本文へ移動

ここから本文です

メディア別の政府広報

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

ラジオ番組

令和元年(2019年)11月23日・11月24日放送

秋元才加とJOYのWeekly Japan!!

なりたい職業に直結する、新しいタイプの大学(文字で読む)

AIやITといった技術の著しい進歩により、社会の在り方が変わってきている中、企業に求められる人材、スキルも変化しています。社会へ出た時に、即戦力として活躍するには、「知識と理論」を学ぶだけでなく、「実践的なスキル」を身に付けることが大切になってくるようです。今回は「なりたい職業に直結する、新しいタイプの大学」というテーマでお話しました。

ゲスト
  • 文部科学省 高等教育局 専門教育課長
    黄地 吉隆
秋元
早速、スペシャリストにお話を伺っていきましょう。文部科学省 高等教育局 専門教育課長 黄地 吉隆さんです。黄地さん、新しいタイプの大学が既に誕生しているそうですね。
黄地
はい。「専門職大学・専門職短期大学」という新しい大学制度が創設されました。大学制度が新しくできるのは、なんと55年ぶりなんです。今年の4月から、この新しいタイプの大学が開校しています。
JOY
専門職大学というのは、具体的に、どういう大学なんですか。
黄地
ひと言で言うと、なりたい職業に直結する、プロフェッショナルな人材を育てるための大学です。プロとして必要な「知識と理論」に加えて、そして、これが重要なんですが、「実践的なスキル」、この両方を合わせて身に付けることができる、お得な大学なんです。既に開校しているのは、ファッションとリハビリテーションの専門職大学、動物の看護の専門職短期大学の3校です。
秋元
なぜこうした大学が誕生することになったんですか。
黄地
皆さんもご存知のように、企業などが求める人材、スキルは様々ですよね。また、社会の在り方も、AIやITといった技術の著しい進歩があり、私たちの働き方もどんどん変わっています。
JOY
今後、他の分野での開校もあるんですか。
黄地
はい。来年度は農林業、ロボットやCG、情報や経営といった分野を学べる専門職大学・専門職短期大学を新たに開校する予定です。今後は、観光やクールジャパン分野と呼ばれる漫画・アニメ・食といったほかの分野でも開設が進んでほしいと考えています。
秋元
今ある大学や専門学校とはどんな点が違うんですか。
黄地
はい。大学では、豊かな創造力を身に付けるために、高度な大学での研究成果をベースに、幅広い教養であるとか、知識や理論を学んだりします。 一方で、専門学校は、資格試験合格を目指したり、なりたい職業に必要な技能をしっかり身に付けたりするなど、職業の実務をベースとした実践的な教育が多くなっています。
秋元
確かに、美容師になるために必要になる資格を取るための専門学校などがありますよね。では、新しいタイプの大学の特徴はなんでしょうか。
黄地
はい、大学と専門学校の長所を組み合わせて、豊かな創造力と高度な実践力の両方を身につけられることが大きな特徴です。
秋元
どんなカリキュラムなのかを教えていただけますか。
黄地
はい。専門職大学と専門職短期大学では、なりたい職業に必要な知識や理論と、それを自分の手で使いこなす実践力の両方を身に付けるカリキュラムにしています。例えば、卒業するために必要な単位のうち、約3分の1は大学内外での実習の授業です。プロとして働くための基礎である知識や理論を、自分の手で使えるようになるために、実習の中で、頭と身体の両方を動かして学んでもらいます。
JOY
社会に出る前の大学時代に色んなことを経験できるんですね。
秋元
これだけ実習の授業があるというのは、ありがたいですね。
黄地
そうですね。また、このような実践的な教育が、知識や理論の上で受けられるように、高度な研究を第一線で行っている研究者の先生と、職業の業界で長い間、現場経験を積んできた実務家の先生の両方から授業を受けられるんです。つまり、基礎となる知識と、最新の実務に関する知識の両方を習うことができるわけです。
JOY
そこが、大学と専門学校の長所を組み合わせたところなんですね。
黄地
そうなんです。研究者の先生だけでなく、例えばファッションの専門職大学なら、アパレルやメーカーの第一線で働いている方がいます。リハビリテーションの専門職大学なら、病院で患者さんに接している理学療法士などリハビリの専門職の方が教員となっているので、実務とのつながりを学ぶ授業も受けられます。しかも授業は、40人以下の少人数で行われるんです。
JOY
大学の授業って、大人数で受けているイメージがあったんですが、この人数だと、濃密な授業が受けられそうですね。
秋元
黄地さん、こういった職場で、より即戦力として活躍するためには、まず現場の空気に触れておいて、どんな職場なのか知っておくことも大事だと思うんですがいかがでしょうか。
黄地
まさに、そこなんです。職場で即戦力として活躍できるように学外での実習の時間も豊富に設けています。では、どれくらいの期間、この学外実習に行くのかというと、例えば平日の朝から夕方まで、毎日行くとすると、3~4ヵ月位にもなるんです。普段過ごしている大学とは違う場所で、これほど長期間の実習をするのは、緊張するし大変だと思います。でも、その分、授業で学んだ知識を、しっかり自分の身に付けることができると思います。
JOY
長時間の実習は緊張するかもしれないけど、社会に出ていく時、最初はみんな緊張するから、学校に通いながらできるのは、いいですね。
秋元
黄地さん、素朴な疑問なんですけど、専門職大学や専門職短期大学を卒業する時には、資格を取得できたりするんですか。
黄地
はい、できます。資格について、例えば、リハビリテーションの専門職大学では、卒業時に理学療法士などの国家試験受験資格が得られますし、動物の看護の専門職短期大学では、「認定動物看護師」の受験資格が得られるようになっています。どのような資格が得られるのかは、専門職大学・専門職短期大学によって異なりますので、大学が公表している案内をチェックしてください。また、専門職大学・専門職短期大学の全ての卒業生には、従来の大学や短期大学と同等の「学位」が授与されます。
秋元
既になりたい職業が決まっている人にとっては、とても魅力的な学びの場になりますね。
黄地
そうですね。プロフェッショナルになるために必要な知識と実践力の両方が、一度に身に付けられる、お得な学びができる大学だと思っています。受験生やその保護者の方はもちろん、既に働いているけれど最新の知識を得るための「学び直し」をしたいと考えている社会人の方なども、この新しいタイプの大学を選択肢の一つに加えて、将来の可能性の幅を広げてほしいと思います。
JOY
専門職大学・専門職短期大学、すごくいいね。55年ぶりに新しい大学制度ができたと言っていたけど、時代の変化に適応していくためには、自分たちも変化していかないといけないよね。実習が多いと、社会に出てすぐに即戦力として活躍できるしね。色んな方にとって、すごくいい新しい制度だと思います。
秋元
すごく魅力的な大学制度でしたね。学び直しができるというのも、いいですね。

バックナンバー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年                       12月


ページ
トップ