このページの本文へ移動

スマート農業から見える日本の新たな食

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

放送日
令和4年(2022年)5月27日(金曜日)
テーマ
スマート農業から見える日本の新たな食
内容
深刻化する日本の高齢化により、ますます加速しているのが農業の人手不足。ところが今、日本の農業に新たな兆しが…。それは、ロボットやAI、IoTなどの先端技術を活用したスマート農業! 無人で走行するロボットトラクターやドローンでの除草剤散布。さらに、きゅうりの産地では、ハウス内の温度や湿度などをセンサーがモニタリングし、取得したデータを生産者間で共有・活用して栽培をしていました。日本の食を支える現場を大きく変える可能性を秘めているスマート農業を深掘りします!

次回放送予定

放送日
令和4年(2022年)8月12日(金曜日)再放送ビビる大木さん、井上咲良さん、本田朋子さん
テーマ
下水道資源を活用! BISTRO(ビストロ)下水道
内容
地域資源の有効活用や廃棄物の再利用など、環境負荷を軽減させる循環型社会の構築が求められている今、注目されているものの一つが下水道です。実は、私たちの生活から排出された下水にはたくさんの資源が眠っているんです! そこで今回は、下水道資源を利用して様々な取組を行っている山形県鶴岡市を取材! 下水の汚泥が優良な肥料に変身!? 下水の処理水を活用して鮎の養殖!? 気になるお味は!? 皆さんにも知ってほしい下水道の秘めた力をご紹介します!

ページトップ
に戻る