本文へ移動

ここから本文です

消費税の軽減税率制度

特集

消費税の軽減税率制度

事業者にはどのような影響があるの?

どんな対応が必要になるの?

軽減税率制度の実施に伴い、平成31年10月から、事業者の皆さんは事業の中でどのような対応が必要となるのでしょうか?対応が必要となる事項には「商品管理」に関するものと「申告・納税」に関するものがあります。

【商品管理】

日々の業務においては、

  • 顧客(消費者)から適用税率を聞かれる場合
  • 顧客(事業者)から請求書(領収書)の発行を求められる場合

があるため、適切に商品管理を行い、個々の商品の適用税率を把握しておく必要があります。
その際、複数税率に対応したレジの導入等やシステムの改修等が必要になる場合があります。

日々の業務

【申告・納税(区分経理に基づく税額計算)】

申告の際に適切に消費税額を計算するため、

  • 軽減税率が適用される売上(仕入)と
  • 標準税率が適用される売上(仕入)を

それぞれ集計し、区分して記帳する必要があります。
また、申告にあたって税額計算する際には、

  • 軽減税率が適用される1年間の取引の合計額
  • 標準税率が適用される1年間の取引の合計額

を区分して計算する必要があります。

区分記帳のイメージ
※詳しくはパソコンでご覧ください

申告・納税に当たっては、適正な課税を確保する観点から、軽減税率制度の実施にあわせて、複数税率制度に対応した仕入税額控除の方式として、「適格請求書等保存方式」が平成35年10月から導入されます。

なお、事業者の準備等に配慮し、平成31年10月から4年間は簡素な方法(「区分記載請求書等保存方式」及び税額計算の特例)が導入されます。

「区分記載請求書等保存方式」と「適格請求書等保存方式」の施行スケジュール
※詳しくはパソコンでご覧ください

お問合わせはこちら

「軽減税率制度」詳しくはこちら(関連リンク)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさまのご意見をお聞かせください。

本文へ移動

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? (50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか? (50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? (50文字以内)


ページ
トップ