車座ふるさとトーク in 北海道

実施報告掲載

下川町(平成30年6月23日開催)

出席大臣等
谷合農林水産副大臣

実施府省庁 農林水産省
開催日時 平成30年6月23日(土)15:30~17:00
開催場所 下川町公民館
(北海道下川町)
テーマ 地域資源を活用した魅力的なまちづくりと持続可能な社会の実現
参加者数 10名
プログラム ・谷合農林水産副大臣挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 農林水産省ホームページ
開催の様子(動画)

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 移住者の中には地域にある素材を活用して何かを始めたいという希望があり、鹿肉の活用に向けた解体事業だとか手作り豆腐を大豆栽培から行うなど様々なアイデアが寄せられている。現在使われていない(ジビエの)加工施設はあるが、現在のルールに適合させ使えるようにするためには、冷蔵室の整備などに一千万円掛かると言われており、難しい面もある。
  • 町内産の食べ物の良さを見つめ直すために町民有志の勉強会「森の寺子屋」を役場などにも協力してもらい行っている。大きな自治体ではできないことも下川町なら住民連携や機動力で実現できると思う。
  • 町内自給のイメージは家庭菜園の余剰を活かし町民が譲り合える仕組みで、地産地消ならぬ地消地産ができないかと思っている。
  • 教育の一環として、月に一回、たき火をおこしたり森の中に入って遊んだりといった取組をしている。子供たちが公民館などに集まってゲームをする場面を目にする中で、それだけではない身近にある森林での過ごし方があるということを下川町から発信できないかと思っている。
  • 下川町では、移住者の子供も含め幼児の頃から高校まで森とふれあう活動があり、そのような環境下で過ごした子供たちの成長する姿を見られるのがとても良いと思う。
  • 下川町の魅力は、下川の木を使用して公共施設を建てており、下川町全体が木のぬくもりにあふれているところやバイオマスボイラーによる熱を公共施設を中心に利用するなど木を無駄なく活用しているところ。
  • 下川町の施設である「コモレビ(まちおこしセンター)」で、よく勉強をしているが、この施設は、木のぬくもりを感じるし、静かで勉強しやすい環境だと思う。
  • SDGs未来都市部会での議論の中で女性の思いが反映されていないことに気づき、途中から女性の意見を部会に入れてほしいと思い、女子会を立ち上げた。下川町が2030年に在りたい姿、どんな未来であってほしいかなど、若いママさんや移住してきた女性と話す機会を持って、そこでの意見を役場の施策に入れてもらっている。女性の意見は街づくりにおいて大きな役割を担っていると思っており、女性の活躍が街の未来を作るんじゃないかと思い活動している。
  • 冬時期の除雪作業が非常に厄介と感じており、何かに活用できないかと思う。これまでも雪の保冷庫等のような事例はあるものの、雪を生産品の付加価値向上につなげることができるようなアイデアを具体的に検討していくことが必要だと思う。
  • 例えば、雪の城や雪像などをつくり、ライトアップしたところで、下川町の特産品の販売や食事をできるようにするなど、インスタ映えするようなイベントを行えば下川町のよいPR になるのでは。
  • 下川町では、全国の不在村者の林地所有の問題とは少し事情が異なり、比較的、地域の人間関係で上手につながっているが、経営の世代交代がスムーズになるような施策の支えが必要と感じている。
  • FSC(森林管理協議会:Forest Stewardship Council)森林認証の取組は経済性のみならず、情報発信等で森林経営の内容を人に伝えることが大切。下川町では、森の恵みに付加価値をつけるような製油事業など林業から派生した産業の発展につながっているところが強みである。
  • 下川町でのFSC の取組を知る機会があり、環境保全のためには、みんなが実態を知り、消費行動を変えなければと感じたが、林業は一般の方が知るには遠い世界と感じ、トドマツ等由来のエッセンシャルオイル等の精油販売を通じ関心を持ってもらえたらと考えている。

弟子屈町(平成30年4月14日開催)

出席大臣等
武部環境大臣政務官

実施府省庁 環境省
開催日時 平成30年4月14日(土)16:00~17:00
開催場所 川湯ふるさと館
(北海道弟子屈町)
テーマ 地域資源としての星空の保全と活用について
参加者数 13名
プログラム ・武部環境大臣政務官挨拶
・環境省による取組説明
・参加者との意見交換
リンク先 開催の様子(動画)その1
開催の様子(動画)その2

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 目線より下にしか山がなく、空が非常に広い。弟子屈町の星空は老若男女が楽しめるもの。
  • 弟子屈町の星空はお金を掛けて作れるものではない。しかし、観光客はお金を払ってでも観たいもの。
  • 街の清掃活動など地域の取組ひとつにしても、ゆくゆくは大気や星空の綺麗さにつながることを意識することが重要だと思う。まずは、住民が弟子屈町の星空が特別だということ、自分たちは恵まれていることを知ってもらいたい。
  • 住民が弟子屈町の地域資源の本当の価値に気がついていくことが地域振興に欠かせないのではないか。価値に気づいたときに地域資源の可能性は最大限になるのではないか。
  • 弟子屈町の地域資源は、人の出会いや歴史の全てである街歩き。
  • 子どもたちが高校卒業後、弟子屈町を離れたときに、弟子屈町の魅力を伝えるようになってもらいたい。
  • 弟子屈町に美しいものがあることを知っての観光客が多い。だから、その美しいものをみんなで広めていくことができれば素晴らしいと思う。
  • 自然と仕事・産業がつながっているということが良いと感じる。
  • 過酷なイベントで、かつ他地域でも行われている「100km歩こうよ大会」に全国から北海道に来て参加いただけていることが地域資源の可能性を示していると思う。ただ、もう一度参加してもらうのであれば自然ではなく人の力。自然は人を輝かせる研磨剤。人が輝けば自然も輝く。そうすると、自然の可能性、資源の可能性がもっと良いものになっていくと思う。

鹿追町(平成30年3月18日開催)

出席大臣等
笹川環境大臣政務官

実施府省庁 環境省
開催日時 平成30年3月18日(日)15:00~16:30
開催場所 鹿追町環境保全センター
(北海道鹿追町)
テーマ 再エネ水素を中心に、農家等での水素の利活用や再エネによる地域おこし
参加者数 15名
プログラム ・笹川環境大臣政務官挨拶
・環境省による取組説明
・参加者との意見交換
リンク先 開催の様子(動画)その1
開催の様子(動画)その2

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • トラクターに水素エネルギーが使え、水素がガソリン以下の値段になれば、大きな経済効果があるのではないか。
  • 自動車やフォークリフトだけでなく、各家庭内でも水素を利用できればいい。水素が電気やガソリンのように身近になれば使いやすくなる。家庭用ボイラー等で使用できれば、灯油の代替が可能となる。
  • 小型の水素ステーションがあれば、水素エネルギーの普及が進むと思う。現在は高圧水素の取扱いに有資格者が必要とされているが、この規制があるままでは普及は進まないのではないか。
  • 太陽光パネルや蓄電池の導入にあたり、初期費用を抑えられるとありがたい。
  • 近年は異常気象が多く、十勝地方の農産品も変わってきている。
  • 国立公園内の許認可について、防災等に必要な施設は柔軟に運用してもらいたい。
  • 十勝地方では農地を所有したい農家が多いが、国は農地の賃貸を進めており、十勝地方における農地集約の足かせとなっている。十勝地方に合った制度も必要ではないか。

札幌市(平成27年7月19日開催)

出席大臣等
山谷国家公安委員会委員長

実施府省庁 警察庁
開催日時 平成27年7月19日(日)16:15~17:15
開催場所 北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)
(北海道札幌市)
テーマ 地域ぐるみの交通安全対策を一層盛り上げるためには
参加者数 10名
プログラム ・山谷国家公安委員会委員長挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 警察庁ホームページ
開催の様子(動画)

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 地区開発で交通量が増加し、交通事故の危険性が増した町内会からの相談で、自転車教室を平成19年から始めた。指導員も、ただ「これやっちゃだめだよ」ではなく、笑いを入れたり、少し考えさせるなど、安全意識を少しでも持ってもらえるよう指導方法を先輩から後輩に順繰り伝達するなど工夫をこらして継続している。
  • 私たちは、クラブ選手やマスコットを積極的に色々な交通安全活動に参加させ、皆さんに交通安全への関心を持ってもらう活動を実施している。また、これら活動に参加することにより、選手自身やチームの子供たち自身の意識向上も見られた。
  • 高齢者の方が自動車に注意して、子供たちの手本になってもらえるようにという願いを込めてキャラクターを考案した。このキャラクター作成で自分自身、交通安全についての意識が変わった。キャラクターは子供にもお年寄りにも伝える事ができる。
  • 子供が小学校に入る頃、通学路は危険と感じ、自分自身何ができるかを考え、交通指導を始めたが、約60年近くになる。現場では、危険な子供にはその場で注意しながら、学校にも「何年生の子供が…」等と知らせて、交通事故の未然防止を図っている。
  • 自転車販売店として延べ約1,000人の方に自転車マナー等を案内してきた。シミュレーターを体験してもらうことにより、ほとんどの人が安全な行動ができていないという現実を知ってくれる。今後も一人でも多く体感いただけるよう取り組んでいく。
  • お酒を提供する企業であるゆえに飲むなとは言いにくい。しかしお酒を提供する企業であるからこそ飲酒運転防止を言っていかなければならない。ユーモアを交えた暖簾での啓発など色々な形で飲酒運転防止を訴えているが、「駄目なものは駄目」と言う世論の形成が非常に大切で、それが自分たち一般市民にできる事なのかなと考える。
  • 一人暮らしや町内会活動等に入っていない方が事故に遭うこともあるので、そういった方々に反射材を貼ってもらうような活動が一番効果的と思っている。抽選による商品券の贈呈等工夫している。また、ボランティア活動への各種支援もお願いしたい。
  • 老人クラブに「交通安全部会」を作り「支え合い、一人の心みんなの力」をスローガンに活動している。その活動でシミュレーションを体験してもらうと「大丈夫だよ」などと言っていた方が「えー、自分の体力はこんなに落ちたのか」と脱帽していた。こういう事に気が付いてくれたり、考えてくださったりする。
  • 交通安全アドバイザーになり、事故が起こった時の伝え方について、より意識するようになった。他人事でなく自分の事として考えてもらえるような、何か意識が変わるような、伝え方はないかを考えながら、報道していこうと思う。
  • 高齢者宅を訪問指導していて思う事は、個々の事情に応じた指導がきめ細かくできる事で、常日頃から高齢者のことをよく把握している民生委員と警察とが共通認識を持って指導することは大変効果的と考える。今後も事例をPRし、広めていきたい。

旭川市(平成26年8月6日開催)

出席大臣等
武田防衛副大臣

実施府省庁 防衛省
開催日時 平成26年8月6日(水)13:30~15:00
開催場所 フィール旭川
(北海道旭川市)
テーマ 北海道の「守り」をどうするか?
~北の鎮めと南への備え~
参加者数 14名
プログラム ・武田防衛副大臣からの挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 防衛省ホームページ

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 旭川市には駐屯地があり、災害時等においては心強い存在、地域における安全・安心のためには欠かせない存在であると考えている。何か起こったときにお互いがいい関係でいられるよう、これからもお願いしたい。
  • 小規模な災害において即活動できるのは、地元で重機を動かしている建設業界の方々だと思う。旭川の建設業界と自衛隊が一緒に訓練をする仕組みがあればいいと思う。
  • 自衛隊の防災に関する知見を地域に落とすような、そんな機会があればいいと思う。
  • 3.11の大震災の際、派遣された自衛官の家族に対し、部隊から報告会、説明会が開かれ、残された家族のサポート、ケアを実施していた。子供たちは話を聞き、お父さんの力強さを感じたと思う。違う一面で3.11を影から支えている家族がいるということが素晴らしいと思った。
  • 集団的自衛権の行使について、何がどう変わるのかを、もっと国民に教えていただきたい。
  • もっと市民との意見交換の場を設け、情報を発信し、共有して欲しい。

平取町(平成26年7月19日開催)

出席大臣等
田村厚生労働大臣

実施府省庁 厚生労働省
開催日時 平成26年7月19日(土)14:00~15:20
開催場所 びらとり温泉 ゆから 研修室
(北海道沙流郡平取町字二風谷92番地6)
テーマ 実践型地域雇用創造事業について
参加者数 13名
プログラム ・田村厚生労働大臣挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 厚生労働省ホームページ

車座ふるさとトークでの主なご意見

【事業参加求職者(就業、創業された方々)】
  • セミナーに参加したことにより、お客さんの視点に立った商品開発を意識するようになった。
【事業参加事業主】
  • 平取町で創業する若者を増やしていくには、支援策を多様化する必要がある。
  • 好事例を他の地域に広げていくような取組を推進して欲しい。
  • この取組を継続できるように、事業の実施期間を延長して欲しい。
【事業運営者】
  • 当初の目標より就職・創業された方が多いのはうれしい。
  • 商品開発や観光地開発にあたっては、利用者の生の声を聞いたり、町内の多くの方々の協力を得ながら、試行錯誤を繰り返して形にしていった。
  • 今後も町民と行政が一丸となり、平取町の地域資源や文化を生かして、まちづくりを進めていきたい。

沼田町(平成26年4月20日開催)

出席大臣等
谷垣法務大臣

実施府省庁 法務省
開催日時 平成26年4月20日(日)13:40~15:10
開催場所 生涯学習総合センター「ゆめっくる」
(北海道雨竜郡沼田町)
テーマ 立ち直りを支える地域のチカラ~農業を通じた社会復帰支援~
参加者数 13名
プログラム ・谷垣法務大臣挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 法務省ホームページ

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 少年たちの学習支援をしている。少年たちは意欲的に取り組んでおり、BBS会員から教員になった者が、こういう少年がいるということやその立ち直りを支援した経験が自らの見識を深めることができたと言っていた。このほか、カラオケ、ボウリング、卓球などを通じて、健全な余暇の過ごし方を教えている。
  • センター開所に当たって、町はもめた。更生保護や少年院のことも分からなかったし、なぜ私たちの町でという感じだった。しかし、このことが、町民が地域の中で立ち直りを支える更生保護という取組に真剣に向き合う契機となった。今では町民の全てがセンターの取組を知っている。少年たちを特別視せず、普通に接することの大切さを理解している。このセンターの開所を通じて、住民のステージが上がったように感じる。日本の中に、地域を挙げて少年たちの立ち直りを支えている町があること、そして、こういう取組が成し得ることを多くの方に知ってほしいと思う。
  • 少年たちの社会参加を手伝っている。いろいろな社会参加の場を提供し、少年たちに合うものを見つけられるようにしたい。
  • 少年たちの母親代わりとして、手料理を振る舞ったり、食事会を催している。最初はどうしたらいいのか緊張したが、いかに家庭的な雰囲気を作るか考えている。家庭の常識を教えてあげたい。
  • 何か一つでもいい。心に残る思い出を作ってほしいと思って活動している。日常生活について教えてあげたい。
  • 沼田センターに入所している間は衣食住が保証されている。少年たちが立ち止まってこれまでの人生を考えるのにはいい時間だと思う。農業体験はそういう意味でも有効だと感じている。

白老町(平成25年9月11日開催)

出席大臣等
菅内閣官房長官、木村内閣総理大臣補佐官

実施府省庁 内閣官房
開催日時 平成25年9月11日(水) 12:30~13:10
開催場所 アイヌ民族博物館 ポロチセ内
(北海道白老町)
テーマ アイヌ文化の伝承と振興について
参加者数 7名
プログラム ・菅内閣官房長官挨拶
(司会進行:木村内閣総理大臣補佐官)
・参加者との意見交換
リンク先 内閣官房

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • オリンピックは民族の祭典とも言われている。2020年にはアイヌの若い世代が発表できる場、情報発信の場を作ってほしいと思っている。
  • アイヌ文化を通して自然との関わりを子供たちに伝えることができる。教育の場でアイヌ文化を活用していけるとよい。
  • 文化への理解は、アイヌに対する見方を変え、アイヌ自身も誇りを感じることができる。
  • 小さい頃から各地でアイヌ文化を教える場があると、自然とアイヌ文化に馴染んでいける。
  • 所得の低さ、差別や偏見により担い手が育たない。
  • アイヌ文化を学んだ後、伝承、指導で生計を立てていけるよう、文化全体の底上げ、各地への広がりが必要。
  • 象徴空間における人材育成、普及啓発、雇用の形成に期待している。自然素材の確保も課題だと思っている。
  • 平取でのアイヌ工芸品の伝産品指定など、白老地域以外でも各地でアイヌ文化振興の特色ある取組を行っており、目を向けていただきたい。象徴空間を中心として各地の文化のネットワークづくりにも期待している。

札幌市(平成25年6月29日開催)

出席大臣等
稲田クールジャパン戦略担当大臣

実施府省庁 内閣官房
開催日時 平成25年6月29日(土)10:30~11:40
開催場所 ユビキタス協創広場U-cala
(北海道札幌市中央区)
テーマ コンテンツでグローバルに大きく稼ぐには~札幌コンテンツ特区への期待~
参加者数 11名
プログラム ・稲田クールジャパン戦略担当大臣挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 内閣府ホームページ

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • アジアへの産品の販売の際には、映像コンテンツを活用。ただし、販売に当たっては、現地目線で組み立てる必要があり、また、長期間、徹底して行う必要がある。
  • (札幌)市役所では、撮影しやすい状況をつくるため、市所管施設等をロケ撮影に広く開放した。国の所管施設等にもロケ撮影をしやすくしてもらうよう話をしに行くので、海外に発信するのに国からも協力してほしい。
  • クールジャパンの発信についても意見集約の場は東京の人が中心で、地方の意見を吸い上げられないのではないか。クールジャパン推進機構などにおいても、地方に特化した、または地方向けの視点の予算配分ができればありがたい。
  • 観光番組を再編集して販売、世界で人気。北海道には、数千本のライブラリーがあり、販売価格を抑えてでも、観光や商品のPRにこうした映像を活用して行きたい。
  • 札幌のコンテンツの特徴は、著作権を緩やかにしてシェアされた「初音ミク」のように、みんなで一緒にシェアすることを基本とする点。北海道特有のコンテンツ、雪、おいしい水、食事などを融合して広めて行きたい。
  • 中国映画「狙った恋の落とし方」の影響で中国観光客が増え、お迎えする側の意識も変わった。映画は波及する人数の影響力が大きいほか、海外との相互理解促進の効果があると分かった。
  • 日本人にとって良いものを売るだけでなく、現地ニーズを綿密に調査して、現地の顧客にとって魅力的なものを売り込むべき。その際の資金供給が重要で、民間がリスクを負いきれないものについて、政府の支援をお願いしたい。
このウィンドウを閉じる