車座ふるさとトーク in 長崎

実施報告掲載

五島市(平成30年10月13日開催)

出席大臣等
城内環境副大臣

実施府省庁 環境省
開催日時 平成30年10月13日(土)10:00~11:45
開催場所 五島市福江総合福祉保健センター
(長崎県五島市)
テーマ 再生可能エネルギーによる島づくり
参加者数 14名
プログラム ・城内環境副大臣挨拶
・参加者による自己紹介
・環境省による取組説明
・参加者との意見交換
リンク先 開催の様子(動画)その1
開催の様子(動画)その2
開催の様子(動画)その3

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 環境がよくなっても、雇用がなくなって人がいなくなるようではよくない。脱炭素・再エネという新しい産業が生まれれば新しい技術・雇用が生まれるので、従来の石油関連事業者も着地できるよう再エネの事業を進めている。
  • 強大化する自然災害から人々を守るには、インフラ設備の再構築では間に合わなくなってきている。洋上風力など新しい産業を押し進め、地球温暖化防止という根本的な解決に向かうことが重要。
  • 配送車のアイドリングストップや空調利用の見直しを通じてCOOL CHOICEを推進している。温暖化対策はまず自分ができることから取り組むことが重要であるし、子どもたちへの環境教育も有効。
  • 猛暑で牛が熱中症になり死亡する例が相次ぎ、自費で牛舎内にミスト機を導入した。熱中症を防ぐ機器の導入に対する補助金を要望したい。
  • 持続可能な農業経営をするためにも、営農型の太陽光発電を利用し、五島の新しいモデルケースにしてみては。
  • 五島は海外から来る漂着ゴミが多い。自分たちが気をつければいいだけではないので対応が難しいが、例えばシーグラスを使ったアクセサリーづくりなど、ゴミというマイナスのものをプラスに変えることで、自然と意識が高まると考える。
  • 山肌を切り開いて太陽光発電を設置する事例があり、逆に自然破壊につながるのではと感じる。新しい技術により、五島の自然をあまり変えずに再生可能エネルギーを使うことができたらいい。
  • 島外から観光客を呼び込むためのコンテンツとして、浮体式洋上風力などの施設を見学できるツアーや、エコツーリズムとしてビーチクリーン活動を取り入れるなど、お互いがwin-winになる企画を検討している。
  • 電気自動車はガソリンを使わないし、排ガスもない車なので、走行距離が多い人ほど使ってほしい。また移動電源としても使えるので、災害時に電気の配達も期待できる。
  • 洋上風力発電は、漁業者の理解・同意が得られないと進めない。洋上風力発電設備は海面下の支柱がいい魚礁になるので、新たに設置する9機についても工夫していただき、発電事業者と漁業者でwin-winの関係を築きたい。

佐々町(平成26年3月9日開催)

出席大臣等
赤石厚生労働大臣政務官

実施府省庁 厚生労働省
開催日時 平成26年3月9日(日)13:00~14:20
開催場所 佐々町総合福祉センター
(長崎県佐々町)
テーマ 地域包括ケアシステム構築に向けた取組について
参加者数 12名
プログラム ・赤石厚生労働大臣政務官挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 厚生労働省ホームページ

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 地域によってはバス路線が廃止になって買い物に困っている家庭が多い。全国的にそういう状況はあると思うので、国の方で応援ができるのであれば是非お願いしたい。
  • 行政は首長や議員だけに任せておけばいいものではなく、住民一人一人が積極的に役割を担っていく必要がある。「自治」についてもっと広く語り合うべき。
  • ケアプランを作る時に介護保険のことだけを考えていては高齢者の自立にはつながらない。地域とのつながりを断ち切らないよう、利用者の地域での活動に関する情報をケアマネジャーと事業所が共有しながら、サービスの調整を図っている。
  • 介護サービスは特定の生活課題の解決だけを目的とするのではなく、利用者が自分らしく生きていくのにどう関わっていくべきかという視点を大事にしている。介護保険だけでまかなえない支援が必要な場合はできる限りそれに応えていきたい。
  • 外に出て人と会話することが大事なので、他人に迷惑をかけるからと心配する家族もいるが、できるだけ高齢者が外に出られるようにするべき。
  • 何か起きた時に役場や地域包括支援センターに相談しやすく、ささいなことでもすぐ対応してもらえることが佐々町の連携がうまくいっている要因。大きな自治体ではこうはいかないかもしれないが、この点が一番良いところ。
  • 行政、ボランティア、住民同士など地域の様々な関係の中で、それぞれが役割を持ち必要とされることで人は幸せを感じる。制度がない前提でお互いに顔を見合い、声に耳を傾ければ、そこから新しい発想やアイデアが生まれる。

対馬市(平成25年8月28日開催)

出席大臣等
石原環境大臣

実施府省庁 環境省
開催日時 平成25年8月28日(水)11:30~12:40
開催場所 対馬市教育委員会上県地区公民館
(長崎県対馬市)
テーマ ツシマヤマネコが暮らす対馬の自然と地域づくり
参加者数 15名
プログラム ・石原環境大臣挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 環境省ホームページ

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 対馬の森は貴重な生態系を育んでおり、次世代に引き継ぐため、環境に配慮した生活を頑張らなければならない。
  • シカ、イノシシの食害対策に一層取り組んでほしい。
  • ツシマヤマネコの保全活動、対馬の生物多様性を担う人材が不足しており、更なる人員支援をお願いしたい。
  • ツシマヤマネコ米を作っているが、減農薬の米を育てるのは、本当に大変。是非環境省の皆さんも買ってほしい。
  • 環境省のツシマヤマネコ野生順化関連施設で一般の方がツシマヤマネコを見られるようにしてほしい。
  • 日本在来馬の対州馬を文化財、生物多様性の面から見ても絶やすこと無く、守り続けなければならず、支援をお願いしたい。

五島市(平成25年3月16日開催)

出席大臣等
下村文部科学大臣

実施府省庁 文部科学省
開催日時 平成25年3月16日(土)10:30~12:00
開催場所 長崎県立五島高等学校
(長崎県五島市)
テーマ いじめ・体罰
参加者数 19名
プログラム ・下村文部科学大臣の挨拶
・参加者の自己紹介・問題意識の提言
・参加者との意見交換
リンク先 文部科学省ホームページ

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • いじめへの対応は、早期発見・早期解決が重要である。
  • 学校や教育委員会だけで対処できない場合、第三者委員会のような組織も必要ではないか。
  • 教師やスクールカウンセラーが子どもと向き合う時間を確保して欲しい。
  • 児童虐待と同様に、いじめも連鎖する。親が差別をすれば、影響を受けた子どもが「いじめ」をする場合もある。親教育や家庭支援もしっかりして欲しい。
  • 体罰が社会問題化している今が、部活動指導から体罰をなくす絶好の機会である。体罰のない指導のあり方を周知して欲しい。
このウィンドウを閉じる