本文へ移動

ここから本文です

メディア別の政府広報

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

ラジオ番組

令和3年(2021年)1月17日・1月18日放送

柴田阿弥とオテンキのりのジャパン5.0

知ってほしい!困ったときに頼れる存在、行政相談委員(文字で読む)

ゲスト
  • 公益社団法人全国行政相談委員連合協議会
    会長
    小野 勝久
柴田
今日のゲストは、全国行政相談委員連合協議会会長の小野勝久さんです。
柴田
小野さんは行政相談委員として、長年、地域の皆さんから様々な相談を受けて、改善につなげてきたとお聞きしています。
小野
行政相談委員を任されて、もう28年になります。
柴田
行政相談委員はどのようなことをされているのですか?
小野
行政相談委員は、国の行政全般に関する苦情や相談を受け付ける、総務大臣からお願いされた民間のボランティアです。皆さんの相談相手として、各市区町村に1人以上、全国ではおよそ5,000人の方がいます。ちなみに私は茨城県日立市を担当しています。
柴田
私が住んでいる自治体にも、いらっしゃるのですね。
小野
行政相談委員は、各市区町村の役場や公民館など、皆さんの街の身近な場所で、定期的に相談所を設け、相談を受け付けています。皆さんのお住まいの自治体の広報紙などに、毎月の行政相談の日程が載っていますので、是非お確かめください。
のり
受け付けた相談は、どうするのでしょうか?
小野
まず、相談に来た方からじっくりとお話を伺い、その上で問題解決に向けたアドバイスをしたり、どこに相談すればよいか窓口をお教えしたり、あるいは、すぐに解決できない問題であれば、関係機関に対して改善の申入れなどをするということもあります。
柴田
行政相談委員は国民と行政をつなぐ懸け橋の役割を担っているのですね。
小野
そのとおりです。
柴田
どのような方々が、行政相談委員として活躍されているのでしょうか?
小野
学校の先生だった方、主婦、弁護士、医者など様々いらっしゃいます。やはり長年その地域で暮らしていて、地域の皆さんのために活躍されている方、地元のことをよく知っている方が務めています。平均年齢は少し高めの68.9歳ですが、街のあちこちで広報活動をするなど、積極的に活動されています。
柴田
小野さんは本業もお持ちなのですか?
小野
普段は茨城県の高校の理事長をしています。行政相談委員は無報酬、つまりボランティアで活動しますので、本業のある方も多いです。
のり
本業の仕事をしながら、ボランティアで行政相談委員として両立させるのも大変なことですね。
小野
昨年秋には、全国のおよそ80か所で、行政相談委員制度の60年を振り返るパネル展を開催しました。今後も行政相談委員の活動をたくさん紹介していきますので、関心を持っていただけると大変うれしいです。
柴田
具体的に、これまでどのような相談が行政相談委員に寄せられ、改善してきたのでしょうか?
小野
身近な例では、「近所のコンビニにあった公衆電話が、コンビニの移転によって撤去された。災害時の連絡手段の確保として、元の場所の近くに公衆電話を設置してほしい」という相談がありました。
のり
東日本大震災のときは、携帯電話よりも公衆電話から掛けた方が、つながりやすかったという話もありました。
小野
この件で相談を受けた行政相談委員は、総務省の行政相談センター、これは各都道府県にあって、愛称は「きくみみ」と言いますが、そこに連絡し、そこからNTT東日本に通知した結果、いち早く公衆電話が設置されました。
柴田
行政相談委員は、今のお話にあったような関係機関への要望だけではなく、総務大臣に直接意見を述べることができる存在なのですよね?
小野
行政相談委員法に基づいて、総務大臣に対して意見を述べることができるとされています。例えば、選挙の期日前投票の期間が統一されたことも、行政相談委員が総務大臣に意見を述べて改善された事例です。
のり
災害が起きたときは、行政相談委員の活動も大変ではないですか?
小野
そうですね。特に東日本大震災で津波が押し寄せた南三陸町などでは、行政相談委員が、自分の避難先の避難所で相談に応じていたと聞いています。例えば、住民から「自動車が使えないから、自転車が欲しい」というような声を受けた行政相談委員は、隣の町役場に自転車を借りに行き、確保したそうです。
柴田
すごい行動力ですね。
小野
また、これまでにも、2016年の熊本地震、2018年の7月豪雨、2019年の台風19号のときなどは、総務省が自治体や行政相談委員と協力して「特別行政相談所」を設け、被災者からの様々な相談に応じました。
柴田
行政に何か相談したいことがある方は、どちらに相談すればよろしいですか?
小野
お近くの市役所などで開かれている定例相談所や、総務省が全国50か所に設置している行政相談センター「きくみみ」で、相談できます。平仮名で「きくみみ」と検索していただくと、情報が得られます。是非ご利用ください。
柴田
電話でも相談できますか?
小野
電話番号は、0570-090-110です。「おこまりなら まるまる くじょー ひゃくとうばん」と覚えてください。暮らしの中で、何か困ったらことがあった場合は、まずはご相談ください。
柴田
最後に、小野さんからお伝えしたいことはありますか?
小野
まず全国の行政相談委員の皆さん、コロナ禍で、十分に活動できず、悔しい思いがあるかと思います。しかし、災い転じて福となるようなこともありますので、新たな発想や熱い思いを大切に、健康には十分に気を付けながら一緒に頑張っていきましょう。全国行政相談委員連合協議会も全力で応援します。そして、行政相談委員は、これからも、どんなときも、皆さんに寄り添って、相談に応じたいと思っております。お困りの事がありましたら、是非、行政相談委員に相談をお寄せください。

バックナンバー

令和3年
(2021年):
令和2年
(2020年):

ページトップ
に戻る