車座ふるさとトーク in 沖縄

実施報告掲載

糸満市(平成29年12月16日開催)

出席大臣等
礒崎農林水産副大臣、宮腰内閣総理大臣補佐官

実施府省庁 農林水産省
開催日時 平成29年12月16日(土)13:00~14:30
開催場所 糸満工業団地会館
(沖縄県糸満市)
テーマ 地域の連携を通じた食育の推進
参加者数 10名
プログラム ・礒崎農林水産副大臣挨拶
・宮腰内閣総理大臣補佐官挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 農林水産省ホームページ
開催の様子(動画)

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 厚生労働省と農林水産省が作成した「食事バランスガイド」を参考に作成した、自分が勤める保育園オリジナルの「えいようのとびばこ」を使って食育を実施。
  • 幼稚園児や小学生向けの「早寝・早起き・朝ごはん」の劇を製作し、劇を通した食育活動を実施。
  • 毎月19日に食育イベントを開催し、島野菜中心の試食会等を実施。また、出前授業や収穫体験等も実施。
  • 大人の「食」への意識が低い。大人の意識を変えるのは困難なため、幼児のうちから意識付けすることが大切。
  • 小さい頃からの教育が大事。家庭環境が食育に大きく影響すると感じている。
  • 食育の重要性を理解する人はいるが、実践に結びつけることが課題。
  • 食に対する意識が低い家庭への食育をどうするかが課題。
  • 包丁を使い慣れていない親も多い。こうした家庭では、総菜を使う割合が高くなり、食費の関係でジャンクフード等栄養が足りない食事が増える。こういった「食」に関する悪循環を絶つため、親に対する調理教室の実施が必要。
  • 子供への食育は、料理を食べるだけでなく、体に良い物を選択し、調理できるように教える必要があると認識。
  • 企業の「健康経営」に向け、今の働き盛り世代の食育をどうするかが課題だと考えている。土日の開催では、本当に「食」に関心のある方しか集まらないため、平日に企業で食育についての時間を取れるようにしたい。
  • 料理は本来、家庭で親が子供に手伝いをさせながら覚えさせるもの。
  • 食育への意識が薄い親にも観てもらうために、子供のお遊戯会の出し物として食育劇を行ってはどうか。
  • 子供が食育について理解しても、実際にご飯を作るのは、お父さんやお母さんや周りの大人たちなので、いつかはそこまで浸透させていきたい。
  • 栄養教諭を導入していない学校が多い。栄養教諭を増やして、学校での食育を進め、その子供たちが大人になったときに長寿県となるようにしたい。
  • 関係者で協議体を作り、一体となった取組が進められれば、沖縄県の食育が充実すると思う。
  • 食育推進に向けた取組の方法は違えど、皆同じ課題のもと同じ目的を持って活動している。これらの取組をつなぐことで大きな取組になる。
  • 市町村の食育推進計画作成のいかんは、自治体のトップの意識の問題だと思う。

 

宮古島市(平成28年11月19日開催)

出席大臣等
大野国土交通大臣政務官

実施府省庁 国土交通省
開催日時 平成28年11月19日(土)16:00-17:30
開催場所 平良港ターミナルビル
(沖縄県宮古島市)
テーマ クルーズ船の受入れによる地方創生
参加者数 10名
プログラム ・大野国土交通大臣政務官挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 国土交通省ホームページ

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 地元住民の中には外国人観光客に戸惑っている人もいるが、興味を持ち交流したいと考えている人もいる。
  • 高校生等の若者が乗客やクルーと交流する場があったらよい。また、クルーズ船の受入れに関わる地域の方同士が意見交換できる場もあったらよいと思う。
  • クルーズ船の受入れに関して、ハード・ソフト両面の課題があるので、宮古島クルーズ客船誘致連絡協議会の場で、関係者間で横の連携ができればと思う。
  • 外国人観光客のマナーを注意したいが言葉が通じないのでできない、という声がある。また、トイレの使い方の違いに起因する問題も発生している。
  • 外国人観光客のマナーの問題については、地元の人が道のゴミ掃除をしたり、公園のトイレをきれいに使ったりすることで、外国人観光客もそれに倣ってくれるのではないかと思う。
  • クルーズ旅客向けの物品販売はまだお土産程度であり、今後、地元の特産品を積極的に販売していく必要がある。
  • クルーズ旅客が利用するレストランでは、メニューの多言語化に取り組んでいる。一方で、悪天候等で寄港の最終決定が直前になると、急きょ仕入れや仕込みをしないといけないため、負担となっている。
  • タクシーは慢性的に不足しており、特に若い乗務員が足りていない。地元のイベントとクルーズ船寄港が重なると、市民の日常の交通手段としてのタクシーが確保できない状況も生じる。クルーズ観光と本土からの観光が重なるとバスも足りず、二次交通のやりくりは今後の検討課題である。
  • 観光客がSNSなどを利用し情報を発信してくれるので、市内のWi-Fi環境など、情報インフラを整えていく必要がある。
  • 今後、地域の情報発信に当たって、中国人や台湾人などの外国人観光客の趣味嗜好を反映させる必要がある。

那覇市(平成26年8月29日開催)

出席大臣等
後藤田内閣府副大臣

実施府省庁 内閣府
開催日時 平成26年8月29日(金)14:00~16:00
開催場所 若狭公民館
(沖縄県那覇市)
テーマ 沖縄の子どもの家庭環境・教育環境について
参加者数 16名
プログラム ・後藤田内閣府副大臣からの説明
・参加者との質疑応答
リンク先 内閣府ホームページ

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 沖縄は、出生率が全国一で将来の人材の宝庫となり得る可能性がある一方、他府県より県民所得が低い、ひとり親家庭が多い、待機児童が多いなど、子どもを巡る環境に多くの課題を抱えている。
  • 幼稚園、保育園に非正規職員が多い。正規職員の増を。
  • 小中学校で少人数学級の実現を。
  • 子ども会の予算がない。児童館、青年団等子どもたちの居場所を作ってあげることが大事。
  • 貧困世帯の子どもは、親に遠慮して進学を諦めたり、将来の展望を描けずに学習意欲を失ってしまうことが多い。
  • 親子間の貧困の連鎖を断ち切ることが必要。
  • 自治体によっては独自の教育特別税を設け、児童自立支援教諭を置いたり無料塾を作ったところもある。沖縄も、ホテル1泊100円課税して教育に使えばいい。
  • 沖縄では、夜更かしをして街を出歩いたり、親と居酒屋で遅くまで過ごす子どももいるので、そのような生活習慣を改善するよう、地域で活動を行っている。
  • 過保護・甘やかしが子どもをだめにする。いろんな子どもやいろんな家庭があるので、要は、子どもたちに独学ができるようにスイッチを入れてやればいい。
このウィンドウを閉じる