日本の離島と国境 日本の離島と国境

離島の役割とは?

日本には、北海道、本州、四国、九州、沖縄本島のほか、周囲が100m以上ある離島だけでも約6,800島あり、小さなものまで入れると数万あると言われておりますが、これらの離島は日本の広大な管轄海域の根拠となる重要な役割を担っています。
様々な法律などにも示されているように、離島は以下のような役割を担っていると考えられます。
  • 我が国の領海及び排他的経済水域等の保全
  • 海上交通の安全の確保
  • 海洋資源の開発及び利用
  • 海洋環境の保全
  • 領域警備及び安全保障

*詳しい内容については、「国境離島WEBページ」に離島の役割等が掲載されています。
 また、『「日本の国境に行こう‼」WEB』は、特定有人国境離島地域の魅力や、イベント情報などについて、掲載しております。

離島の役割とは?
離島の役割とは?
離島の役割とは?

情報誌での紹介

離島で暮らす人、離島へ移り住む人は数多くいます。離島やそこで起きた歴史をテーマにした書籍も豊富。
情報誌で取り上げられた例をご紹介します。

「Discover Japan」

掲載日:平成30年2月6日

取り上げられた島

  • ・香川県 小豆島
  • ・北海道 利尻島
  • ・島根県 隠岐諸島
  • ・新潟県 佐渡島
  • ・長崎県 壱岐島
  • ・鹿児島県 種子島

他多数

「ダ・ヴィンチ」

掲載日:平成30年2月6日

取り上げられた島

  • ・沖縄県 与那国島
  • ・長崎県 福江島
  • ・鹿児島県 甑島
  • ・沖縄県 竹富島

他多数

その他雑誌、新聞での紹介

  • 北海道新聞(北海道)

  • 新潟日報(新潟県)

  • 北國新聞(石川県)

  • 東京新聞(東京都)

  • 山陰中央新報(島根県)

  • 山口新聞(山口県)

  • 長崎新聞(長崎県)

  • 南日本新聞(鹿児島県)