車座ふるさとトーク in 福岡

実施報告掲載

北九州市(平成30年5月13日開催)

出席大臣等
宮川文部科学大臣政務官

実施府省庁 文部科学省
開催日時 平成30年5月13日(日)14:00~15:00
開催場所 コワーキングスペースfabbit
(福岡県北九州市)
テーマ 漫画、アニメ等ポップカルチャーを活用した地域活性化について
参加者数 10名
プログラム ・宮川文部科学大臣政務官挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 文部科学省ホームページ
開催の様子(動画)

車座ふるさとトークでの主なご意見

漫画家
  • 海外発信という点で、海外のイベント参加時に、言葉の問題や、国ごとに異なる習慣・法律の問題などがある。それを、一人で全て対応するのは大変。
  • 紙から電子書籍にシフトして、編集者がいない、育たないことを不安に思う。編集者がいなくても書ける作家さんもいるが、私は、もっといろんなジャンルを書きたいけどどんなふうに書けばいいのかが分からない時などに編集者さんの意見を密に聞いている。また、漫画だけ描いていたい、その他の版権の交渉や原稿料の値上げ交渉などの仕事をやりたくない場合もある。
イベント企画担当
  • イベントの参加者に、海外の方も増え、日本語を喋れない方もいらっしゃるので、松本零士さんの銀河鉄道の像など、写真が撮れるスポットの類がもっと増えると、分かりやすくて言葉の壁もいらず、逆に日本の方も来て、見て、分かりやすい、撮影して楽しい所になるので、そういった場所を今後増やしていければ良い。
コワーキングスペース代表
  • ビジネスモデルについて、特にキュレーション体制が整っていないことなどは、ちゃんと設計を行った方が良いかもしれない。我々の課題をビジネスとして捉えて前に進めていけると良いのではないか。
  • 東京都心では、フリーランスの方や、創業を目指す方が非常に多く、地方から東京に来てチャレンジしようという人がたくさんいる。地方とは、パッションが違う。何よりも本人がエネルギッシュで、そのエネルギーに賛同する人が付いてくるから企業活動が当然できる。そういった温度差みたいなものを払拭するために、環境を構築してあげることが大事だと思う。
さぶかるちゃー協会
  • 協会の名前は、今のアニメ、ゲーム、漫画等を一般的に表記するのに分かりやすいように「サブカルチャー」をひらがな表記としたものだが、北九州市で掲げる「ポップカルチャー」は、今はまだ何をやっているか分からない。
    「ポップカルチャー」や、「サブカルチャー」は、新しい産業で今日本を代表する世界に打ち出すものと思うので、今後また定着して名前が変わっていくことを期待している。
大学准教授
  • 今まで、漫画とアニメに興味がなかったが、今年はその考え方を改めることが二つあった。一つ目は、私の子どもは本を読むことが大嫌いだが、漫画が大好きで、何時間も読むこと。二つ目はTED × Fukuokaのイベントで文化と世界観のつながりを発表した際に、文化の下にある世界観が分からないと文化も理解することができないと思ったこと。
    今は、アニメとか漫画を使って日本の文化を教えたいと考えている。
漫画ミュージアム研究員
  • アメリカの書店では、漫画を軽い感じの「コミック」と、深い意味を読み取る「グラフィックノーベル」に分けて設置している。それも良いが、一方で日本の曖昧な漠然たる漫画の概念も、混然一体だからこそ、これだけ発展してきた。
    サブカルチャーの良さは、文化を共有する人たち間の非常に強い仲間意識。他では居場所がなくても漫画を通じて知り合い、分かり合い、友達になれるという優しさや深さ。居場所ができるというところも上手く活かしながらつながっていきたい。
漫画プロダクションCEO
  • ポップカルチャー(漫画、アニメ、ゲーム)は、東京にほぼ集中、人気コンテンツが数パーセント、残りの人達は食べていけない。そういう中で、どう地方でやっていくのかが課題。
    地域に漫画家がいて、北九州にある大手企業の安全漫画を描いたり、コマーシャル漫画を描いたり、といった企画をプラニングする人がいないだけ。一度結びつけば、そこでビジネスが成立する。今がチャンス到来だと思っている。
食品会社社長
  • 関連商品の製品化には、ストーリー性が重要。単にパッケージを作る、有名な漫画家さんを使うだけではなく、中身も伴った製品を意識している。
    商品の発信という目的の中で、漫画を通じたいろいろな商品を集めて発信できる場所の提供だけではなく、在庫の問題などを解決する仕組みや、企画や商品開発に掛かる金銭的な負担に対する助成金などの協力があれば良い。

北九州市(平成29年6月25日開催)

出席大臣等
松本内閣府特命担当大臣

実施府省庁 消費者庁
開催日時 平成29年6月25日(日)10:00~11:00
開催場所 北九州まなびとESDステーション
(福岡県北九州市)
テーマ 食品ロスの削減
参加者数 10名
プログラム ・松本内閣府特命担当大臣挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 消費者庁ホームページ
開催の様子(動画)

車座ふるさとトークでの主なご意見

家庭における食品ロスの取組を普及させるための手法
  • 初めに、スーパーで買い過ぎているということが問題だと思う。1パック必要としていても、3パックであれば安い場合、3パックを買おうと思ってしまうが、それがロスになってしまう。1パックが安く売られていればよいと思う。
  • 外資系の店舗で大量に購入することで安くなるシステムがあるが、友達同士で買って分け合うということをよく聞く。限られた企業の店舗だけでなく、いろいろなスーパーも含めてそのような買い方をPRしてもよいのではないかと思う。
  • 娘が育休中だが、市民センターを通じてママ友同士の繋がりができ、食材をシェアしている。チラシなどで情報をもらったら集まれるようにして、繋がりを広められたらよいのではないか。また、親子が離れていて、親が世話できない家庭が多い。お母さんやおばあさんの話をまとめたものを作り、シェアできるとよいと思う。
  • 環境保全活動について、初めは興味のある人が集まっているが、その人たちを継続させることが難しい。また、新規で興味のある人に参加してもらうのも非常に難しい。企業へはCSR(※1)やCSV(※2)の形で参加を呼びかけている。地域レベルの取組ができればよいが、家庭レベルではなかなか難しい。
  • 取組を広げるには課題があり、県内でも団体からフードバンクをやりたいという声は上がっている。事業者はその食品が安全に衛生的に消費者に届くのかということを懸念しているため、きちんとした冷蔵施設を整備し、マニュアルをフードバンクごとにバラバラに作るのではなく、一元化して企業に知ってもらい、提供された食品が安全に確実に消費者に届くというトレーサビリティを保つために、より多くの団体が参加できるようなシステム構築を計画している。
  • スーパーで並んでいる食品はモノでしかなく、ストーリーがない。生産されている方と食品との間の関連性が弱いため、私たちは関係値を高めたいと考えている。減農薬、無農薬等は、どういう意味があるのか。命をいただいているということを伝えることが大切で、地元で作ったものというだけでは弱い。
  • 教育・文化について、まずは子供たちに伝えることを考えている。賞味期限・消費期限、販売期限・納品期限、安全係数の意味について、子供たちにはまだ難しいかもしれないが、期限ではなくて目安なんだということ、まだ食べられるんだということを伝えることについて試行錯誤している。
国民運動を盛り上げるために必要な取組
  • 小学生や中学生の授業で食品ロスという言葉を一回も聞いたことがない。学校教育で伝えてもらったら、必ず認知度が上がると思う。都心部では活動しているのをあまり聞かないので、人口や学生の一番集まっているところで活動のケアをしてほしい。
  • 学校教育が食育の面で必要だと思っている。時間がかかるが、継続が大切だと考える。教育を通じて実施することはすぐどうなることではないが、必ず返ってくるということを認識しながら取り組んでいくべき。学校の先生をどうサポートするのか、企業のCSRとしてどのように入り込みサポートするのか考えながら一緒に取り組んでいくことが大切。
  • 小学校の教科書は、環境に関し大人が見るべき内容が書かれている。子供は環境問題について知識はあるが日常生活に生かせない。子供だけでなく大人に向けての教育も必要で、あらゆる世代の教育が必要と考える。
  • 家庭からのアプローチと、外食産業からのアプローチがあって、それぞれターゲットが違うことを感じる。主婦やサラリーマン等が、一緒にフードロスを意識できるようにするにはどうしたらよいかということを考えている。この日はフードロスの取組をする日だと、分かりやすく決めてもらった方が印象だけでも残るような気がする。多くの人に知ってもらうには口コミが一番強いと思う。全く関心のない人にどのように伝えていくか。特に若者へ伝えることが大事。
  • 情報をどれだけ発信しても、関心のある人は積極的に受け取ってくれるが、関心のない人は全く興味がない。お店の人でも良いので「今日は食べ残しをしないでください」等と声をかける人が一人でもいれば、もしかしたら食べ残しが減るかもしれない。

※1:「Corporate Social Responsibility」の略。「企業の社会的責任」と訳される。企業が社会や環境と共存し、持続可能な成長を図るため、その活動の影響について責任をとる企業行動のことで、企業を取り巻く様々なステークホルダーからの信頼を得るための企業のあり方を指す。
http://www.meti.go.jp/policy/economy/keiei_innovation/kigyoukaikei/

※2:「Creating Share Value」の略。「共有価値の創造」「共通価値の創造」等と訳される。企業の事業を通じて社会的な課題を解決することから生まれる「社会価値」と「企業価値」を両立させようとする経営フレームワークのことを指す。
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H26/h26/html/b3_5_3_1.html

福岡市(平成26年1月31日開催)

出席大臣等
西川文部科学副大臣

実施府省庁 文部科学省
開催日時 平成26年1月31日(金)15:20~16:20
開催場所 九州大学
(福岡県福岡市)
テーマ 大学教育の在り方
参加者数 16名
プログラム ・西川文部科学副大臣挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 文部科学省ホームページ

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 大学の進学率が高くなり、目的意識が低い学生まで大学に入学しているという問題が指摘されるが、一方で、進学率が高いことによって科学研究が一般の人にも理解され、科学に対する社会の需要度が高くなるという側面もあると思う。大学の進学率が下がると、科学の発展に悪影響が及ぶのではないか。
  • 大学入学前から河川の問題に興味があったが、様々な切り口があり学部選びが難しかった。九州大学の21世紀プログラムでは様々な角度から問題を研究できて満足している。
  • 大学院に行った当初は博士課程に進みたいと思っていたが、日本で働くには博士課程に進学すると採用が少ないため、卒業して九州に残ることにした。
  • 努力して博士を取得した人が報われるようにしてほしい。受け皿がないのに博士を増やしてきたのは問題。海外と比べても、日本では、博士課程に進むことに対して躊躇(ちゅうちょ)してしまう。
  • 留学は、できるのであれば確実にするべき。スウェーデンの王立工科大学に1年間留学し、いろいろ経験できた。スウェーデンの博士課程学生は政府から給与が支給されているという形になっていて驚いた。
  • 21世紀プログラムのように、複数の学部の授業をとると、成績のつけ方が学部によって違うので比較ができない。評価基準を統一できたらよい。
  • 文部科学省や大学の国際交流プログラムは、将来にわたって人と人とをつなぐ重要なもの。政治的な状況に関わらず、是非続けてやっていただきたい。
  • 研究室内で、韓国や中国からの教員・学生と交流することによって理解が深まっている面がある。ニュースで聞くのと実際に触れ合うのとでは全く違う。日本人の留学だけでなく、日本に受け入れる方も力を入れてほしい。

福岡市(平成25年3月10日開催)

出席大臣等
石原環境大臣

実施府省庁 環境省
開催日時 平成25年3月10日(日)17:00~18:00
開催場所 警固神社社務所
(福岡県福岡市中央区天神)
テーマ PM2.5(微小粒子状物質)について
参加者数 18名
プログラム ・石原環境大臣挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 環境省ホームページ

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • インターネットやツイッターでPM2.5について間違った情報も流れているため正しい情報が知りたい。
  • 情報収集したくてもHP等に繋がりにくい。
  • 予防、対策措置として何をすればよいのか。
  • 国と市の基準値が違い対応に悩んでいる。
  • 福岡県の印象が悪くなるなど風評被害が心配。
  • この問題は日本だけでなくアジア全体、世界的な問題。日本は公害を克服してきた環境先進国だと思うのでリーダーシップを発揮する機会。重要施策として国として対策してほしい。
このウィンドウを閉じる