本文へ移動

ここから本文です

特集 アダルトビデオ出演強要問題・
「JKビジネス」問題等

相談事例⑥ 接客の仕事のはずが・・・辞めて、生活を立て直したい

相談内容

接客の仕事の面接のはずが・・・

家族との折り合いが悪く、家に居づらい状況であったため、住み込みの仕事を探していた。接客の仕事を見つけ面接に行くと、「お金と住むところに困っているなら、もっといい仕事あるよ。」と言われ紹介されたのが、客と散歩やマッサージをする仕事だった。店が用意した部屋に住み始めてしばらくすると、店長から風俗の仕事をすすめられた。部屋から追い出されたくなかったことやその場の断れない雰囲気もあり、「生きていくにはこうするしかないのかな」と思い、風俗の仕事をすることになった。

店の広告動画に出演?

さらに、仕事のミスを指摘され、その罰として店の広告動画(AVのようなもの)に出演するように言われた。本当はイヤだったが、断ればここには居られなくなるだろうし、そうしたら行く場所もないと思い、断りきれずにいた。自分がこの仕事を始めてしまったという後ろめたさもあり、相談もなかなかできずにいたが、支援団体の存在を知り、相談した。

支援内容

「本当はやりたくない、逃げたい。生活を立て直したい。」という本人の意思を支援団体が聞き取り、支援団体のシェルターに一時的に保護した。その後、自立準備のための生活支援を行っている。

相談員からみなさんへ

お金や居場所を提供することで、本人の意に反する仕事を断りにくくさせる店側の手口です。お金や生活への不安について相談することで解決できる場合があります。まずは相談してください。

主な相談窓口 別の相談事例を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさまのご意見をお聞かせください。

本文へ移動

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? (50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか? (50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? (50文字以内)


ページ
トップ