本文へ移動

ここから本文です

特集「ワーク・ライフ・バランス」

宣言しよう! 「カエル!ジャパン」キャンペーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Outline

「カエル!ジャパン」キャンペーンとは?

ワーク・ライフ・バランス実現に向けて行動を起こしたいと思っている皆さん、「カエル!ジャパン」キャンペーンに参加しませんか。

このキャンペーンは、企業や働く方、国・地方公共団体はもちろんのこと、老若男女すべての皆さんが参加して、社会全体で「仕事と生活の調和」の実現を目指す国民運動です。

内閣府では、一人でも多くの方にキャンペーン参加していただき、キャンペーンを盛り上げてもらうために、『ひとつ「働き方」を変えてみよう!』というキャッチフレーズとカエルのシンボルマークを策定し、キャンペーンに賛同する皆さんが、これをダウンロードし活用できる仕組みを用意しました。

キャッチフレーズとシンボルマークについて

カエルジャパン

キャッチフレーズ:“ひとつ「働き方」を変えてみよう!”について

「ひとつ」という言葉は、試みに「まずは~してみよう」、「ちょっと~してみよう」という意味と、数字としての「1つ」として、「できることをまず1つ」という意味を持っています。このスローガンは、国民の皆さんが受けとめやすい、「呼びかけの言葉」であると同時に、受け取り手の「呼びかけに応える気持ち」や、「変えてみようと思う本人の内なる声」を表現しています。

シンボルキャラクター:カエルについて

現状を「変える」というちょっと勇気がいることを、「カエル!」と称して、誰もが知っているカエルのキャラクターに託し、愛嬌をもって呼びかけていきます。言葉のしゃれは、難題にもユーモアを持って明るく、くじけず臨もうという思いであり、ホップ・ステップ・ジャンプと跳躍するその力にもあやかります。

内閣府「仕事と生活の調和ポータルサイト」より

インデックスに戻る

 

キャンペーンに参加してシンボルマークを手に入れよう

「カエル!ジャパン」キャンペーンに参加するのに、資格などは必要ありません。ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた具体的なアクションを起こす意志がある方であれば、企業、団体、個人を問わず、だれでも参加することができます。

参加の仕方も簡単です。内閣府の「『カエル!ジャパン』キャンペーンに参加して、シンボルマークを手に入れよう!」にアクセスし、画面に従って、「活動規約」や「利用規約」など確認のうえ登録をしていただくだけです。

参加登録された方は、カエルのシンボルマークをダウンロードし、名刺や会議資料などに印刷するなど、様々な場面で活用できます。社内・社外の様々な場面で活用して、ワーク・ライフ・バランスの取組のPRに役立てましょう。

ダウンロード画像

ダウンロード画像見本

インデックスに戻る

シンボルマークの活用事例

賛同された皆さんがどのようにシンボルマークを活用しているか、いくつか事例を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

名刺

名刺の片隅に、カエルのシンボルマークを印刷。文字だけの名刺よりも親しみやすくなるほか、「このカエルは何ですか」「カエル!ジャパンって何ですか」など名刺を渡した人の興味を引き、ワーク・ライフ・バランスについて知ってもらうきっかけづくりにもなります。

より印象的な名刺にするために、「飛び出す名刺」にしている工夫している例もあります。

飛び出す名刺名刺

カエルのマークを名刺に印刷したり
飛び出す名刺にしたりして活用

メモ用紙

岐阜県美濃加茂市では、シンボルマークを印刷したカエルの形のメモ用紙を作成。この用紙に、一人一人がワーク・ライフ・バランスを実現するための目標を記入し、「小さなカエル宣言」と名付けて、職場内に掲示しています。小さな目標でも、宣言して掲示しておくことで、職場全体で目標を達成しようという雰囲気づくりに役立ちます。

メモ用紙

カエルのメモ用紙(上)
に目標を書いて職場に掲示(左)
(写真提供:岐阜県美濃加茂市)

 

クリアファイル

資料を挟み込む職場の便利グッズであるクリアファイルも、カエルのシンボルマークが入っていると心がなごむ癒やしグッズに。職場の人や職場外の人に資料を渡すときに、カエルのクリアファイルに入れると注目度も高まります。また、捨てられずに何度も使うことができるので、手にした人にどんどん情報が広がっていく効果も期待できます。

カエルマークが入ったクリアファイル

ワッペン

愛知県名古屋市の名工建設株式会社では、シンボルマークを入れたポスターを掲示するほか、シンボルマークのカエルをメインにしたワッペンを一人一人に配布。ワッペンを家の冷蔵庫などに張ってもらい、「早く帰ってね」と家族からも働きかけてもらえるようにしています。

カエルのワッペン
(写真提供:名工建設株式会社)

※カエルのシンボルマークの利用実績をご報告いただければ、内閣府の仕事と生活の調和ポータルサイトで活用事例としてご紹介します。皆さんの取組の参考として、ぜひご活用してください。

 

インデックスに戻る

 

詳しくは、下記のページをご覧ください。

内閣府「仕事と生活の調和ポータルサイト」

「ワーク・ライフ・バランス」トップページ

みなさまのご意見をお聞かせください。

本文へ移動

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? (50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか? (50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? (50文字以内)


ページ
トップ