本文へ移動

ここから本文です

メディア別の政府広報

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

ラジオ番組

令和元年(2019年)5月4日・5月5日放送

秋元才加とJOYのWeekly Japan!!

COOL CHOICE できるだけ1回で受け取りませんかキャンペーン(文字で読む)

宅配便の荷物、1回で受け取っていますか?再配達を減らすことは、地球環境を守ることにつながります。今回は、「COOL CHOICE」賢い選択についてお話しました。

ゲスト
  • 環境省・地球環境局・地球温暖化対策課
    奥山 祐矢
JOY
宅配便を受け取るときは時間指定で受け取るようにしているんだけど、そのあとで友達との約束が入り、家を不在にしてしまって受け取れないこともあるんだよね。配達してくれる方には申し訳ないと思っているよ。
秋元
最近、社会問題になっている宅配便の再配達、実際はどのような状況なのか、環境省・地球環境局・地球温暖化対策課の奥山祐矢さんに伺います。
奥山
宅配便の取り扱い数は年々増加しており、平成29年度の調査によると、その数、1日およそ1165万個、年間にするとおよそ42億個にもなるんです。再配達で届けられている荷物は、そのうちのおよそ2割にも、のぼります。配達する側は、荷物を受けとってもらえるまで、何往復もしなくてはいけません。そうなると、追加のコストが発生し、人手も必要となる上、配達する荷物はどんどん増えるので、宅配業者にとっては深刻な問題なんです。
JOY
利用する側は、再配達になっても追加料金は発生しないから気軽に再配達をお願いしてしまうけれど、配達する側の人は何度も配達に来なきゃいけないから大変だよね。
奥山
実は深刻なのはそれだけではないんです。これが今日のテーマにもなるのですが、平成27年度の国土交通省の実績調査によりますと、再配達にかかる労働力は、年間でおよそ1億8千万時間分。これは、年間9万人に相当するトラックドライバーが再配達に費やされている計算になります。この9万人相当の人たちがトラックを走らせることになりますので、その分、トラックからの二酸化炭素排出量も増えてしまいますよね。この排出量、年間でおよそ42万トンにもなるんです。
秋元
つまり、再配達がなければ、再配達の時間もかからなくなるし、余分な二酸化炭素を排出することもなくなるし、環境にも良いということですよね。
奥山
ご存知のとおり、二酸化炭素排出量の削減は、国際社会が取り組まなければならない重要な課題です。このまま地球温暖化が進んでしまうと、例えば、昨年夏にあったような豪雨や猛暑、これがより厳しいものになったり、発生頻度が高まったりして、私たちの生活にもっと大きい影響がでてしまうかもしれません。宅配便の荷物を“1回で受け取るだけ”でも、地球温暖化の防止につながるんですよ。皆さんには、「COOL CHOICE(クールチョイス)」、賢い選択をしていただきたいと思っています。
秋元
「COOL CHOICE」について改めて、ご説明いただけますか?
奥山
「COOL CHOICE」というのは、あらゆる場面で地球温暖化を防ぐ賢い選択をしていきましょうという取組です。宅配便の荷物をできるだけ1回で受け取るという賢い選択は、再配達を減らすことができますし、二酸化炭素排出量の削減にもつながりますから、これは「COOL CHOICE」のひとつになります。
秋元
では、できるだけ1回で受け取るためには具体的にどのようなことをすればいいんですか?
奥山
まず、配達してもらう時間帯を指定することです。確実に自分が受け取れる時間帯を指定していただくことで、再配達は防げます。
JOY
時間を指定するのも大事だけど、ついつい、忘れて外に出ちゃったり、指定したのに予定を入れちゃったりするんですよね。
奥山
そういう時には、通販業者によっては出荷や配達の状況などをメールやスマホアプリ、それから、SNSなどで通知をしたり、ウェブサイトで確認できるサービスを提供しておりますので、通信販売をよく利用される方は、日頃からこのようなサービスを利用することで忘れることを防げます。また、宅配業者によっては、登録する会員向けに配達の予定日時を通知するサービスを行っているところもあります。
秋元
最近は荷物の受け取り方も色々ありますよね?
奥山
はい。コンビニの店舗や宅配業者の営業所で受け取ったり、駅やコンビニに設置されている宅配ボックスを利用する方法、さらには最近“置き配(おきはい)”なども登場しています。
JOY
この“置き配”というのは具体的にどんなことでしょう?
奥山
置き配というのは、配達時に不在だった場合、荷物を受け取る方があらかじめ指定した玄関先などの場所に荷物を置くことで配達を完了するサービスです。こうした受け取りの方法は、通販業者、宅配業者によって異なりますから、利用する前に確認していただければと思います。また、今日、お話をした内容は「COOL CHOICE」のサイトでわかりやすく紹介しています。
JOY
こういったサイトを見てチェックすることが大事ですね。
奥山
宅配便の荷物をできるだけ1回で受け取るように、是非、みなさんもCOOL CHOICEにご協力をお願いします。1回のアクションが小さくても、それが積み重なれば、明るい未来を描くことができます。
JOY
宅配便の再配達が環境問題にも関わってくるなんて考えてもみなかったよ。今日のお話を、今後のネットショッピングライフに生かしていきたいね!

バックナンバー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月        
2018年               8月 9月 10月 11月 12月


ページ
トップ