このページの本文へ移動

C型肝炎感染被害に係る肝炎検査の受診勧奨と給付金制度(CM)

1994年頃までに、出産や手術で大量出血などをした方へ、大切なお知らせです。
大量出血などをした方は、フィブリノゲン製剤など「血液からつくられた医薬品」の使用により、C型肝炎ウイルスに感染した可能性があります。
まずは保健所などで「肝炎ウイルス検査」を受けてください。

厚生労働省は、ウイルスに感染された方々との間で、和解を進めています。
国を相手に裁判を起こし、その事実などが確認できれば、和解のうえで、給付金を受けることができます。
なお、給付金を受けるためには
2023年1月16日までに、裁判を起こす必要があります。

詳しくは、「厚生労働省 大量出血した方へ」で検索を。

明日のくらしをわかりやすく
♪ 政府広報 ♪

ストリーミング(音声で聴く)

放送日
令和4年(2022年)2月6日
時間
01分01秒
配信終了予定日
令和5年(2023年)2月5日

バックナンバー


ページトップ
に戻る