本文へ移動

ここから本文です

特集「社会保障と税の一体改革」

改革の背景 少子高齢化という社会情勢の変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会保障は、医療、介護、年金、子育てなどにかかる費用の負担をみんなで分かち合い、支え合う制度です。この制度の前提となる社会情勢は、現在の社会保障制度がつくられた1970年代と今日では、大きく変わってきています。

急速にすすむ少子高齢化

現在の日本では急速な高齢化と少子化が同時にすすんでいます。子どもが少なくなり、高齢者が増加するということは、世の中の経済を支える現役世代(生産年齢人口)の割合が減少するということです。

日本の人口構成の推移

日本の人口構成の推移

 

高齢化比率 出生数

高齢化比率 出生数

 

社会保障を支える、現役世代の減少

このまま、現在の少子化の流れが変わらない場合、2060年には総人口が9,000万人程度となり、高齢化率は40%近くなると予想されます。このまま高齢化によって急増する社会保障費用を、現役世代が支えていくのは限界があります。

社会情勢の変化に対応した制度の実現と、みんなで支え合う取組が必要です。

「社会保障と税の一体改革」トップページ

みなさまのご意見をお聞かせください。

本文へ移動

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? (50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか? (50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? (50文字以内)


ページ
トップ