本文へ移動

ここから本文です

特集「「高齢者の消費者トラブル」未然防止」

働く人・働きたい人への支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働く人、働きたい人のワーク・ライフ・バランスの実現を支援する制度を紹介します。

Outline

1.子育てや介護と仕事の両立を支援

  • 育児・介護休業法
  • ファミリー・サポート・センター
  • マザーズハローワーク
  • 介護保険制度

2.働く人の自己啓発やキャリアアップを支援

  • 教育訓練給付制度

3.働く人の労働条件や健康を守りながら多様な働き方を支援

  • 労働基準法
  • パートタイム労働法
  • 労働者派遣法

子育てや介護と仕事の両立を支援

育児や介護のための休業制度や短時間勤務制度などを法律で保障~育児・介護休業法

育児・介護休業法により、労働者は、育児休業や介護休業を取得できます。また、育児や介護をする人のための「短時間勤務制度」を利用したり、「時間外労働の制限」や「深夜残業の制限」などを受けることができます。

また、育児休業給付制度と介護休業給付制度は、雇用保険の被保険者が、育児休業をした場合に休業開始前の賃金の50%、介護休業した場合に休業開始前の賃金の40%を支給する雇用保険の給付制度です。働く人が育児休業や介護休業をしやすくし、就業生活の円滑な継続を援助・促進することを目的としています。

 

子どもの預かりなど、地域の中で子育てをサポート~ファミリー・サポート・センター

ファミリー・サポート・センターは、育児の援助を受けたい人と行いたい人が会員となり、乳幼児や小学生などの子どもを持つ親に代わり、保育施設への送迎や、放課後の預かりなどを地域の中で相互援助する会員組織です。

 

子育て中の方の再就職をきめ細かく応援~マザーズハローワーク

子育てをしながら再就職を目指す方のために、厚生労働省ではマザーズハローワーク、マザーズコーナーを全国に整備しています。子ども連れでも相談しやすい環境を整え、必要に応じて担当者制による職業相談・職業紹介を行うほか、保育所や地域の子育て支援サービスに関する情報の提供、子育てと仕事を両立しやすい求人情報の確保、再就職に役立つセミナーを実施しています。

 

介護施設や在宅介護サービスを上手に利用~介護保険制度

介護保険では、訪問介護・訪問看護など在宅介護を支援するサービスや、デイサービスやショートステイ、ロングステイなどの介護施設での介護サービスなどを提供しています。上手に活用することで、介護と仕事の両立を図ることができます。介護サービスの情報は、厚生労働省の「介護サービス情報公表システム」で検索できます。介護サービスの詳しい内容や利用の申し込みについては、お住まいの市区町村の介護保険担当窓口、または地域包括支援センターにご相談ください。

インデックスに戻る

働く人の自己啓発やキャリアアップを支援

キャリアアップのための受講費用を支援 ~教育訓練給付制度

教育訓練給付制度は、労働者や離職者が自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し、修了した場合、本人が支払った受講費用の20%(上限10万円)を支給する雇用保険の給付制度です。教育訓練給付制度では、簿記検定、ホームヘルパー、社会保険労務士資格を目指す講座など、働く人のキャリアアップを支援する多彩な講座が指定されています。

インデックスに戻る

働く人の労働条件や健康を守りながら、多様な働き方を支援

時間外労働を削減し、年次有給休暇を効果的に活用~労働基準法

労働基準法は、賃金や労働時間、年次有給休暇などの労働条件に関する最低基準を定める法律です。長時間労働の抑制や労働者の健康確保、仕事と生活の調和を図るため、労働基準法が改正され、平成22年4月1日から施行されています。月60時間を超える時間外労働をさせた場合の割増賃金率を50%以上とするなどの時間外労働に関する改正や、労使協定により、年に5日を限度として、年次有給休暇を時間単位で取得できることとする年次有給休暇に関する改正が行われています。

 

パートタイム労働者の働きや貢献に応じた待遇の実現~パートタイム労働法

パートタイム労働者は近年増加しており、職場の中での役割も重要になってきています。「パートタイム労働法」は、パートタイム労働者がその意欲や能力を十分に発揮し、その働きや貢献に応じた待遇を得ることのできる「公正な待遇の実現」を目指しています。

 

派遣労働者の保護と雇用の安定を確保するために改正~労働者派遣法

派遣労働は多様な働き方の一つですが、一方で雇用が不安定であることが問題とされていました。そこで、派遣労働者を保護することを目的として「労働者派遣法」が改正され、平成24年10月1日に施行されました。今回の改正により、派遣先の社員との均衡(賃金など)が配慮され、本人の希望により、有期雇用から期間の定めのない雇用への転換が進められます。

インデックスに戻る

「ワーク・ライフ・バランス」トップページ

みなさまのご意見をお聞かせください。

本文へ移動

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? (50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか? (50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? (50文字以内)


ページ
トップ