メディア別の政府広報

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

ラジオ番組

令和2年(2020年)9月20日・9月21日放送

柴田阿弥とオテンキのりのジャパン5.0

ガスを正しく安全に!(文字で読む)

ゲスト
  • 経済産業省
    商務情報政策局産業保安グループ ガス安全室長
    月舘 実
柴田
これから秋や冬になっていくとガスを使う機会も増えると思いますが、ガス機器を安全に使うために私たちの日常生活では何が必要ですか?
月舘
ガスコンロや小型湯沸器、ガスファンヒーターなどのガス機器を安全にご利用いただくために、一番大切なことは換気です。のりさん、なぜ換気が必要かご存じですか?
のり
ええ!?換気がなぜ必要か…。なぜかって言われたら難しいですけど、ガスが充満しちゃうといけないぞ、みたいなことですか?
柴田
私は、においを防ぐために換気しているんですけど…。 月舘さん、なぜですか?
月舘
経済産業省がアンケート調査した結果、換気を行う理由については「室内のにおいを取るため」とか、「室内に湿気や湯気がこもるのを防ぐため」といった回答が多かったんです。
月舘
換気の最も大切な理由は、「不完全燃焼を防ぐため」です。ガスが燃えるためには酸素が必要なので、屋内でガス機器を使う時は換気扇を回す、あるいは窓を開けてください。酸素が不足した状態でガスが燃焼すると不完全燃焼になり、有毒な一酸化炭素が発生して中毒となるおそれがあります。
のり
ガス機器と換気扇はセットで使うイメージがありましたけど、換気扇を使わないという人もいるんですかね。
月舘
そうですね、換気扇を回さないで「室内に空気清浄機があるから大丈夫」という人もいます。しかし空気清浄機では換気はできないんです。
のり
換気扇を使えば結果的ににおいが消えますけど、本来の目的は“一酸化炭素中毒の防止”なんですね。
月舘
はい、今日のポイントなので是非覚えて欲しいです。 屋内で小型湯沸器の使用中に換気扇を回さなかったことによって、一酸化炭素中毒の事故も起きています。
のり
やっぱり、ガス機器の使用と換気扇はセットなんですね。
月舘
はい。日本の伝統的な木造建築は風が抜けやすい構造であったり、通気口や小窓があったりなど、自然と換気ができる環境でしたが、最近のマンションなどは屋内の気密性が高いので、ガス機器と換気扇はセットで使用してください。
のり
わかりました。
月舘
また、ガス機器の経年劣化にもご注意いただきたいです。
柴田
経年劣化ってなんですか?
月舘
ガス機器は、古くなると部品が劣化して、火災や事故につながるおそれがあります。また、古いガス機器には、安全装置が付いていないことが多いんです。
柴田
安全装置が付いていれば、火災や事故を防げる可能性が高いということですか?
月舘
はい。安全装置のないガスコンロを使って、鍋で天ぷら油を加熱、放置してしまったところ、出火して大規模火災につながった例があります。鍋底の温度の異常な上昇を感知して、自動的に火を止めたり弱めたりする安全装置が付いていれば、事故を防げたかも知れません。
柴田
安全装置はそういう時に役に立つんですね。うちのガスコンロもつけっぱなしにしていると、“ピー”という音がします。
月舘
そういう警告音が出るのも事故を防ぐのにつながりますね。リスナーの皆さまにも、万が一に備え、安全装置の付いたガス機器への交換をお勧めします。また、ガスコンロを使用しているときには、安全装置が付いていても絶対に目を離したり、その場から離れたりすることがないようにしてください。
のり
ガスコンロとか湯沸器は、頻繁に取り替えるものではないので、結構長く使っている方も多いと思うんですけど、何年くらいが取り替える目安になるんですか?
月舘
10年くらいが目安と言われています。10年未満であっても、ガス機器の使用中に異常を感じたら、ガス会社もしくはガス機器メーカーに連絡してください。特にガス臭いとか警報器が鳴ったりした時は、すぐにガス会社へ連絡してください。
柴田
他に気を付けることはありますか?
月舘
コンロなどのバーナー部分が、使っている時に煮こぼれして詰まるということがあります。こういうことになると、正常に燃焼せず思わぬ事故につながることがあります。使用の前にバーナー部分の詰まりを確認していただいて、必要に応じて掃除をして適切に使っていいただければと思います。また、掃除で取り外した部品は、正しい位置に取り付けてください。
のり
掃除が大事なんですね。
月舘
掃除については、ガス機器の取扱説明書をご覧になった上で、正しく行っていただきたいと思います。
のり
年末になったら大掃除もありますし、いつもやらない部分まで掃除すると思うんですけど、その際に注意することはありますか?
月舘
ガスコンロを掃除するために、ガス栓から接続具を抜くこともあると思います。戻す際、正しく接続しないとガス漏れや火災の原因になりますので、注意してください。また、ガスコンロやガス栓は、種類によって接続する口の形状やサイズが違いますので、新しい接続具に交換する際などにはご注意ください。
柴田
はい。わかりました。
月舘
また、ガス機器が接続されていないガス栓を間違って開けると、そこからガスが漏れてしまう場合があり危険です。ガスが漏れた状態でコンロの点火操作を行い、火災が発生したケースもあります。
のり
これも気を付けなきゃいけないですね。
月舘
ガス機器が接続されていないガス栓は閉めてください。また、ガス栓の誤った開放を防止するために、キャップや栓が回らないようにする装置がありますので、それを付けて使うようにしていただきたいと思います。
柴田
わかりました。忘れずに実行しましょう。
月舘
さらに、ガス警報器や一酸化炭素警報器を取り付けることも、命を守ることにつながります。ガス漏れや不完全燃焼による一酸化炭素の発生を、ランプと音で教えてくれます。ガスと一酸化炭素の一体警報器もありますので、ガス会社やガス販売店に問い合わせてみてください。
月舘
都市ガス、LPガスにはにおいが付けられていますので、漏れは鼻で感知することができますが、一方、一酸化炭素はにおいがないんです。そのため、警報機が付いていると非常に良いと思います。これは家庭に限らず、飲食店でもご活用することをお勧めしたいと思います。
のり
そうですよね。大勢の人が利用しますからね。
柴田
今回のお話を伺って、ガスを正しく使うように気を付けたいと思いました。安全なガスの使い方について、もっと詳しく知りたいときに参考になるサイトはありますか?
月舘
是非、「我須野さん」の特設サイトを見ていただきたいと思います。
柴田・のり
え?「ガスノさん」???
月舘
経済産業省のガス安全広報キャラクター「我須野さん」一家です。我々の「我」という字に、横須賀の「須」、そして野原の「野」で、「我須野さん」ファミリーです。
のり
「我須野さん」ファミリー、紹介していただくことは可能ですか?
月舘
はい。お父さんの「守さん」、それからお母さんの「清美さん」、息子の「正くん」、そしてネコの「ニャーガス」です。
月舘
特設サイトにある素材は、使用ルールを守っていただければダウンロードして自由にお使いいただけます。ガスの安全な利用について広めていただけたら幸いです。特設サイトは、漢字でもひらがなでも構いません、「我須野さん」、「ガス安全」の2つのキーワードで検索できます。
柴田
「我須野さん ガス安全」で検索してみてください。
柴田
最後に月舘さんからお伝えしたいことはありますか?
月舘
7月30日に、福島県でLPガスの漏えいが原因と思われる爆発事故がありました。亡くなられた方に哀悼の意を捧げるとともに、被災された方々に対し心よりお見舞い申し上げます。ガスの爆発事故を防ぐため、飲食店等の皆さまで、休業などによりガスを長期間使用しない方、長期間使用していないガスの使用再開を考えている方は、ガス会社に連絡するようお願いします。また、リフォームなど工事を行う際にも、事前にガス会社に連絡をお願いします。

バックナンバー

2020年       4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月