという間に膨れ上がるおそれがあります。そして、業者に支払うことができず、さらに別の違法な貸付けの利用を繰り返してしまうと、悪循環に陥ってしまいます。ヤミ金融業者からは絶対に借入れをしないで下さい。

音声広報CD「明日への声」のHTML版をトラックナンバーごとにご覧いただけます。こちらから移動できます。
前のトラックへ 目次へ 次のトラックへ

ページトップ
に戻る